1級土木施工管理技士補・技師のおすすめ試験対策

2021年7月4日土木施工管理,資格講習土木施工管理,施工管理技士,資格講習

この記事では、1級土木施工管理技士補・技士の勉強に役立つおすすめの試験対策を解説していきます。

  • 過去問題10年分の問題と解答
  • 最新の令和3年度土木施工管理技士試験の問題及び解答
  • 令和3年の合格発表は8月19日になります。

こちらの内容も合わせてダウンロードができるようになっているので勉強に役立ててください。

1級土木施工管理技士試験に合格するための勉強方法について、

  • 「過去問題をやっていれば合格できるのかな?」
  • 「試験内容が変更されているけど、試験対策するにはどうしたらいいのだろう?」

などと、疑問に思ったのではないでしょうか?

そこで、今回は勉強に役立つおすすめの試験対策やテキスト・参考書などを紹介しながら解説していきます。

この記事のもくじ

1級土木施工管理技士補・技士とは?

1級土木施工管理技士とは、大規模な土木工事を行う現場では監理技術者を配置しなければならず、逆に小規模の土木現場では主任技術者を配置しなければなりません。

こうした監理技術者や主任技術士やになるためには「土木施工管理技士」の資格を取得する必要があります。

1級土木施工管理技士は監理技術者2級土木施工管理技士は主任技術者になることができます。

ただ、実務経験が必要な国家資格なので誰でも取得できる資格ではありません。

また、近年の人手不足で土木施工管理技士の資格を持つ人が減少しています。

しかし、土木現場だけでなく、災害現場や海外の工事現場でも土木施工管理技士の配置が求められるので、とても需要にある資格だといえます。

施工管理技士過去問題令和3年度問題試験対策
1級土木施工管理過去問題10年分ダウンロード令和3年度解答速報おすすめ試験対策
2級土木施工管理過去問題10年分ダウンロード令和3年度解答速報おすすめ試験対策
1級建築施工管理過去問題10年分ダウンロード令和3年度解答速報おすすめ試験対策
2級建築施工管理過去問題10年分ダウンロード令和3年度解答速報おすすめ試験対策
1級電気工事施工管理過去問題10年分ダウンロード令和3年度解答速報おすすめ試験対策
2級電気工事施工管理過去問題10年分ダウンロード令和3年度解答速報おすすめ試験対策
1級造園施工管理過去問題10年分ダウンロード令和3年度解答速報おすすめ試験対策
2級造園施工管理過去問題10年分ダウンロード令和3年度解答速報おすすめ試験対策
1級管工事施工管理過去問題10年分ダウンロード令和3年度解答速報おすすめ試験対策
2級管工事施工管理過去問題10年分ダウンロード令和3年度解答速報おすすめ試験対策

1級土木施工管理技士試験に合格するには?

受験資格

受験資格は年度ごとに変更される場合があるので、必ず試験を受ける際は試験概要をしっかり読みましょう。

今回は令和3年度の試験内容に基づいて解説していきます。

第一次試験(合格で施工管理技士補)

  • 学歴や資格によって違うが、実務経験年数3年~15年以上従事しているか
  • 主任技術者としての実務経験があるか
  • 2級土木施工管理技士に合格しているか(実務経験なし)

などのいずれかの基準を満たしている方が受験することができます。詳細はこちらから

第2次試験(合格で施工管理技士)

第1試験を合格して、運悪く第2次試験で落ちても今年からは、一次試験を合格してるので技士補として名乗れます。

更に、翌年等に万が一受験出来ない場合、いつでも第2次試験から受験できます。

  • 前年度の学科試験に合格しているか
  • 第1次試験に合格しているか
  • 技術士法による指定された分野で合格し、第1次試験の受験資格を満たしているか

のいずれかの基準を満たしている方が受験することができます。

土木施工管理技士の試験内容

試験内容は年度ごとに変更される場合があるので、必ず試験を受ける際は試験概要をしっかり読みましょう。

今回は令和3年度の試験内容に基づいて解説していきます。

第1次試験

  • 土木工学等
  • 施工管理法
  • 法規

と、土木工事に必要な知識をまんべんなく問われます。

過去問題から出題される問題であったり、一般的知識を問われるので対策して勉強をすれば突破できるのではないかと思います。

合格判定は、学科試験正解率が60%以上かつ施工管理法についての科目で得点が60%以上となります。

これは、私が受けたときと同じですが、今年からは施工管理法(応用能力)の部分は必ず60%以上ないと不合格なります。

第2次試験

施工管理法

について問われます。

但し、応用力を試される問題が多く、特に

1.監理技術者として、土木一式工事の施工の管理を適確に行うために必要な知識を有すること。
2.監理技術者として、土質試験及び土木材料の強度等の試験を正確に行うことができ、かつ、その試験の結果に基づいて工事の目的物に所要の強度を得る等のために必要な措置を行うことができる応用能力を有すること。
3.監理技術者として、設計図書に基づいて工事現場における施工計画を適切に作成すること、又は施工計画を実施することができる応用能力を有すること。

一級土木施工管理検定技術検定:一般財団法人全国建築研修センター

が求められるので、監理技術者としての知識は把握しておいた方が良いでしょう。

合格判定2次試験問題正答率が60%以上で合格となります。

2次試験まで終えると個人評定でABC判定がつきます。

この判定でAがつくと合格となり、合格証が交付されます。

合格証交付について

1 級土木施工管理技術検定第 2 次検定の合格者は、国土交通省各地方整備局長・北海道開発局長・内閣府
沖縄総合事務局長に対し第 2 次検定合格証明書の交付申請手続を行うことにより、 1 級土木施工管理技術検
定第 2 次検定合格証明書( 1 級土木施工管理技士)が交付されます。

一級土木施工管理検定技術検定:一般財団法人全国建築研修センター

これで1級土木施工管理技士としての資格が得られます。

ようやく合格証明書がもらえる…というところまで約1年かかるので、難関の国家資格といえるのもうなずけます。

私は、もう再度受けろと言われても頭に入らないです。自分でもよく受かったと思っています。

1級土木施工管理技士補、技士 最新の試験事情

先述したように、今年度から試験の内容で「監理技術者」としての知識を問われるようになっています。

そうした内容に関連して特に知っておきたいのが「建築業法」の中で主任技術者や監理技術者についてです。

「建築業法」については普段現場でも頻繁に口にもしないし、事務方に任せているとか施工体制台帳や再下請け通知もなんとく聞いたけど、現場では深く考える時間もない人もいるかも知れません。

勉強を始めてからあっ、これ聞いた!という方も多いと思うので、建築業法に関連した記事をまとめておきました。

また一級土木施工管理技士には必要な「躯体構築」についてもまとめていますので合わせて参考にしてみてください。

他にも、あまり関わりない方もいるかも知れませんが、鉄道近接工事や山岳工事なども、このブログでまとめています。 

私は都市土木の経験がどちらかといえば長いので参考にしてください。

地下鉄やトンネルの構築の方法と土木施工管理技士知りたい知識

建設業法と建設業許可2021年施工管理技士過去問題(想定問題)令和3年

監理技術者の配置と専任条件を施工管理技士補対策でまとめてみた。

1級土木施工管理技士試験に合格するためのおすすめ対策

まずは過去問を解く

まず、1級土木施工管理技士の勉強を始めるのであれば必ず過去問題は目を通しておくようにしましょう。

過去問題から自分の苦手分野を洗い出しておくことで今後勉強していくための対策にもなります。

過去問題を解くのであれば、こうしたテキストも利用することで対策をすることもできますし、

私も何回も過去問やりました。

冒頭で紹介した過去問題を集めた記事からもダウンロードすることができるので利用してみてください。

テキスト・参考書を利用する

過去問題を解いていくと、どうしても解説をみても分からない問題が出てくるかと思います。

分からないことを訊けるような環境であれば良いのですが、どうしても仕事と両立して勉強しているとなると一人で解決しなければなりません。

そこで、テキストや参考書を利用すれば、分からない部分を解決することができます。

是非、過去問題とセットで使ってみると効果的に理解が深まるのではないかなと思います。

テキストではなくこうしたセットになっているものもあります。

一級土木施工管理技士 試験学習セット 令和3年度試験対応版 (スタディトライ1年分付き) (サザンソフト)

パソコン用ソフトでなっているのでダウンロードして利用することができます。

過去11年分の問題と解答&解説が入っており、実地試験(2次試験)の解答試案まで入っているものになります。

完全独学で学ぶなら、是非利用したいものではないかと思います。

令和3年度 分野別 問題解説集 1級土木施工管理技術検定試験 第一次検定 (スーパーテキストシリーズ)

このテキストは問題集に動画解説が同封されているので、文字ばかりだと理解しづらいという方におすすめです。

最新の試験出題範囲である、施工管理法についてしっかり解説されているので一冊あれば試験対策を万全にできる一冊ではないかと思います。

通信講座を利用する

「独学ではなかなか進めることができない…」という方は、思い切って通信講座を利用してみるといいかと思います。

独学でテキストなどを利用して進めるよりかは、費用がかさんでしまいますが通信講座によっては学習スケージュールを管理してくれる講座もあるので自分の目的に合わせて利用してみてください。

技術系の通信講座・資格取得対策の通信講座なら職業訓練法人JTEX(ジェイテックス)

JTEXでは、講座を受講するとテキストをプレゼントされるのでテキストを買う手間が省けます。

また、習熟度に合わせてレポートを提出するようになっているので、自分がどこまで理解できたかを客観的に評価することができます。

レポートごとに合格点が書かれるのでまるで模擬試験を受けているように評価を受けられるのも良い点だといえます。

講座終了時で各レポートごとで合格点に達すると終了証が発行されるので、終了した達成感も得られるのでおすすめの講座です。



2次試験対策には施工管理技士受験対策シリーズ:独学サポート事務局

「マークシート方式だから一次試験は受かるけど二次試験はどうしても受からない…」というかたにおすすめです。

特に二次試験問題に力を入れている講座です。

記述式問題の添削をしてくれるので、何が間違っているのかアドバイスをもらえることができます。

また、本番さながらの模擬試験がコース内容に含まれているので自分の力量を図ることができるのもいい点ですね。

質問にも答えてくれるサービスもあるので、分からないこともしかり解決できます。



補足:土木施工管理技士になるなら知っておきたい便利アイテム

土木施工管理技士になるときは、どうしても実務経験を踏む必要があります。

また、普段からの現場でも効率よく作業をしたい方におすすめのアイテムを紹介していきます。

今、人気のコンベックスはこれ!

現場でおなじみのコンベックスについて紹介してみます。どんなものが人気があるのか雑学としてまとめてみます。

コンベックスを選ぶポイントとしては、

  • 使用する長さを決める
  • 用途に合わせて選ぶ
  • マグ爪の有無
  • ばねの強さ
  • 安全ロック付き

であることがポイントとなります。

中でも、今回おすすめするコンベックスは剛厚なのでテープの耐久性が高くビシッと長さを測ることができます。

また、マグ爪になっているのでテープを安定して使用することができるのも良い点ではないかと思います。

ただ現場によっては、マグ爪ありだと砂鉄などがある現場などでくっついたりするので難点に感じるかもしれません。

しかし、機能面はとても優れているので使い勝手も良く、耐久性も優れているので一点あってもよいのではないかと思います。

コンベックスだけでなく、合わせてこのような道具も現場監督になるなら持っておきたいアイテムではないかと思います。

まとめ

今回は、1級土木施工管理技士の試験対策について解説していきました。

1級土木施工管理技士になるには、難関の国家試験を突破しなければなれない資格です。

実務経験も積みながらの勉強になるので、1級土木施工管理技士になることは大変な道のりかと思います。

ですが、傾向と対策をしっかりしておけば、必ず突破できる試験なので諦めずに頑張っていきましょう!