建設キャリアアップ:土工職人/登録基幹技能者【鳶土工】・建設マスターになるには?多能工の意味を解説

この記事では、建設キャリアアップシステムにおける土工職人として作業に従事するための能力評価基準をそれぞれのレベルに必要な基準を解説していきます。

と、自身のキャリア形成で将来的に「大きな仕事に就きたい」「今の仕事環境では不安だ」などと考えている方もいるのではないかと思います。

そこで、今回は土工職人としてキャリアアップするのに欠かせない「建設キャリアアップシステム」における土工職人の能力評価基準をそれぞれのレベルに合わせて解説していきたいと思います。

 
千尋さん保険屋
土工さん?
 
ネコマル
土工は建設業では多能工です

建設キャリアアップシステムとは、インターネットサイトとICカードを利用して現場入場時にICカードを端末にチェックさせ、建設業で従事する労働者の入場管理からその方の資格情報や従事者記録を蓄積していき、その情報から、事業者の会社情報や社会保険の加入状況等を見える化していくシステムのことです。

現在、建設キャリアアップシステムは大手ゼネコンやサブコンでは導入が始まっており、今後民間のハウスメーカーでも導入が検討されています、

公共工事では既に必須になっており、今後この仕組みは全国に普及していく予定です。

このブログは他にもこのようなことがまとめてあります。合わせて気になる記事を確認してみてください。全体を確認するにはこちら

 建設キャリアアップシステム:土工職人/能力評価基準

建設キャリアアップシステム:鉄筋工能力評価基準

建設キャリアアップシステムの能力評価制度は、建設技能者のレベルを経験・知識・技能・マネジメント能力の評価に基づき、4段階のランクで評価されたものとなっています。

4段階のランクとは、初級技能者からベテラン技能者へとランク分けされており、そのランク分けされたカードが職人さんごとに与えられます。

各レベルの目安としては、

  • レベル1:ホワイトカードの初級技能者
  • レベル2:ブルーカードの中堅技能者
  • レベル3:シルバーカードの職長として現場に従事できる技能者
  • レベル4:ゴールドカードの高度なマネジメント能力を有する技能者(登録基幹技能者など)

各職種により、レベル1~4の取得に必要な条件が異なります。

土工職人とは

土工は、施工現場では土砂の運搬、土地の掘削などの土をいじる工事をメインとしていましたが、今はその仕事も多様化してきており

  • 掘削に伴い親杭横矢板の矢板入れ
  • 雨が降ったときの水替え作業
  • コンクリートの攪拌(混ぜる作業)・打設作業
  • 現場資材の運搬
  • 少しした足場の組み換え・鉄筋の組み立て
  • 鍛冶仕事での溶接やガス溶断など

その仕事は、単純作業と思われていた土木作業員より多岐にわたる仕事を行うので多能工と言ってもいいですね

昔の土工はラチェットと番線カッターが必須アイテムでした。

関連記事

この記事では、足場や鉄骨などの組立に必ず使用される「ラチェットレンチ」について解説していきたいと思います。また、人気のラチェットをいくつかピックアップして紹介していきたいと思います。普段から足場や鉄骨を組み立てる作業に関わ[…]

足場組立の鳶職人には必須「ラチェットレンチ」とは?その使用方法と人気商品に迫る!足場 ラチェットレンチ おすすめ

建設キャリアアップシステム:土工職人の能力評価基準/レベル4

 
千尋さん保険屋
へぇ 土工さんってそうなんですね
 
ネコマル
現場では昔は日雇いとかでしたから

就業日数

建設キャリアアップシステムでレベル4の職人になるには建設業での就業日数10年(2150日)職長として3年(645日)の経験を積んだベテラン職人になる必要があります。

必要資格

下記の資格が必要になります。

上記の1つの資格とレベル2、3の基準に示す保有資格が必要になります。

関連記事

この記事では、1級土木施工管理技士補・技士の勉強に役立つおすすめの試験対策を解説していきます。過去問題10年分の問題と解答最新の令和3年度土木施工管理技士試験の問題及び解答こちらの内容も合わせてダウンロードができるようにな[…]

登録鳶土工基幹技能者とは? 資格取得する方法

 
千尋さん保険屋
鳶土工?
 
ネコマル
鳶は土工の知識も必要

鳶土工基幹技能者は2日間の講習を受講し、講義終了後試験が実施され合格点は60点以上で、「登録鳶・土工基幹技能者講習修了証」が交付されます。

受講資格における就業年数は以下の通りです。

  • 10年以上の(鳶・土工の)実務経験を有する者8年以上の(鳶・土工の)職長経験のある者

安衛法第60条に基づき安衛則第40条第2項で定める職長教育を受講し、修了後5年以上経過している人が条件となります。

また、次の資格のいずれか1つ以上を有するものが受講要件クリアになります。

  • とび一級技能士
  • 1級または2級建築施工管理技士
  • 1級または2級土木施工管理技士

講習修了証の有効期間は5年間です。5年毎に更新講習を受講が必要になります。

実施団体はこちらのサイトになるので、ぜひチェックしてみてください。

日本建設躯体工事業団体連合会

登録鳶・土工基幹技能者講習会とは(国土交通大臣登録 第16号) 建設業法施行規則の改正により基幹技能者制度は、平成20年…

建設マスター:土工職人で表彰されるには?

建設マスターになるには、建設産業において工事施工に従事されている個人で、現役として活躍している建設技能者のうち、次の基準を全て満たしている方です。

  • 技術·技能が優秀であること
  • 工事施工の合理化等に貢献していること
  • 後進の指導育成に努めていること
  • 安全·衛生の向上に貢献していること
  • 他の建設現場従業者の模範となっていること

建設業者団体、都道府県、国土交通省地方整備局・北海道開発局から推薦を受けた方について、優秀施工者国土交通大臣顕彰審査委員会において審査・選考しています。

原則年齢40歳以上60歳以下の者 ・現場業務の従事期間が20年以上の者 ・無事故期間が3年以上である者 など

建設キャリアアップシステム:土工職人の能力評価基準 レベル3

CCUS土工職人の技能者判定レベル3
 
千尋さん保険屋
土工さんって穴掘るだけじゃいんだ
 
ネコマル
そうです。難しい仕事です

建設キャリアアップシステムでレベル3になるにはハードルは高いです。

就業日数

就業日数7年(1505日)の経験と、職長又は班長として 1年(215日)以上の経験が必要です。

必要資格

下記資格のうち1つ以上 必ず取得していないとならないです。

さらに、下記資格のうち2つ以上 を保有が条件になります。

あとは、土工のレベル2の基準に示す保有資格を保有していることです。

次は建設キャリアアップシステムレベル2.1に関してまとめていきたいと思います。

合わせて申し込み先なども記載しておきますので是非チェックしてみて下さい。