広告 楽天ランキング4冠獲得【VOICE 5ライン グリーンレーザー墨出し器】

建設キャリアアップシステム建築大工を極める

2021年2月23日建設キャリアアップシステム,資格と勉強建設キャリアアップ,建設知識

建設キャリアアップシステム建築大工の技能者レベル判定と資格と経験が蓄積されてランクアップ、建設キャリアアップシステムはwebサイトとICカードを利用して、建設に従事する労働者と事業所の情報をデータ化し、職人の技能や知識を明確にして適切な評価を行う仕組みです。

現在は公共工事を主として、民間の大手建設会社、ハウスメーカー各企業でも導入されてきてます。

その中で今回は現場でも花形の大工をまとめてみます。

 建設大工キャリアアップシステムのランクとは

能力評価制度は、建設技能者のレベルを経験・知識・技能・マネジメント能力での評価を基本に4段階で評価したものです。
各レベルの目安としては

  • レベル1:初級技能
  • レベル2:中堅技能者
  • レベル3:職長として現場に従事できる技能者
  • レベル4:高度なマネジメント能力を有する技能者(登録基幹技能者など)となります。

各職種により、レベル1から4の取得に必要な条件が異なります

建築大工技能者 能力評価レベル4(最高ランク)

建設業での就業日数:10年(2150日)

建設業での就業日数職長として3年(645日)の経験を積んだベテラン職人です

【必要な資格として】

  • 登録建築大工基幹技能者
  • 優秀施工者国土交通大臣顕彰(建設マスター)
  • 安全優良職長厚生労働大臣顕彰
  • 卓越した技能者(現代の名工)
  • 技能グランプリ(金賞・銀賞・銅賞・敢闘賞)

上記のどれか一つを取得とレベル2と3の基準に示す保有資格を保有してること

登録建築大工基幹技能者とは

2008年1月に建設業法施行規則が改正され、「登録基幹技能者制度」として始まり、国土交通大臣の登録を受けた機関が実施する登録基幹技能者 講習の修了者は、登録基幹技能者として認められた熟練した作業能力と豊富な知識を持つとともに、現場をまとめ、効率的に作業を進めるためのマネジメント能力に優れた技能者になります

登録建築大工基幹技能者になるには、下記の各講習実施団体が主催する認定 講習会を受講する必要があります。

登録建築大工基幹技能者資格要件

登録建築大工基幹技能者講習を受講するためには、次の要件を全て満たしているが条件

建築大工職種において 10年以上の実務経験がある。

実務経験のうち3年以上の職長(棟梁)経験があること 職長・安全衛生責任者教育の修了を原則とし、次のどれかの資格を有していること

  • 一級建築大工技能士
  • 一級・二級建築施工管理技士
  • 一級・二級・木造建築士
  • プレハブ建築マイスター
  • 枠組壁建築技能士

建築大工工のキャリアレベル3

就業日数7年(1505日)就業日数職長又は班長として0.5年(108日)の経験があり

下記のうちから2つ以上の資格を取得していること

  • 1級又は2級建築大工技能士
  • 枠組壁建築技能士
  • 1級又は2級建築施工管理技士
  • 1級若しくは2級建築士又は木造建築士
  • 職業訓練指導員(建築科・枠組壁建築科・プレハブ建築科)
  • 木材加工用機械作業主任者技能講習
  • 建築物の鉄骨の組立て等作業主任者技能講
  • 木造建築物の組立て等作業主任者技能講習
  • プレハブ建築マイスター
  • 足場の組立て等作業主任者技能講習
  • 青年優秀施工者土地・建設産業局長顕彰
  • 認定ログビルダー

レベル2の基準に示す保有資格を持っていることが条件になりますが、少し資格が簡単なもの難しいものが混ざり過ぎているようにおもいます。

建築大工施工技能士の試験とは

建築大工技能士とは、木造建築の大工工事に必要な技術を認定する国家資格です。建築大工技能士には1級・2級・3級があります。

1級建築大工技能士の受験資格は?
  • 7年以上の実務経験
  • 2級合格後2年以上の実務経験
  • 3級合格後4年以上の実務経験が求められます。ただし、学歴によって実務年数が異なりますので受験資格があるかどうかを再度確認
2級建築大工技能士については
  • 実務経験2年以上
  • 3級合格者に受験資格がありますが、こちらも学歴によっては実務経験が不要な場合もあり
3級建築大工技能士について
  • 原則として実務経験6か月とされていますが、実務経験や学歴が問われないケースもあります。
大工技能士の試験科目は

建築大工職の専門性を反映したものとなっております、<建築構造・技法・施行法関連><材料>は、 各職種が扱う建築物・作業に即した知識が問われるため特徴的な内容となっており、別個に試験対策をする必要がある。

<建築構造・技法・施行法関連>

「建築構造」科目の細目では、木造・鉄 骨 造・鉄 筋コンクリート造・その 他 建 築 物 の種類及び特徴について構造力学の基礎理論も、力・ 荷重・応力等も知識が必要になる「規矩術」では、建築大工職種の基本知識及びさ しがねの使用法や「施工法」は工事に使用する機械及び器 工具、施工計画、工事の種類及び工程等などいろいろ問題が出てきます。

<材料>

建築大工職種木材の材質、物理的及び力学的 性質についての詳細な知識や木材加工品の種類・規格・性質・用途 等 なども問題に出てきます。工事に使用する材 料の種類、規格、寸法、性質及び用途に ついて、詳細な知識が問われます。

<製図>

各種設計図面の読図、表示記号について の詳細な知識が問われている。日本工業規格の建築製図通則について詳 細な知識が問われるので難しい試験です。

プレハブマイスターの資格は

プレハブマイスターの資格とは。元請会社が推薦会社となって候補者となる大工技能者を推薦って資格に推薦って?

ハウスメーカーがゼネコンに追いつかない理由はここではないでしょうか?

取得の流れとして

  1. WEB登録(申込み)受付開始
  2. 認定審査手数料納付、推薦書類受付(郵送)締切(消印有効) 書類は郵送
  3. 推薦書類不備チェック
  4. プレハブ建築マイスター審査委員会にて審査
  5. 審査結果通知書・認定証送付

って住宅メーカーで積水や旭化成とかがメイン団体のプレハブ建築協会内で審査なので、推薦でしか取得出来ない資格は必要なのかな?

プレハブマイスター推薦条件と取得するには

プレハブ建築の建設現場業務に就業している期間が基準以上であること

  • 現場就業期間:7年
  • 職長または班長としての就業 期間:6ヵ月
  • 刑の執行終了若しくは刑の免除を受けてからの期間が基準未満で犯罪容疑者でないこと ・反社会的勢力との関係を有していないこと
  • プレハブ建築大工としての技能・技術が他 の者と比較して優れていること (裏付け資料)
  • 資格、免許等・技能競技大会等入賞歴・ 表彰等・指導経験自社の大工技能者として必要な資格・ 講習等
  • 内完工検査重大不具合件数 ・重大不具合指摘ゼロ(直近 1年分)
  • 資格 ・職長・安全衛生責任者教育修了者

他にもありますが、ただハウスメーカーはゼネコンと違い、施工してくれる大工が一番です。

余談ハウスメーカーの監督は職人弱い

積水ハウスなら積和建設があり、旭化成なら旭化成住宅建設とかの大工ばかりを重宝して、水道や電気とかの仕上げ工事とかは、すごく酷い扱いをします。外構などの業者は叩かれています。

まだ、子会社以外にも地場の工務店に依頼せざるを得ないハウスメーカーは監督は工務店には頼り、更に監督としてダメな人が多いのが特徴です。

ハウスメーカーの監督はゼネコンの監督とは力が無さ過ぎているのに気づいていません。

安全、品質も、マニュアルだけで会話するので、職人からは監督として見られていない人は多いです。

建築大工のキャリアレベル2

就業日数3年(645日)の経験が必要です。

丸のこ等取扱作業者安全衛生教育とは

丸のこ等(携帯丸のこ盤、携帯丸のこ、可搬式丸のこ盤)は、誤った使用方法で作業を行った結果、軽微な災害にとどまらず、死亡災害に至るものまであり労働災害を絶たない状況にあります。 厚生労働省から2010年7月14日付けで出された通達に基づき、「特別教育に準じた教育」として、携帯用丸のこ盤を用いた作業に従事する者に対する安全衛生教育になります。

【受講資格】18歳以上の方

丸のこ労災事例として

プレハブ倉庫新設工事において、敷地を整備するために敷地内の樹木を伐採する作業を行っている際に発生した内容

敷地内の2本の樹木(いずれも直径約70cm)の伐採だったが、災害発生の前日までに、2本の立ち木を伐倒したが、整地のためには切り株を取り除く必要があった。

ユンボでを引っ張り出そうとしたが、根が張っていたため引っ張れなく、切り株は土に埋めることにして、作業員は出ている切り株を削る作業を始めた。

携帯用丸のこ盤、電動ドリルおよびナタで削りとる作業で携帯用丸のこ盤を使用し作業したが、丸ノコがキックバックして、歯が身体に当たり出血していた。直ちに病院に搬送されたが、約2時間後に死亡した。

不安定な作業姿勢と作業者は携帯用丸のこ盤の安全な使用方法についての知識がなかったかと思います。丸ノコは怖いです。

建築大工になりたてのレベル1

建設キャリアアップシステムに技能者登録され、かつ、レベル2から4までの判定を受けていない技能者で、まだ経験をこれから積む人や、判定を受けて無い人はレベル1になります。

建設キャリアアップ建築大工申し込み

建設キャリアアップを運用している建設業振興基金の建設キャリアアップのHPは以下を参考にしてください。

建築大工キャリアアップ詳細リンク先
建設キャリアアップ建築大工事業者登録
建設キャリアアップ建築大工技能者登録

申請の書類やQ&A等が記載されておりますのでご活用下さい。

広告