1級電気施工管理技士補、技士とは?受験内容と合格するための対策を徹底解説

2021年7月6日資格講習,電気施工管理施工管理技士,資格講習,電気施工管理

この記事では、1級電気施工管理技士に関する内容と受験内容について解説していきます。

また、受験対策も合わせて解説していきますので是非勉強の役立ててみてください。

「1級電気施工管理技士とはどういう仕事なのか」「1級ていうのだから難しいんだろう」など資格について一体どういうものなのか分からないことが多いのではないかと思います。

今回は1級電気施工管理技士について徹底的に解説していきたいと思います。

尚、1級電気施工管理技士の過去問題についてはこちらからダウンロードできます。

1級電気施工管理技士補、技士とは?

1級電気施工管理技士とは、電気工事における施工計画の作成、工事の工程・品質管理・電気工事の監督など、建設業などにおける電気に関する工事の監督責任を負うことができる資格です。

施工管理技士過去問題令和3年度問題試験対策
1級土木施工管理過去問題10年分ダウンロード令和3年度解答速報おすすめ試験対策
2級土木施工管理過去問題10年分ダウンロード令和3年度解答速報おすすめ試験対策
1級建築施工管理過去問題10年分ダウンロード令和3年度解答速報おすすめ試験対策
2級建築施工管理過去問題10年分ダウンロード令和3年度解答速報おすすめ試験対策
1級電気工事施工管理過去問題10年分ダウンロード令和3年度解答速報おすすめ試験対策
2級電気工事施工管理過去問題10年分ダウンロード令和3年度解答速報おすすめ試験対策
1級造園施工管理過去問題10年分ダウンロード令和3年度解答速報おすすめ試験対策
2級造園施工管理過去問題10年分ダウンロード令和3年度解答速報おすすめ試験対策
1級管工事施工管理過去問題10年分ダウンロード令和3年度解答速報おすすめ試験対策
2級管工事施工管理過去問題10年分ダウンロード令和3年度解答速報おすすめ試験対策

電気施工施工管理技士1級と2級の違い

1級電気施工管理技士と2級電気施工管理技士の違いは請け負う工事の金額によって違います。

資格名条件技術者
1級電気施工管理技士特定建築業(下請けに総額4,000万円以上発注する工事)監理技術者
2級電気施工管理技士4,000万円未満の一般建設費主任技術者

1級電気施工管理技士は、主任技術者でも活躍することができます。

2級電気施工管理技士についての受験内容は、こちらの記事で解説していますので是非合わせて読んでみてください。

将来性はあるの?

ズバリ、将来性のある仕事だといえます。

施工管理技士は国家資格のため、難易度が高く、実務経験も要するため資格を保有している人が限られてきます。

そのため、需要が高い資格であり、資格を持っていることで就ける仕事があるほど価値のある資格だといえます。

1級電気施工管理技士の資格を持っていることでどういった仕事に就けるのか、下のサイトで見ることができるので是非チェックしてみてください。

1級電気施工管理技士になるなら知っておきたいお役立ちグッズ

電気施工では、電線を扱うことが多いかと思います。

電線をカッターナイフや電工ナイフで剥いてしまうと手を切る労災事故は多々あります。慣れないと刃の引く方向を誤ったりして、効率の悪い作業になってしまいます。

そこで、このようなムキソケを利用することでケガの防止や早く電線を剥くことができます。

1級電気施工管理技士では、実務経験が必須となるので普段のお仕事でもこうしたグッズを利用してたくさん経験を積んでみてはいかがでしょうか。

1級電気施工管理技士の資格を取るメリット

1級電気施工管理技士の資格をとることは、将来性があるだけではありません。

資格手当・給与がアップする

施工管理技士の資格は国家資格のため、資格手当の対象となります。

企業の就業規則によって違いますが、毎月に給与にプラスされたり、合格したときに報奨金としてもらうことができるなど給与面のが手厚くなります。

現場監督になれる

先述したように1級電気施工管理技士は「監理技術者」になることができます。

規模の大きな現場監督をすることで、自身のキャリアアップにつながりますし、現場監督をすることで待遇などを改善されるようにもなります。

また、以下の記事の内容を知っておかなければならないことなので現場監督として活躍するなら合わせて読んでおきましょう。

1級電気施工管理技士試験の受験は難しい?

ズバリ、難易度はやや難しいほどの試験です。

難易度はやや高めだけど独学でも合格可能

1級電気施工管理技士は、勉強する範囲が多いのでしっかりと対策をしなければいけません。

ですが、独学でしっかり対策をとれば合格することは可能な試験であるともいえます。

60%以上の正答率で合格

1次試験はマークシートの上、60%の正答率で合格になるのですべての範囲をカバーしないといけないわけではありません。

そのため、ポイントを絞って効率よく勉強をしていけば突破することはできるのではないかと思います。

1級と2級はどちらが難しい?

ズバリ、1級電気施工管理技士の方が難しいといえます。

先述したように2級電気施工管理技士よりも1級電気施工管理技士の方が出題範囲が広いので覚えなくてはいけないことも必然的に多くなります。

また、2次試験は記述式なので2次試験の対策を念入りにする必要があります。

1級電気施工管理技士試験概要

では、試験内容について解説していきます。

下の記事では令和3年度からの変更点と押さえておくべきポイントを解説しているので是非合わせて読んでみてください。

受験資格

受験資格としては、1次及び2次試験の受験資格は以下の通りです。

学歴/資格指定学科指定学科以外
大学/専門卒(高度専門士)1年以上1年6カ月以上
短大/高専/専門卒(専門士)2年以上3年
高校/専門卒3年以上4年6カ月以上
第1種,2種,3種,電気主任技術免状交付あり1年以上(通算)(学歴問わず)
第1種電気工事士免状交付ありなしなし
第二種電気工事士免状交付あり1年以上(通算)(学歴問わず)
その他8年以上(学歴問わず)

※指定学科についてはこちらより確認ください。

1次試験の免除条件は以下の通りです。

[1] 技術士法による技術士の第二次試験のうちで技術部門を電気電子部門、建設部門又は総合技術監理部門(選択科目を電気電子部門又は建設部門に係るもの)に合格した者

[2] (令和2年度までの)2級電気工事施工管理技術検定試験の「学科試験のみ」受検の合格者で有効期間内の者

[3] (令和3年度以降の)2級電気工事施工管理技術検定の「第一次検定」合格者

建設業復興基金1級電気施工管理技士

受験内容

受験内容は以下の通りです。

試験試験方式
1次試験マークシート方式
2次試験マークシート・記述式

出題範囲

一次試験
検定科目検定基準知識・能力の別解答形式
電気工学等1 電気工事の施工の管理を適確に行うために必要な電気工
学、電気通信工学、土木工学、機械工学及び建築学に関する一
般的な知識を有すること。
2 電気工事の施工の管理を適確に行うために必要な発電設
備、変電設備、送配電設備、構内電気設備等に関する一般的な
知識を有すること。
3 電気工事の施工の管理を適確に行うために必要な設計図
書に関する一般的な知識を有すること。
知識四肢択一
施工管理法1 監理技術者補佐として、電気工事の施工の管理を適確に行
うために必要な施工計画の作成方法及び工程管理、品質管理、
安全管理等工事の施工の管理方法に関する知識を有するこ
と。
知識四肢択一
施工管理法2 監理技術者補佐として、電気工事の施工の管理を適確に行
うために必要な応用能力を有すること。
能力五肢択一
法   規建設工事の施工の管理を適確に行うために必要な法令に関す
る一般的な知識を有すること。
知 識四肢択一
建設業復興基金『1級電気施工管理技士1次試験』
二次試験
検定科目検定基準知識・能力の別解答形式
施工管理法1 監理技術者として、電気工事の施工の管理を適確に行うた
めに必要な知識を有すること。
知識五肢択一
(マークシート方式)
施工管理法2 監理技術者として、設計図書で要求される発電設備、変電
設備、送配電設備、構内電気設備等(以下、「電気設備」とい
う。)の性能を確保するために設計図書を正確に理解し、電気
設備の施工図を適正に作成し、及び必要な機材の選定、配置
等を適切に行うことができる応用能力を有すること。
能力記述
建設業復興基金『1級電気施工管理技士2次試験』

下の記事は特に令和3年度から変更となった範囲に対して解説しているので、読んで理解を深めるようにしましょう。

建設業法と建設業許可2021年施工管理技士過去問題(想定問題)令和3年

監理技術者と主任技術者配置を2021年施工管理技士補想定問題としてまとめ

1級電気施工管理技士試験に合格するための対策

では、1電気施工管理技士試験の対策を解説していきます。

過去問題を解く

何より、手に付けてほしいのは過去問題だといえます。

過去問題からは、試験の傾向を掴むだけでなく効率よく自分の得手不得手分野を知ることができる便利なツールです。

是非、1級電気施工管理技士の過去問題についてはこちらからダウンロードできるので活用してみてください。

参考書やテキストを活用する

過去問題を解いているとどうしても分からない分野が出てくるかと思います。

そこで、そうした分からない分野を解決するツールとして参考書やテキストを利用すると良いです。

こうしたテキストは、通勤途中でも読んで理解を深められるポケットツールなので是非1冊持っておくとよいでしょう。

こちらは、最新の参考書がまとめてありますので、参考書を選ぶならここから選んでください。

こちらは、施工管理技士試験の山場である2次試験に焦点を当てた参考書がまとめてありますので、2次試験対策するならここから選ぶようにしましょう。

通信講座を利用する

「独学はちょっと苦手…」など学習支援が必要であれば通信講座を利用してみると良いかと思います。

例えば、下記の通信講座は模擬試験がついた通信講座になっているので自分の力量をその都度図ることができます。

是非、自分に合うような講座を選んで活用するようにしましょう。

一級電気施工管理技士補技士のおすすめの通信教育は



1級電気工事施工管理技士の資格は難関資格です。そのため、幅広い範囲を効率よく攻略しなければなりません。


独学では絶対に合格できない!というわけではありませんが、独学では効率が悪く、勉強が続かない危険性もあります。

ただなかなか通信教育がありません。

過去に出題された試験問題を詳細に分析し、試験の特徴である広範囲な科目をすべてカバーされています。

四肢択一、92問中60問解答という膨大な模擬問題にチャレンジし、レポート提出していただきます。学科試験を突破するための実力を養われます。(5ヶ月目)

まとめ

今回は、1級電気施工管理技士試験の傾向を対策について解説していきました。

施工管理技士試験の中ではやや難しめの1級電気施工管理技士試験ですが、傾向と対策を掴めば合格できる資格です。

是非、自身のキャリアアップのためにもチャレンジしてみると良いでしょう。