建設キャリアアップシステム:建築大工/登録建築大工基幹技能者の資格取得するメリットとは?スキルアップを解説

この記事では、建設キャリアアップシステムにおける建築大工として作業に従事ための能力評価基準をそれぞれのレベルに必要な基準を解説していきます。

と、自身のキャリア形成で将来的に「大きな仕事に就きたい」「今の仕事環境では不安だ」などと考えている方もいるのではないかと思います。

そこで、今回は建築大工としてキャリアアップするのに欠かせない「建設キャリアアップシステム」における建築大工の能力評価基準をそれぞれのレベルに合わせて解説していきたいと思います。

 
千尋さん保険屋
今回は大工さんですね
 
ネコマル
人気の仕事ですからね

建設キャリアアップシステムとは、インターネットサイトとICカードを利用して現場入場時にICカードを端末にチェックさせ、建設業で従事する労働者の入場管理からその方の資格情報や従事者記録を蓄積していき、その情報から、事業者の会社情報や社会保険の加入状況等を見える化していくシステムのことです。

現在、建設キャリアアップシステムは大手ゼネコンやサブコンでは導入が始まっており、今後民間のハウスメーカーでも導入が検討されています、

公共工事では既に必須になっており、今後この仕組みは全国に普及していく予定です。

このブログは他にもこのようなことがまとめてあります。合わせて気になる記事を確認してみてください。全体を確認するにはこちら

 建設キャリアアップシステム:建築大工/能力評価基準

建設キャリアアップシステム:鉄筋工能力評価基準
 
ネコマル
まずはこちらを説明
 
千尋さん保険屋
是非

建設キャリアアップシステムの能力評価制度は、建設技能者のレベルを経験・知識・技能・マネジメント能力の評価に基づき、4段階のランクで評価されたものとなっています。

4段階のランクとは、初級技能者からベテラン技能者へとランク分けされており、そのランク分けされたカードが職人さんごとに与えられます。

各レベルの目安としては、

  • レベル1:ホワイトカードの初級技能者
  • レベル2:ブルーカードの中堅技能者
  • レベル3:シルバーカードの職長として現場に従事できる技能者
  • レベル4:ゴールドカードの高度なマネジメント能力を有する技能者(登録基幹技能者など)

各職種により、レベル1~4の取得に必要な条件が異なります。

また、丸ノコのような建築大工に必要な様々な資格や工具の知識も必要とします。

関連記事

この記事では、丸ノコでも携帯式の工具について解説していきます。また、携帯式の丸ノコではどういったものがおすすめなのか選ぶポイントとおすすめの最新機種を紹介していきたいと思います。https://nekomaru.site[…]

最新機種と選び方のポイントを解説:丸のこ等取扱いする特別教育とDIYで使いやすい機械選び方は?125mm・165mmどちら?

では、建築大工の能力評価基準に必要な条件をそれぞれ解説していきます。

建設キャリアアップシステム:建築大工/能力評価基準レベル4

 
千尋さん保険屋
どんな資格が必要ですか?
 
ネコマル
難しいですよ。。

就業日数

建築大工技能者 能力評価レベル4になるには、建設業での就業日数10年(2150日)、職長として3年(645日)の経験を積んだベテラン職人になる必要があります。

必要資格

  • 登録建築大工基幹技能者
  • 優秀施工者国土交通大臣顕彰(建設マスター)
  • 安全優良職長厚生労働大臣顕彰
  • 卓越した技能者(現代の名工)
  • 技能グランプリ(金賞・銀賞・銅賞・敢闘賞)

上記のどれか一つを取得とレベル2と3の基準に示す保有資格を保有してることが基準です。

関連記事

この記事では、登録基幹技能者とはどういった資格なのか?登録基幹技能者になる方法と登録基幹技能者の認定職種について解説していきます。実は、登録基幹技能者になるには様々な条件をクリアしたうえでなることができる資格なのです。[…]

登録基幹技能者とは?職人のプロを目指す資格はこれ?建設キャリアアップシステムにも繋がるメリット:追加職種も紹介

登録建築大工基幹技能者とは?

 
千尋さん保険屋
登録基幹技能者とは?
 
ネコマル
結構なスペシャリスト

2008年1月に建設業法施行規則が改正され、「登録基幹技能者制度」として始まった資格です。

登録大工基幹技能者基幹技能者とは、国土交通省が発行する国家資格です。

登録基幹技能者の主な仕事は、施工方法や施工手順等の施工計画を元請けやゼネコンと調整することを行います。

更に、多くの人が働く現場の統括的な立場に立ち、他の作業員・他の職種と現場調整も行うのも登録基幹技能者の仕事です。

また、部下の指導施工方法の指導等を安全に計画的に品質を保っていくことも行う、重要なポジションをも担っています。

公共工事を行う会社であれば、この資格があれば公共入札の条件としてメリットはすごく大きいです。

なぜなら、経営事項審査の中で加点評価もあるため建設会社では受注しやすくなるメリットとなるからです。

※詳しくは「登録基幹技能者とは?」からご覧ください。

登録建築大工基幹技能者になるには、国土交通大臣が定めた下記の各講習実施団体が主催する認定講習会を受講する必要があります。

一般社団法人 日本木造住宅産業協会

日本木造住宅産業協会(木住協)の登録建築大工基幹技能者講習のページです。登録基幹技能者に関する、制度や講習についてはこち…

登録建築大工基幹技能者資格要件

  • 建築大工職種において 10年以上の実務経験があること
  • 実務経験のうち3年以上の職長(棟梁)経験があること
必要資格

職長・安全衛生責任者教育の修了を原則とし、次のどれかの資格を有していること

  • 一級建築大工技能士
  • 一級・二級建築施工管理技士
  • 一級・二級・木造建築士
  • プレハブ建築マイスター
  • 枠組壁建築技能士

申し込み手順としては、以下の通りになります。

まず、受講申込書・実務経験証明書と 資格証明書類のコピーを郵送します。

  1. 受講決定通知と受講に必要な諸手続きの案内が届きます。
  2. 受講手数料の支払いと受講に必要な書類の送付
  3. 受講票と教科書等の送付されてきます。
  4. 登録硝子工事基幹技能者講習・修了試験の実施になります。

受講し、修了試験まで合格すると、晴れて登録建築大工基幹技能者として認められるようになります。

関連記事

この記事では、職長安全安全衛生責任者と職長の違いについて解説していきたいと思います。また、現場での統括安全の重要性なども合わせて解説していきたいと思います。と、実際どんな資格内容なのかよく分からないですよね。そこで[…]

職長・安全衛生管理責任者の資格の受講内容と取得するメリットやその重要性について解説

建設キャリアアップシステム:建築大工の能力評価基準/レベル3

 
千尋さん保険屋
レベル3は?
 
ネコマル
この沢山の資格から取得する必要があります

就業日数

建設キャリアアップシステムでレベル3になるには、就業日数7年(1505日)職長又は班として0.5年(108日)の経験を必要とします。

必要資格

下記のうちから2つ以上の資格を取得していること

レベル2の基準に示す保有資格を持っていることが条件になりますが、少し資格が簡単なものから難しいものが混ざり過ぎているように思います。

大工の資格を取るならコレ!-建築大工技能士・プレハブマイスターについてスキルアップできる資格

関連記事

大工としてキャリアアップするには、大工に関する資格が必要不可欠です。ただ、大工に関する資格は多種多様で、どの資格を優先して取得すればいいのかよく分からない部分が多いのではないかと思います。そこで、今回は大工さんとして持って[…]

建築大工技能士・プレハブマイスターの資格とは?

次に建設キャリアアップシステムレベル2.1に関して説明していきたいと思います。

合わせて申し込み先なども記載しておきますのでチェックしてみてください。