建設キャリアアップシステム:鉄筋圧接/登録圧接基幹技能者の資格取得:ガス溶接と研削砥石は必須の仕事とは?

この記事では、建設キャリアアップシステムにおける鉄筋継手工事、いわば鉄筋圧接工の能力評価基準についてそれぞれのレベルに必要な基準を解説していきます。

自身のキャリア形成で将来的に「大きな仕事に就きたい」「今の仕事環境では不安だ」などと考えている方もいるのではないかと思います。

そこで、今回は鉄筋圧接職人としてキャリアアップするのに欠かせない「建設キャリアアップシステム」における鉄筋圧接職人の能力評価基準をそれぞれのレベルに合わせて解説していきたいと思います。

 
ネコマル
圧接ご存じですか?
 
ネコマル
まったく・・・

建設キャリアアップシステムとは、インターネットサイトとICカードを利用して現場入場時にICカードを端末にチェックさせ、建設業で従事する労働者の入場管理からその方の資格情報や従事者記録を蓄積していき、その情報から、事業者の会社情報や社会保険の加入状況等を見える化していくシステムのことです。

現在、建設キャリアアップシステムは大手ゼネコンやサブコンでは導入が始まっており、今後民間のハウスメーカーでも導入が検討されています、

公共工事では既に必須になっており、今後この仕組みは全国に普及していく予定です。

このブログは他にもこのようなことがまとめてあります。合わせて気になる記事を確認してみてください。全体を確認するにはこちら

建設キャリアアップシステム:鉄筋圧接工の能力評価基準

建設キャリアアップシステム:鉄筋工能力評価基準
 
ネコマル
建設キャリアアップから説明します
 
千尋さん保険屋
よろしくお願いいたします。

圧接工事職人は建物を支える大事な鉄筋を高温で溶かし、圧力をかけながら繋ぎ合わせる工事を行う職人です。

そんな鉄筋圧接工の技術力を客観的に指標として表すのが「能力評価基準」です。

建設キャリアアップシステムの能力評価制度は、建設技能者のレベルを経験・知識・技能・マネジメント能力の評価に基づき、4段階のランクで評価されたものとなっています。

4段階のランクとは、初級技能者からベテラン技能者へとランク分けされており、そのランク分けされたカードが職人さんごとに与えられます。

各レベルの目安としては、

  • レベル1:ホワイトカードの初級技能者
  • レベル2:ブルーカードの中堅技能者
  • レベル3:シルバーカードの職長として現場に従事できる技能者
  • レベル4:ゴールドカードの高度なマネジメント能力を有する技能者(登録基幹技能者など)

各職種により、レベル1~4の取得に必要な条件が異なります。

また、こうした道具を扱う熟練度合いもレベルアップに応じて必要になってくる、経験と資格が物を言う制度ともいえます。

では、鉄筋圧接工としてレベルアップするための必要な基準をそれぞれ解説していきます。

建設キャリアアップシステム:鉄筋圧接工/能力評価基準レベル4

 
千尋さん保険屋
レベル4のスキルは?
 
ネコマル
経験と資格が必要ですね

就業日数

圧接工事のプロフェッショナルになるには、建設業での就業日数10年(2150日)さらに職長として3年(645日)の経験を積んだベテラン職人になる必要があります。

必要資格

以下のいずれか資格を保有することが必須とされています。

  • 登録圧接基幹技能者
  • 優秀施工者国土交通大臣顕彰(建設マスター)

また、上記の資格以外にも職長経験を必須としているので職長教育を受講する必要があります。

登録圧接基幹技能者とは?

登録(圧接)基幹技能者とは、国土交通省が発行する国家資格です。

登録基幹技能者の主な仕事は、施工方法や施工手順等の施工計画を元請けやゼネコンと調整することを行います。

更に、多くの人が働く現場の統括的な立場に立ち、他の作業員・他の職種と現場調整も行うのも登録基幹技能者の仕事です。

また、部下の指導施工方法の指導等を安全に計画的に品質を保っていくことも行う、重要なポジションをも担っています。

公共工事を行う会社であれば、この資格があれば公共入札の条件としてメリットはすごく大きいです。

なぜなら、経営事項審査の中で加点評価もあるため建設会社では受注しやすくなるメリットとなるからです。

※詳しくは「登録基幹技能者とは?」からご覧ください。

受講保有資格

  1. (公社)日本鉄筋継手協会 手動ガス圧接技量(従来の圧接)資格3種又は4種の資格を保有する者
  2. (公社)日本鉄筋継手協会 高分子天然ガス圧接(写真のようなリング使用)技量資格3種又は4種の資格を保有する者

圧接工の技量資格は鉄筋の種類で資格が分かれる

どちらかを保有していないとなりません。

就業日数
  • 鉄筋ガス圧接工事の施工現場において10年以上の実務経験のある人
  • 鉄筋ガス圧接工事の施工現場において3年以上の職長経験のある人

の条件を満たす必要があります。

申込手順と受講/試験内容

申し込み手順としては、以下の通りになります。

まず、受講申込書・実務経験証明書と 資格証明書類のコピーを郵送します。

  1. 受講決定通知と受講に必要な諸手続きの案内が届きます。
  2. 受講手数料の支払いと受講に必要な書類の送付
  3. 受講票と教科書等の送付されてきます。
  4. 登録硝子工事基幹技能者講習・修了試験の実施になります。

受講し、修了試験まで合格すると、晴れて登録圧接基幹技能者として認められるようになります。

申込書や受講案内についてはこちらからご覧になれます。

建設キャリアアップシステム:鉄筋圧接工/能力評価基準レベル3

就業日数

就業日数7年(1505日)職長又は班長として1年(215日)の経験が必要になります。

必要資格

の資格を必ず保有し、レベル2の基準に示す保有資格を取得しているのが条件になります

足場組立特別教育の受講方法と作業主任者講習との違い現場での墜落転落災害を防ぐ方法とは?

次に建設キャリアアップシステムレベル2.1をまとめいきたいと思います。

その中で建設キャリアアップシステムの申し込みなども記載しておきます。