建設キャリアアップシステム:ダクト工事/登録基幹技能者・建築板金技能士1級・2級合格するメリットとは?

この記事では、建設キャリアアップシステムにおけるダクト工事職人として作業に従事するための能力評価基準をそれぞれのレベルに必要な基準を解説していきます。

自身のキャリア形成で将来的に「大きな仕事に就きたい」「今の仕事環境では不安だ」などと考えている方もいるのではないかと思います。

そこで、今回はダクト工事職人としてキャリアアップするのに欠かせない「建設キャリアアップシステム」におけるダクト工事職人の能力評価基準をそれぞれのレベルに合わせて解説していきたいと思います。

 
千尋さん保険屋
ダクトって店舗とかの空調とかで聞きますね
 
ネコマル
そうです。ご存じの通り

建設キャリアアップシステムとは、インターネットサイトとICカードを利用して現場入場時にICカードを端末にチェックさせ、建設業で従事する労働者の入場管理からその方の資格情報や従事者記録を蓄積していき、その情報から、事業者の会社情報や社会保険の加入状況等を見える化していくシステムのことです。

現在、建設キャリアアップシステムは大手ゼネコンやサブコンでは導入が始まっており、今後民間のハウスメーカーでも導入が検討されています、

公共工事では既に必須になっており、今後この仕組みは全国に普及していく予定です。

このブログは他にもこのようなことがまとめてあります。合わせて気になる記事を確認してみてください。全体を確認するにはこちら

 建設キャリアアップシステム:ダクト工事職人の能力評価基準

建設キャリアアップシステム:鉄筋工能力評価基準
 
ネコマル
ではダクト工事をまとめていきましょう
 
千尋さん保険屋
その前に建設キャリアアップを簡単に説明

建設キャリアアップシステムの能力評価制度は、建設技能者のレベルを経験・知識・技能・マネジメント能力の評価に基づき、4段階のランクで評価されたものとなっています。

4段階のランクとは、初級技能者からベテラン技能者へとランク分けされており、そのランク分けされたカードが職人さんごとに与えられます。

各レベルの目安としては、

  • レベル1:ホワイトカードの初級技能者
  • レベル2:ブルーカードの中堅技能者
  • レベル3:シルバーカードの職長として現場に従事できる技能者
  • レベル4:ゴールドカードの高度なマネジメント能力を有する技能者(登録基幹技能者など)

各職種により、レベル1~4の取得に必要な条件が異なります

建設キャリアアップシステム:ダクト工事職人/能力評価基準レベル4

 
千尋さん保険屋
ダクト工事でレベル4になるには?
 
ネコマル
こちらになりますね

就業日数

就業日数10年(2150日)の経験と、職長としての経験3年(645日)を必要とします。

必要資格

下記の資格から1つの資格を保有している必要があります。

  • 登録ダクト基幹技能者
  • 優秀施工者国土交通大臣顕彰(建設マスター)
  • 1級管工事施工管理技士

また、レベル2、3の基準に示す保有資格 も必ず取得しておかなければいけません。

登録ダクト基幹技能者とは?

ダクト工事は、空調、換気、排煙設備における各種ダクトの製作・取付をおこなったり、換気・排煙機器や装置の取り付けに伴う配管・断熱・塗装などの工事を行います。

ただ、職長は作業指示や作業の知識を部下に教えて安全品質の教育指導しながら工事を進めます。

更に高い知識を有し、現場調整が現場でもとめられます。そこで登録ダクト基幹技能者の立場があります。

ダクト基幹技能者は、ダクト工事においてこうした熟達した技能と作業管理能力を有し、責任施工を担えるスーパー職長として関係職種との調整や元請との施工計画の提案等など現場での活躍がさらに可能になる資格になります。

3日間の登録ダクト基幹技能者講習(国土交通大臣登録講習)を受講し、考査試験に合格した者に「登録ダクト基幹技能者講習修了証」が交付されます

受講資格は、下記に示す要件を全て満たしていることが必要です。
  (1)管工事におけるダクト施工の実務の経験が10年以上で、そのうち職長としての実務の経験が3年以上
  (2)1級建築板金技能士(ダクト板金作業)の資格又は級若しくは2級施工管理技士(管工事)の資格を保有

日本空調衛生工事業協会(日空衛)は、空調衛生工事を専門に施工する者の全国団体です。本会の目的に賛同し、空調衛生工事業を営…

関連記事

この記事では、2級管工事施工管理技士試験の過去問題10年分をまとめました。また、おすすめの試験対策をテキストと通信講座とともに紹介していきます。また昨年の令和4年の問題もアップしていますので活用してください。2級管工事施工[…]

2級管工事施工管理 過去問10年分

建設キャリアアップシステム:ダクト工事職人の能力評価基準/レベル3

 
千尋さん保険屋
レベル3になるのも経験と資格?
 
ネコマル
そうです。経験と資格です

就業日数

経験年数は7年(1505日)と、職長の経験が1年(215日)になります。

必要資格

保有すべき資格としては、どちらかの資格と職長教育とレベル2の経験資格になります。

  • 1級建築板金技能士(ダクト板金)
  • 2級管工事施工管理技士

また必須の資格としては、職長・安全衛生責任者教育とレベル2の基準に示す保有資格になります

建築板金技能士1級・2級

板金工事は薄く平らな金属を加工して、筒状のモノをまげて作るのがダクトになります。

このダクトを製作するスキルに関する資格が機械では作れない加工を行えるプロの資格になります試験には学科試験・実技試験があります。

・受験資格

1級:実務経験7年以上、または2級合格後2年以上の実務経験。学歴により必要な実務経験年数が異なる。

2級:実務経験2年以上、または3級合格者。学歴により実務経験が不要。

板金工事で欲しい電動工具は【ストレートシャー】

薄い鋼板を切るのは非常に難しい作業ですが電動工具は進化して、薄い鋼板を切るのにも適しています。

厚いものはグラインダーで切れますが、シャーなら薄い鋼板も切断することができます。

電動工具でもコードがないので非常に便利
 
板金さん
評価: 4.0軟鋼板でも30分以上 充電時間で施工できるの便利。バリが出にくく切断面がきれい

次にそのレベル2を説明していきます。合わせて申し込み方法なども記載しておきます。