最近の記事

建設キャリアアップシステム硝子(ガラス)工事ゴールドカード取得と登録基幹技能者

2020年10月15日CCUS,建設キャリアアップ(外国人雇用)

今回はガラス工事の職人さんにスポットを当ててみたいです。

建設キャリアアップシステムガラス工事で硝子工の技能判定とレベル判定!この建設キャリアアップシステムはは現在は公共工事および民間の大手建設会社や大手住宅企業でも導入が始まり予定されておりきております。職人の技能や経験を現場入場の際にわかるようにしていく新たな試みになります。

ガラス工事の職人の頂点を目指す資格は?建設キャリアアップシステムに沿ってまとめています。ガラス職人で頂点になる資格とは申し込みと合わせてまとめてます。

このブログは他にもこのようなことがまとめてあります。合わせて気になる記事を確認してみてください。全体を確認するにはこちら

 建設キャリアアップガラス工の技能者判定ランクは?

能力評価制度は、建設技能者のレベルを経験・知識・技能・マネジメント能力での評価を基本に4段階で評価したものです。
各レベルの目安としては

  • レベル1:初級技能
  • レベル2:中堅技能者
  • レベル3:職長として現場に従事できる技能者
  • レベル4:高度なマネジメント能力を有する技能者(登録基幹技能者など)となります。

各職種により、レベル1から4の取得に必要な条件が異なります

資格取得したらやはり単価と給与はベースアップしたいところです。私も実際3回も転職してます。

ただ、なかなか転職サイトをみても建設業に特化した求人が少ないですよ。

そこで、建設業に特化した正社員求人が満載のこちらのサイトを紹介します。登録しておくと、職人や施工管理など81種類の職種から求人を検索できるのであなたの希望する求人を見つけやすくなります。

新しい仕事をこちらで登録してチェックしてみましょう。



施工管理で有れば、人材紹介会社を使うことで建設コンサルタント、ゼネコン施工管理、建設機械営業など施工管理の希望の転職も可能になります。



硝子(ガラス)工事建設キャリアアップ技能者レベル4

硝子工事の職人のトップになるための資格はこれ
ガラス職人には必須!オイルカッター

建設キャリアアップシステムでレベル4のガラス工事の職人として認められるには、建設業での就業日数10年(2150日)さらに職長として3年(645日)の経験を積んだベテラン職人になる必要があります。

【必要な資格として】

保有資格は、いずれかの資格を一つ取得することが条件になります

  • 登録硝子工事基幹技能者
  • 優秀施工者国土交通大臣顕彰(建設マスター)
  • 安全優良職長厚生労働大臣顕彰
  • 1級建築施工管理技士
  • 卓越した技能者(現代の名工)
  • 技能グランプリ(金賞・銀賞・銅賞・敢闘賞)

上記のどれかの1つの資格とレベル2、3の基準に示す保有資格の取得が必須になります

登録硝子基幹技能者の受験資格と要件

資格を取得でプロフェッショナル登録基幹技能者
ガラス職人がガラス運搬には吸盤で運ぶ

登録硝子工事基幹技能者講習・修了試験の流としては、受講資格は次の要件を全て満たすことされている

受験資格としては次の資格のいずれかを有する者

  1. 1級建築施工管理技士または2級建築施工管理技士(仕上げ)
  2. 優秀施工者国土交通大臣表彰者(建設マスター)
  3. 1級ガラス施工技能士

申込書類の入手方法は、全硝連 HP からダウンロードし申し込みが必要です。

申し込み手順として、受講申込書・実務経験証明書と 資格証明書類のコピーを郵送

  1. 受講決定通知と受講に必要な諸手続きの案内が届きます。
  2. 受講手数料の支払いと受講に必要な書類の送付
  3. 受講票と教科書等の送付されてきます。
  4. 登録硝子工事基幹技能者講習・修了試験の実施になります。

講習は、講義(2日間 計11時間)及び修了試験(1時間)になります。

ガラス工事技能者のキャリアアップシステムレベル3

ガラス施工技能士はすごい!技能の国家資格
ガラス技能士を目指す参考書

レベル3になるには、就業日数5年(1075日)職長として 3年(645日)の経験で保有資格は、いずれかの資格を保有でレベル3になるくことが可能です。

必須資格としては

職長・安全衛生責任者教育

レベル2基準に示す保有資格を保有していることが条件になります。

ガラス(硝子)施工技能士の試験と国家試験の内容

国家資格である技能検定制度になります。このガラス工事の施工では技能や知識と経験からの技術の証明となります。

ガラス技能士の試験の受験資格と内容
  • 1級の受験資格は7年以上の実務経験か2級合格後2年以上の実務経験が必要になります。※学歴により異なります。
  • 2級に関しては実務経験2年以上※学歴により異なります。

試験内容は学科と実技試験になります。学科試験は多岐にわたります。

施工の分野からは施工に関する知識を問われます。

1級と2級で出題範囲が変わりますが、実技試験が難しく簡単な試験では無く経験のもとに、実技試験対策が必要となります。

ガラス工事技能者のキャリアアップシステムレベル2

ガラス技能士だけじゃない資格は必要
ガラスだけじゃないコーキング技能も必要

レベル2になるには、就業日数3年(645日)の経験と保有資格は、いずれかの保有でキャリアレベルは2になります。

硝子工事技能者になりたてのレベル1

現場に早く慣れて一人前になる為ら資格は早く取得しましょう!

建設キャリアアップシステムに技能者登録され、かつ、レベル2から4までの判定を受けていない技能者で、まだ経験をこれから積む人や、判定を受けて無い人はレベル1になります。

ガラス工事建設キャリアアップの申請先の料金や申し込み

建設キャリアアップシステムの申し込みはこちらから

建設キャリアアップを運用している建設業振興基金の建設キャリアアップのHPは以下の通りです。

ガラス工事キャリアアップシステムの申請方法

ガラス工事キャリアアップ事業者登録

建設キャリアアップガラス工技能者登録

申請の書類やQ&A等が記載されておりますのでご活用下さい。