マニアックな資格:高所作業車技能講習・特別教育取得乗るだけでも必要なのかを詳しく説明

この記事では、高所作業車技能講習で資格取得方法と様々な高所作業車について解説していきたいと思います。

また、5m以上未満で講習の内容がどのように変わるのか、また高所作業車の特徴やその用途なども合わせて解説していきたいと思います。

高所作業車は電柱の工事や高いところの電気工事業務等で見かけるけど、どんな資格がいるのかな?と、高所作業車を扱うにあたってどんな資格がいるのか、操縦するのと運転するのでは資格が違うのかなど明確にはよく分からないことが多いのではないでしょうか。

そこで、今回は高所作業車の資格取得の条件や種類などを解説していきたいと思います。

私も技能講習を受講しておりますので、よく高所作業は自分で運転していました。

このブログを見て連絡してきた、練馬の新人保険屋さんの千尋(ちひろ)さん。

建設業の実態教えて欲しいと言われてブログを一緒にやることになりました。

 
ネコマル
高所作業車はご存知?
 
千尋さん保険屋
電柱の電線工事で見かけますね

このブログは他にもこのようなことがまとめてあります。合わせて気になる記事を確認してみてください。全体を確認するにはこちら

高所作業車とは?

高所作業車の資格を取得するには?技能講習の内容について解説

高所作業車は消防や電気工事で見かけることがたくさんある、結構身近な乗り物です。

クレーンのような構造になっており、下で操縦する人がカゴを操作し、カゴに乗っている人が高いところで作業をします。

はしごを使っても届かないような高い場所などで活躍する乗り物です。

この高所作業車ですが、実は種類が沢山あります。

様々な種類の高所作業者については、後ほど解説していきます。

私も技能講習を取得して高いところから下を覗いて楽しい体験を何回かしました。

自衛隊でも活用されています人命救助にも使われており優れものです。

特に、トラック型の高所作業車は人気です。

操作は、運転する人が乗るバケット(箱)に操作レバーがありますが、高いところでもし、操作が出来なくなった場合にはトラックの後方部でも操作出来ます。

カゴに乗る人と 操縦する人は 資格が必要?

 
千尋さん保険屋
カゴに乗ってる人すべて資格必要?
 
ネコマル
カゴに乗るだけなら大丈夫

バケットに乗ってる人が無資格でも大丈夫ということです。 

下で操作する人が運転(技能講習か特別教育受講)して操作出来れば問題ないのです。

ただ、高所作業で目新しい重大事故はこちらですね。かなり危険な乗り物です

高圧線接触で2人死亡した横浜ゴルフ場事故の特高圧の怖さと危険性

高所作業車を一番長く伸ばすと何mになる?

高所作業車を一番長く伸ばすと何mになる?
 
千尋さん保険屋
一番長く伸びるのは何m?
 
ネコマル
その高さにビックリしますね

日本で現状一番高い高さまで伸ばして使える機械は「 ブロント スカイリフト S56XR(大型高所作業車54m)」になります。

通常は一般的なもので10mぐらいまで伸び縮みします。

高所作業車のバケット・チルト機能
レントホームページ引用

簡単な高所作業車の動きですが、当然上下伸び縮みしますが、バケットも左右に動きます。

伸びて高いところに近づいて更に寄せることができる仕組みです。

バケット内での操作方法

先述したように、下でもバケットやアームを伸ばす操作などができますが、バケット内でも操作することが可能です。

バケットの中の操作パネルはこのような配置になっています。

バケット内での操作方法・レバー

この黒い操作レバーで伸び縮みさせていきます。

また、何かあった場合の赤の緊急停止装置があります。押すと車のエンジンが止まります。

ただ、目標物に近づいてエンジン付けぱなしでは、エコじゃないので一時的にアイドリングストップさせる機能もあります。

慣れてくると、操作盤のレバーを両手で複合操作をすることができるようになります。

ただ、操作盤のレバーを急激に動かして、荷物を積んでる場合などカゴの重みがあるときなどは転倒してしまう危険性があります。

カゴの荷重と対象物との距離を考えながら慎重に操作をする技術も問われる乗り物です。

アウトリガーとは?高所作業車で一番重要なポイント?

 
千尋さん保険屋
アウトリガー?
 
ネコマル
アウトリガーは必ず設置

そうした転倒リスクを少しでも減らすべく活用するのが「アウトリガー」です。

高所作業車は高く上がれば上がるほど、車が転倒する可能性があるので、車からタイヤ以外に踏ん張るための足を出します。

この踏ん張るための足が「アウトリガー」です。

しかし、アウトリガーは左右に踏ん張る力がありますが、前後は踏ん張る力が弱く転倒しやすいというデメリットがあるのも事実です。

様々な高所作業車を紹介

次に、様々な高所作業車を紹介していきたいと思います。

一般的な高所作業車で、ポピュラーな型です。

使用頻度も大きく、バケットに1人ないし2名で乗るようになります。

様々な用途で使われており看板設置、電気通信工事、建築土木工事等用途は様々です。

スカイマスター12mクラス

スカイマスター12mクラス

大人数でトンネルの点検等ができる高所作業車です。

50キロの体重の方であれば20人乗ることができます。

実際は道具や交換する部材を乗せて、5人ほどの人数で作業を行ったり、足元が広くないと出来ない作業に使用します。

スカイデッキ(最大高さ19.5m)

スカイデッキ(最大高さ19.5m)

主に、高速道路の下を確認できるような高所作業車です。

足場を組まずに手軽に確認が出来る優れものです。

今はこちらが点検ではポピュラーで、夜間に高速道路で見かけることがあります。

橋梁点検作業車:ブリッジマスター

橋梁点検作業車:ブリッジマスター

こちらは鉄道の上の架線のチェックに使用する高所作業車です。

カゴが長く設計されているので、足場が組めない橋梁点検等の作業で活躍することができます。

レールの上を走れる高所作業車

レールの上を走れる高所作業車

特に、線路内に車を入れるのは、時間かかることが難点とされてきました。

しかし、この高所作業車は、電車と同じ車輪がついていて、レールの上を結構なスピードで走れます。

主に線路上で作業をする場合に使用される高所作業車です。

高所作業車無資格による労働災害事例

 
千尋さん保険屋
高所作業車に事故なんてあるんですか?
 
ネコマル
最近も事故ありましたよ

高所作業者無資格が引き起こした事故の事例については下記のとおりです。

奈良労働基準監督署は、切り落とした枝がこめかみに当たり労働者が死亡した労働災害で、㈱若林造園(奈良県生駒郡平群町)と同社の代表取締役を労働安全衛生法第61条(就業制限)違反の疑いで奈良地検に書類送検した。

同社は造園業を営んでいる。労働災害は平成31年2月16日に、奈良県生駒郡の道路上で起きた。同社の労働者が高所作業車を無資格で運転し、高所作業車の上で立木の伐採作業をしていたところ、切り落とした枝が地上で跳ね、

地上で枝を集める作業していた別の労働者のこめかみに当たった。労働者は意識を失い、救急搬送されたが、2月21日に死亡が確認された。死因は急性硬膜外血腫だった

 労働安全衛生法は、資格者以外が高所作業車の業務に就くことを禁止している。しかし、同社には資格を持っている労働者はいなかったという。

【令和元年6月10日送検】

労働災新聞社引用

高所作業車のカゴに乗るだけの人は無資格でも乗ることができますが、操縦する場合は資格を有する車両です。

そのため、当然無資格で操縦するのは法律違反にあたり、事業を停止されてしまう措置に繋がる恐れがあります。

なので、資格を有する人が操縦をし、周りの安全確認に努めながら作業をするように心がけましょう。

高圧線接触で2人死亡した横浜ゴルフ場事故

下の記事では、高所作業車での作業中に電車の高圧線に接触して感電死した事故について解説しています。

高所作業者やクレーンでの操作で電線などに接触してしまう事故は多々あります。

どうしてこのような接触事故が起きてしまうのか、安全管理はどのようにすればいいのか解説しているので合わせて読んでみてください。

では、そんな高所作業車の技能講習の受講方法などを次のページでまとめていきたいと思いますので取得するとどんなメリットがあるかも合わせて記載してますのでチェックしてみてください。