建設キャリアアップシステム:基礎ぐい工事/能力評価基準と登録基礎工基幹技能者・基礎施工士資格を取得してスキルアップ | なんとなく生活に役立つ情報

建設キャリアアップシステム:基礎ぐい工事/能力評価基準と登録基礎工基幹技能者・基礎施工士資格を取得してスキルアップ

2020年9月3日CCUS,建設キャリアアップ(外国人雇用)建設知識

建設キャリアアップシステム:基礎ぐい工事における能力評価基準

この記事では、建設キャリアアップシステムにおける基礎ぐい工事に従事するための能力評価基準をそれぞれのレベルに必要な基準を解説していきます。

と、自身のキャリア形成で将来的に「大きな仕事に就きたい」「今の仕事環境では不安だ」などと考えている方もいるのではないかと思います。

そこで、今回は基礎ぐい工事職人としてキャリアアップするのに欠かせない「建設キャリアアップシステム」における基礎ぐい工事職人の能力評価基準をそれぞれのレベルに合わせて解説していきたいと思います。

千尋さん新人保険屋

基礎杭?

ネコマル

基礎杭は、建物・構造物の基礎ぐいです
非常に重要な仕事です

建設キャリアアップシステムとは?

建設キャリアアップシステムとは、インターネットサイトとICカードを利用して現場入場時にICカードを端末にチェックさせ、建設業で従事する労働者の入場管理からその方の資格情報や従事者記録を蓄積していき、その情報から事業者の会社情報や社会保険の加入状況等を見える化していくシステムのことです。

現在、建設キャリアアップシステムは大手ゼネコンやサブコンでは導入が始まっており、今後民間のハウスメーカーでも導入が検討されています、

公共工事では既に必須になっており、今後この仕組みは全国に普及していく予定です。

このブログは他にもこのようなことがまとめてあります。合わせて気になる記事を確認してみてください。全体を確認するにはこちら

このサイトで紹介したアイテムをこちらで少しづつまとめていますので、良ければチェックしてみてください。。

ヘッドライト・現場で使えるカバンとかいろいろまとめています。

ネコマル のROOM - 欲しい! に出会える。 (rakuten.co.jp)

建設キャリアアップシステム:基礎ぐい工事能力評価基準

建設キャリアアップシステム:基礎ぐい工事能力評価基準
千尋さん新人保険屋

おい!ネコマルさん、
建設キャリアアップシステムってなんですか??

ネコマル

ここをしっかり理解しないとまずいね。

建設キャリアアップシステムの能力評価制度は、建設技能者のレベルを経験・知識・技能・マネジメント能力の評価に基づき、4段階のランクで評価されたものとなっています。

4段階のランクとは、初級技能者からベテラン技能者へとランク分けされており、そのランク分けされたカードが職人さんごとに与えられます。

各レベルの目安としては、

  • レベル1:ホワイトカードの初級技能者
  • レベル2:ブルーカードの中堅技能者
  • レベル3:シルバーカードの職長として現場に従事できる技能者
  • レベル4:ゴールドカードの高度なマネジメント能力を有する技能者(登録基幹技能者など)

各職種により、レベル1~4の取得に必要な条件が異なります。

では、基礎ぐい工事職人としての能力評価基準の条件を解説していきましょう。

建設キャリアアップシステム:基礎ぐい工事能力評価基準 レベル4

基礎ぐい技能者 能力評価レベル4(最高ランク)
ネコマル

基礎ぐい工事職人の頂点を目指すなら、レベル4を目指しましょう

千尋さん新人保険屋

グイッと頂点目指して欲しいです!

就業日数

建設キャリアアップシステムでレベル4になるには、建設業での就業日数10年(2150日)職長として3年(645日)の経を積んだベテラン職人になります。

必要資格

必要な資格として下記の資格からいずれか一つを取得する必要があります。

  • 登録基礎工基幹技能者
  • 1級土木施工管理技士
  • 1級建築施工管理技
  • 1級建設機械施工技士
  • 優秀施工者国土交通大臣顕彰(建設マスター)

また、レベル2と3の基準に示す保有資格も併せて取得しているのが条件になります。

登録基礎工基幹技能者とは?

基礎工事は特殊な工種の為、元請・下請負契約により施工するという仕組みの中、工事は責任施工の下請の責任施工が強く、旭化成の杭偽装問題でもそうでしたが、施工管理等は専門工事業者が担当しています

基礎工事の施工計画の段階より、安全・品質・工程・環境等、生産性向上に向けた工事実施段階の作業計画立案に参画して基礎工事の施工管理は基礎施工士が行っており、管理寄りであり今後は作業に関して登録基礎工基幹技能者がメインになってきます。

受講条件と必要資格

建設工事の種類で「とび・土工工事業」という建設業の種類の中の「くい打ち、くい抜き及び場所打ぐいを行う工事」に10年以上の実務経験を有する者をいう。

講習科目および講習時間
  • 基幹技能一般知識に関する科目・・120分
  • 基幹技能関係法令に関する科目・・60分
  • 建設工事施工管理に関する科目・・520分

合計700分の講習になります。

この講義が終了後、修了試験を受けて合格すれば、晴れて登録基礎工基幹技能者として現場で活躍することができます。

建設キャリアアップシステム:基礎ぐい工事能力評価基準 レベル3

基礎ぐいの建設キャリアシステムレベル3の要件
ネコマル

基礎施工士になれば技能者として最強の資格になります

千尋さん新人保険屋

そんな資格もあるんだ

就業日数

建設キャリアアップシステムでレベル3になるには就業日数7年(1505日)、 職長又は班長として 3年(645日)の経験がある人です。

必要資格

下記の資格から1つ取得必要になります。

また、職長・安全衛生責任者教育とレベル2の基準に示す保有資格は必ず保有しないとレベル3にはなれません。

基礎施工士資格とは? 受験資格など説明

建設工事において重要な基礎工事、場所打ちコンクリート杭・既製 コンクリート杭は、地中深くに埋まる為品質管理はなかなか難しいです。

施工と高度な品質管理により、工事を安全かつ円滑に施工するために必要な知識と技術を備えた試験合格者を「基礎施工士」と言います。

「基礎施工士」の資格の種類
  • 以前取得の既製杭施工管理技士保有者は「基礎施工士(既製コンクリート杭)」となります。
  • 以前取得の基礎施工士保有者は「基礎施工士(場所打ち杭)」となります。
  • 既製杭施工管理技士・基礎施工士両資格保有者は「基礎施工士」として資格を名乗れます。

設計地盤、労働安全衛生法、環境法令(騒音、振動など)、主材料、 施工など択一式問題と、場所打ちコンクリート杭工事・既製コンクリート杭 工事の経験を主とした記述式問題とでなっています。

基礎施工士受験資格と受講資格
  1. 大学の指定学科を卒業後、実務経験1年6ヶ月以上の者。
  2. 大学卒業後、実務経験が2年6ヶ月以上の者。
  3. 短大、高専の指定学科を卒業後、実務経験が2年6ヶ月以上の者。
  4. 短大、高専のを卒業後、実務経験が3年6ヶ月以上の者。
  5. 高校の指定学科を卒業後、実務経験が3年6ヶ月以上の者。
  6. 高校を卒業後、実務経験が5年6ヶ月以上の者。
  7. 中学卒業後、実務経験が8年以上の者。

以上の経験がある人が受験資格を得ることができます。

実施団体は以下のサイトになります。

建設キャリアアップシステム:基礎ぐい工事能力評価基準 レベル2

基礎ぐいの建設キャリアアップシステムレベル2の技能判定
千尋さん新人保険屋

車両系の資格が多いですね。

ネコマル

車両系建設機械の資格は必須ですね

就業日数

就業日数3年(645日)の経験が必要になります。

必要資格

どれか、資格を一つ保有していれば大丈夫です。

建設キャリアアップシステム:基礎ぐい工事能力評価基準 レベル1

基礎ぐい工になりたてのレベル1
ネコマル

資格持っていたり経験があるのにレベル1では悲しいですよね。
資格紛失してたら再発行をしましょう。

千尋さん新人保険屋

私は資格なんにも持ってないので、心配ないです!

建設キャリアアップシステムに技能者登録され、かつ、レベル2から4までの判定を受けていない技能者で、まだ経験をこれから積む人や、判定を受けて無い人はレベル1になります。

基礎ぐい工事職人は転職可能?

千尋さん新人保険屋

グイッとキャリアアップしたいですね!

ネコマル

そうだね。こんなサイトがありますよ。

資格取得したらやはり単価と給与はベースアップしたいところです。私も実際3回も転職してます。

ただ、なかなか転職サイトをみても建設業に特化した求人が少ないですよ。

そこで、建設業に特化した正社員求人が満載のこちらのサイトを紹介します。登録しておくと、職人や施工管理など81種類の職種から求人を検索できるのであなたの希望する求人を見つけやすくなります。

新しい仕事をこちらで登録してチェックしてみましょう。

建設キャリアアップシステム:基礎ぐい工事職人 申込先

建設キャリアアップを運用している建設業振興基金の建設キャリアアップのHPは以下の通りです。

CCUSの詳細 基礎くい工事 建設キャリアアップシステム 申込みの詳細

建設キャリアアップシステム 基礎杭 事業者登録

建設キャリアアップシステム 基礎杭技能登録

申請の書類やQ&A等が記載されておりますのでご活用下さい。

まとめ

今回は、建設キャリアアップシステムを通して、基礎ぐい職人としての能力評価基準を解説していきました。

今回のまとめはこちらになります。

今回のまとめ
  • レベル4
    • 就業日数:10年(2150日)、さらに職長として3年(645日)の経験
    • 必要資格:下記の資格からいずれか一つを取得する必要
      • 登録基礎工基幹技能者
      • 1級土木施工管理技士
      • 1級建築施工管理技士
      • 1級建設機械施工技士
      • 優秀施工者国土交通大臣顕彰(建設マスター)
  • レベル3
  • レベル2
  • 登録基幹技能者
    • 就業日数:基礎工事実務経験10年以上で職長経験3年以上の者
    • 必要資格:
  • 基礎ぐい技能士
    • 資格種類
      • 以前取得の既製杭施工管理技士保有者は「基礎施工士(既製コンクリート杭)」となります。
      • 以前取得の基礎施工士保有者は「基礎施工士(場所打ち杭)」となります。
      • 既製杭施工管理技士・基礎施工士両資格保有者は「基礎施工士」として資格を名乗れます。
    • 受験資格
      • 大学の指定学科を卒業後、実務経験1年6ヶ月以上の者。
      • 大学卒業後、実務経験が2年6ヶ月以上の者。
      • 短大、高専の指定学科を卒業後、実務経験が2年6ヶ月以上の者。
      • 短大、高専のを卒業後、実務経験が3年6ヶ月以上の者。
      • 高校の指定学科を卒業後、実務経験が3年6ヶ月以上の者。
      • 高校を卒業後、実務経験が5年6ヶ月以上の者。
      • 中学卒業後、実務経験が8年以上の者。

保有資格として定められているものが多いですが、いずれも基礎ぐい工事には欠かせない資格でもあります。

建設キャリアアップシステムに定められていなくとも、日々の作業には必要な資格であり、まら自身のキャリア形成にも役立つものだといえます。

是非、道のりは長いですがレベルアップを目指してみてください。

(Visited 18 times, 1 visits today)

新着記事

Thumbnail of new posts 184

: 現場知識と勉強

アスファルト工事の施工手順と施工のポイントのまとめ 舗装工事を行う際の管理ポイントと施工の流れとは?

この記事では、道路舗装工事の施工方法と施工する際に気を付けたいポイントを現役現場 ...
Thumbnail of new posts 177

: 建設業給与

簡単なマンガ絵で建設業 インボイス制度を把握する。税の支払いの抜け道はあるのか?

この記事は、インボイス制度について非常にわかりにくい内容を簡単にわかるように、実 ...
Thumbnail of new posts 073

: その他資格

JR工事携わる鉄道資格についてのまとめ、専門資格を2回にわけて紹介、線路工事のスペシャリストとは?

この記事では、一般的な建設業では触れられない鉄道工事について解説していきます。 ...
Thumbnail of new posts 062

: つぶやき、ひとりごと

現場監督/施工管理技士は在宅ワークで仕事が可能か?自宅で実際の現場の職人を使うことが出来るのか?

  先日より娘がコロナに罹り、久しぶりの在宅となった矢先に次は嫁がコロナに罹患し ...
Thumbnail of new posts 055

: CCUS

技能講習一覧と資格の解説を建設キャリアアップシステムとのレベルアップする方法と合わせてまとめ

技能講習を今回一覧でまとめてみました。技能講習は国家資格にて建設業では必須の資格 ...