建設キャリアアップシステム:冷凍空調工事/登録基幹技能者と第一種冷媒フロン類取扱技術者の資格とは?

この記事では、建設キャリアアップシステムにおける冷凍空調職人として作業に従事するための能力評価基準をそれぞれのレベルに必要な基準を解説していきます。

自身のキャリア形成で将来的に「大きな仕事に就きたい」「今の仕事環境では不安だ」などと考えている方もいるのではないかと思います。

そこで、今回は冷凍空調職人としてキャリアアップするのに欠かせない「建設キャリアアップシステム」における冷凍空調職人の能力評価基準をそれぞれのレベルに合わせて解説していきたいと思います。

このブログを見て連絡してきた、練馬の新人保険屋さんの千尋(ちひろ)さん。

建設業の実態教えて欲しいと言われてブログを一緒にやることになりました

 
千尋さん保険屋
冷凍・空調?
 
ネコマル
そうなりますね。まずキャリアアップから

建設キャリアアップシステムとは、インターネットサイトとICカードを利用して現場入場時にICカードを端末にチェックさせ、建設業で従事する労働者の入場管理からその方の資格情報や従事者記録を蓄積していき、その情報から、事業者の会社情報や社会保険の加入状況等を見える化していくシステムのことです。

現在、建設キャリアアップシステムは大手ゼネコンやサブコンでは導入が始まっており、今後民間のハウスメーカーでも導入が検討されています、

公共工事では既に必須になっており、今後この仕組みは全国に普及していく予定です。

このブログは他にもこのようなことがまとめてあります。合わせて気になる記事を確認してみてください。全体を確認するにはこちら

 建設キャリアアップシステム:冷凍空調職人の能力評価基準

建設キャリアアップシステム:鉄筋工能力評価基準

建設キャリアアップシステムの能力評価制度は、建設技能者のレベルを験・知識・技能・マネジメント能力の評価に基づき、4段階のランクで評価されたものとなっています。

4段階のランクとは、初級技能者からベテラン技能者へとランク分けされており、そのランク分けされたカードが職人さんごとに与えられます。

各レベルの目安としては、

  • レベル1:ホワイトカードの初級技能者
  • レベル2:ブルーカードの中堅技能者
  • レベル3:シルバーカードの職長として現場に従事できる技能者
  • レベル4:ゴールドカードの高度なマネジメント能力を有する技能者(登録基幹技能者など)

各職種により、レベル1~4の取得に必要な条件が異なります。

冷凍空調職人とは?

冷凍空気とは、冷凍、冷却や空気調和(温度、湿度や清浄度等を調整すること)を行う機器を扱う職人さんになります。

冷媒配管は聞いたことがある人もいると思います。 大型の冷蔵庫・空調設備・冷暖房設備・製氷機などの据付け及び整備に必要な技能・知識を持っている職人さんになります

 建設キャリアアップシステム:冷凍空調工事職人/能力評価基準/レベル4

 
千尋さん保険屋
ほぇ・・変わった仕事
 
ネコマル
いろんな仕事があります

建設キャリアアップシステムでレベル4の最高峰のランクになるには経験と資格が必要になります。

就業日数

登録の要件の就業日数として10年(2150日)の経験と、職長として3年(645日)の経験が合わせて必要になります。

必要資格

下記のうちどちらかの資格を保有しておく必要があります。

  • 登録冷凍空調基幹技能者
  • 優秀施工者国土交通大臣顕彰(建設マスター)

またレベル2、3の基準に示す保有資格 を取得しておく必要があります。

登録冷凍空調基幹技能者とは? 取得方法は?

 
千尋さん保険屋
これが上位資格なりますか?
 
ネコマル
そうですね

「登録冷凍空調基幹技能者」とは、現場の状況に応じた施工方法等の提案を元請けに提案したり施工計画に参画し調整等の仕事や 現場の作業での技術者の適切な配置、作業方法、作業手順等を考えた中で施工に係る指示、指導の知識を持っているという、職長以上のスーパー職長になります。

そのほかにも、 他の職種との職長等との連絡調整等があります。

凍空調基幹技能者には、冷媒としてフロン等の危険な高圧ガスを取扱うため、関係法令や冷媒の漏えい対策等、高度 な技術と十分な知見を有する必要になります。

受講要件 受講要件は次の要件の全てを満たす者
  • 1級冷凍空気調和機器施工技能士(合格証書の写しが必要です)
  • 冷凍空調設備施工の実務経験が10年以上(技能士合格後という条件はありません)
  • 職長教育修了(労安法第60条に規定する教育を受けたことを証する書類の写しが必要です)
  • 職長としての経験が3年以上(職長教育修了後という条件はありません)

試験は2日間の講習で終了後にテストがあります。それに合格して初めて登録基幹技能者になれます。

実施団体は以下の通りです。

建設キャリアアップシステム:冷凍空調工事職人/能力評価基準レベル3

就業日数

就業日数としては7年(1505日)の経験と、職長として3年の経験が合わせて必要になります。

必要資格

下記のうち、すべての資格を保有している必要があります。

また、レベル2の基準に示す保有資格 も必須になります。

関連記事

この記事では、職長安全安全衛生責任者と職長の違いについて解説していきたいと思います。また、現場での統括安全の重要性なども合わせて解説していきたいと思います。と、実際どんな資格内容なのかよく分からないですよね。そこで[…]

職長・安全衛生管理責任者の資格の受講内容と取得するメリットやその重要性について解説

次に上位資格の第一種冷媒フロン類取扱技術者から建設キャリアアップシステムレベル2.1についてまとめていきたいと思います。

合わせて申し込み先なども記載しておきますのでチェックしてみて下さい。