木造建築物の組立て等作業主任者 ってどんな資格?仕事内容から 技能講習資格 取得方法まで徹底解説!

この記事では、木造建築の現場監督するのに必要な「木造建築物の組立て等作業主任者」という資格について解説していきたいと思います。

大工さんや宮大工など、木造建築に関わる現場では必須の資格になります。

木造建築といえば最近では、隈研吾さんが設計した木造の国立競技場が結構話題になりましたよね。

最近の建築業界は、木質化建築構造物がブームとなっています。

このブログを見て連絡してきた、練馬の新人保険屋さんの千尋(ちひろ)さん。と言う方がいらっしゃいまして建設業の実態教えて欲しいと言われてブログを一緒にやることになりました。

 
千尋さん保険屋
木造建築とは?
 
ネコマル
最近では国立競技場ですね

木造組立作業主任者とは?

木造建築物の組立て等作業主任者ってどんな資格?

木造建築物の組立て等作業主任者(もくぞうけんちくぶつのくみたてとうさぎょうしゅにんしゃ)は、労働安全衛生法に定められた作業主任者(国家資格)のひとつであり、木造建築物の組立て等作業主任者技能講習を修了した者の中から事業者により選任される。

また、主任者となるための技能講習を修了した者すなわち資格取得者のこと、あるいは資格そのものを指すこともある。

引用:ウィキペディア

つまり、木造建築物の組立て等作業主任者は技能講習を受けた方が作業主任者(作業リーダー)になれる資格、ということです。

この技能講習については後ほど解説していきたいと思います。

木造組立作業主任者が知るべき「木質化ブーム」

先述したように、東京オリンピックの会場である隈研吾さんが設計した国立競技場以外にも、ここ最近の建築業界では様々な木造建築の設計に注目している企業が数多くあります。

 
千尋さん保険屋
木造の高騰はいましてますね
 
千尋さん保険屋
仕事も大変ですね

竹中工務店の高層建築建築物の木造化計画

建築業界大手である竹中工務店では、高層建築物の木造化計画を推進する動きが注目されています。

この計画では、

  • ゼロエネルギービル・カーボンニュートラル都市の実現
  • 従来の森林サイクルの概念を含んだ、インフラ整備を通じて実現する森林資源と地域社会の持続可能な好循環「森林グランドサイクル」の実現
  • 耐火集成材「燃エンウッド」の利用
  • (燃エンウッド…燃え代層、燃え止まり層からなる耐火被覆層で1000℃の火災環境でも燃えないで、建物を支え続ける耐火集成材)

など、昨今のSDGs/ESG投資に対する企業活動の注目、中階層木造建築が世界的に注目されていることから参入している企業に対抗するべく、こうした計画が推進されているようです。

日本初の高層 純木造耐火:建築物の建設施工へ

 
千尋さん保険屋
最近のカタカナの用語が多いですね
 
ネコマル
確かにそうですね

株式会社大林組(本社:東京都港区、社長:蓮輪賢治)は、大林組グループの持続的な成長に向けた次世代型研修施設として、日本初かつ世界的にも類を見ない、構造部材(柱・梁・床・壁)すべてを木材とした、高層純木造耐火建築物の建設に着手しました。

引用:大林組、日本初の高層純木造耐火建築物の建設に着手

大林組では、独自開発された構造部材を使い、高層木造建築工事に着手したとの発表がありました。

主な内容は以下の通りです。

  • 木質化された空間がもたらすリラクゼーション効果や調湿効果を提供
  • 風、光、香りなど自然を取り込むデザインや技術が、利用者の健康と快適性を高め、研修効果の向上を図る
  • 自社開発したスマートビルマネジメントシステム「WellnessBOX」と利用者のバイタルデータとを関連付け、バイタルデータに基づく快適な研修・宿泊環境を提供する計画を推進
  • 省CO2だけでなくCO2固定化の観点から純木造とし、かつ現場での施工の容易性を確保しつつ、新たに柱と梁を一体化する「金物を使わない剛接合仕口ユニット」を開発

といった施工方法で工事に着手するということです。

 
千尋さん保険屋
へぇスゴイですね
 
ネコマル
施工方法は?こんな感じ

木材なのでどのように固定するのか?昔の大工みたいにホゾを切って継ぎ手をするのとは違うんですよ

「金物を使わない剛接合仕口ユニット」とは?

接合部にGIR工法(※1)や貫(ぬき)のめり込み強度を高めた新開発の超厚物合板などの技術を組み合わせることで高剛性、高耐性、高靭性を併せ持ち、さらにあらかじめ工場でユニット化することにより高い施工性も実現する工法です。

※GIR工法…接合ロッドと接着剤を併用し木材を接合する方法

引用:大林組、日本初の高層純木造耐火建築物の建設に着手
 
千尋さん保険屋
この施工は誰がやるの?
 
ネコマル
重量鳶になりますね

昨今中高層の建築物を完全木造にするには、梁や柱部分の接合部を高耐久・高耐力にしなければならないという課題があり、中高層の建築物を完全木造にすることは困難とされていきました。

しかし、この大林組が自社開発した「金物を使わない剛接合仕口ユニット」では、接合部分も木材を利用することを可能としました。

今後、このように木造建築の開発が進み、他社でも純木造建築が続々と着手されるようになればますます木造建築現場の注目度が高まることでしょう。

そうした動きに合わせて、今回紹解説していく「木造建築物の組立て等作業主任者」という資格もますます需要が高まっていく資格になる可能性があるので是非取得しておくとよいのではないかと思います。

木造建築物等の組立て等作業主任者 技能講習取得と内容

木造建築物の組立て等作業主任者の仕事

では、実際には木造建築物の組立て等作業主任者のお仕事はどういったことをするのでしょうか。

 
千尋さん保険屋
木造組立作業主任者の仕事は?
 
undefined
家を建てるときも必要になりますね

木造建築物の組み立て、取り付け

木造建築物の組立て等作業主任者は、当然その資格から木造建築物の組立て、取り付けといった作業を行います。

また、そうした作業だけではなく作業に必要な工具・器具の点検、使用状況にチェック・安全に施工するための作業監督など多岐に渡ります。

建設で転職サイトを選ぶならアプリでチェック

ただ、なかなか転職サイトをみても建設業に特化した求人が少ないですよ。

そこで、建設業に特化した正社員求人が満載のこちらのサイトを紹介します。登録しておくと、職人や施工管理など81種類の職種から求人を検索できるのであなたの希望する求人を見つけやすくなります。

新しい仕事をこちらで登録してチェックしてみましょう。

施工管理で有れば、人材紹介会社を使うことで建設コンサルタント、ゼネコン施工管理、建設機械営業など施工管理の希望の転職も可能になります。



では次に、木造建築物等の組立て等作業主任者が知っておきたい知識や取得するメリット・その作業主任者の講習を受講内容を次に説明していきたいと思います