最近の記事

基礎ぐい工事建設キャリアアップシステムゴールドカード取得と登録基幹技能者

2020年9月3日CCUS,建設キャリアアップ(外国人雇用)

建設キャリアシステム基礎ぐい工事で技能者レベル判定でスキルアップ「建設キャリアアップシステム」はwebサイトとICカードを組み合わせて、建設技能労働者や事業所の情報をデータ化する仕組みの事です。特に杭工事は難しい仕事です。その内容をまとめてみました。

この記事は建設キャリアアップシステムの基礎杭の工事職人さんが、どのような資格を取得すれば頂点になれるのかと杭工事の問題などを申し込みなども含めてまとめています。

このシステムは公共工事および民間の大手建設会社、大手住宅企業でも導入が予定されており、様々な現場でカード提示が求められます。

このブログは他にもこのようなことがまとめてあります。合わせて気になる記事を確認してみてください。全体を確認するにはこちら

基礎ぐい工事建設キャリアアップ能力評価基準

能力評価制度は、建設技能者のレベルを経験・知識・技能・マネジメント能力での評価を基本に4段階で評価したものです。
各レベルの目安としては

  • レベル1:初級技能
  • レベル2:中堅技能者
  • レベル3:職長として現場に従事できる技能者
  • レベル4:高度なマネジメント能力を有する技能者(登録基幹技能者など)となります。

各職種により、レベル1~4の取得に必要な条件が異なります

資格取得したらやはり単価と給与はベースアップしたいところです。私も実際3回も転職してます。

ただ、なかなか転職サイトをみても建設業に特化した求人が少ないですよ。

そこで、建設業に特化した正社員求人が満載のこちらのサイトを紹介します。登録しておくと、職人や施工管理など81種類の職種から求人を検索できるのであなたの希望する求人を見つけやすくなります。

新しい仕事をこちらで登録してチェックしてみましょう。



施工管理で有れば、人材紹介会社を使うことで建設コンサルタント、ゼネコン施工管理、建設機械営業など施工管理の希望の転職も可能になります。



基礎ぐい技能者 能力評価レベル4(最高ランク)

基礎杭工事で一番の職人になるには?どんな資格が必要か
杭打ち工事は溶接作業が多いのでこのアイテムは欲しい

建設キャリアアップシステムでレベル4になるには、建設業での就業日数:10年(2150日)と職長として3年(645日)の経験を積んだベテラン職人になります。

必要な資格として下記の資格から一つ取得しないとならない。

  • 登録基礎工基幹技能者
  • 1級土木施工管理技士
  • 1級建築施工管理技士
  • 1級建設機械施工技士
  • 優秀施工者国土交通大臣顕彰(建設マスター)

レベル2と3の基準に示す保有資格も併せて取得しているのが条件になります。

登録基礎工基幹技能者と受験要件とは

基礎工事は特殊な工種の為、元請・下請負契約により施工するという仕組みの中、工事は責任施工の下請の責任施工が強く、旭化成の杭偽装問題でもそうでしたが、施工管理等は専門工事業者が担当しています

基礎工事の施工計画の段階より、安全・品質・工程・環境等、生産性向上に向けた工事実施段階の作業計画立案に参画して基礎工事の施工管理は基礎施工士が行っており、管理寄りであり今後は作業に関して登録基礎工基幹技能者がメインになってきます。

登録基礎工基幹技能者講習を受講でスーパー職長

基礎杭工事で職人の中で経験が豊富な最上位の資格
杭打ち工事は精度はこれで確認 

建設工事の種類で「とび・土工工事業」という建設業の種類の中の「くい打ち、くい抜き及び場所打ぐいを行う工事」に10年以上の実務経験を有する者をいう。

講習科目および講習時間

  • 基幹技能一般知識に関する科目・・120分
  • 基幹技能関係法令に関する科目・・60分
  • 建設工事施工管理に関する科目・・520分

合計700分の講習になります。

登録基礎ぐい工事試験(基礎施工士資格)受験

基礎杭工事の品質や施工の知識を持つスペシャリストの資格
ポイント出しにはスプレーが必須

建設工事において重要な基礎工事、場所打ちコンクリート杭・既製 コンクリート杭は、地中深くに埋まる為品質管理はなかなか難しいです。施工と高度な品質管理により、工事を安全かつ円滑に施工するために必要な知識と技術を備えた試験合格者を「基礎施工士」と言います。

「基礎施工士」とは資格の種類

  • 以前取得の既製杭施工管理技士保有者は「基礎施工士(既製コンクリート杭)」となります。
  • 以前取得の基礎施工士保有者は「基礎施工士(場所打ち杭)」となります。
  • 既製杭施工管理技士・基礎施工士両資格保有者は「基礎施工士」として資格を名乗れます。

設計地盤、労働安全衛生法、環境法令(騒音、振動など)、主材料、 施工など択一式問題と、場所打ちコンクリート杭工事・既製コンクリート杭 工事の経験を主とした記述式問題とでなっています。

基礎施工士受験資格と受講資格は
  1. 大学の指定学科を卒業後、実務経験1年6ヶ月以上の者。
  2. 大学卒業後、実務経験が2年6ヶ月以上の者。
  3. 短大、高専の指定学科を卒業後、実務経験が2年6ヶ月以上の者。
  4. 短大、高専のを卒業後、実務経験が3年6ヶ月以上の者。
  5. 高校の指定学科を卒業後、実務経験が3年6ヶ月以上の者。
  6. 高校を卒業後、実務経験が5年6ヶ月以上の者。
  7. 中学卒業後、実務経験が8年以上の者。

以上の経験がある人が受験資格を得ることができます。

基礎ぐいの建設キャリアシステムレベル3の要件

建設キャリアアップシステムでレベル3になるには?就業日数7年(1505日) 職長又は班長として 3年(645日)の経験がある人が下記の資格の要件からLevel 3になれます。

下記の資格から1つ取得必要になります。

職長・安全衛生責任者教育とレベル2の基準に示す保有資格は必ず保有しないとレベル3にはなれません。

基礎ぐいの建設キャリアアップシステムレベル2の技能判定

基礎工事には様々な資格や講習があるたくさん取り知識をつける

架台の鋼材吊り込みには固定確認ヨシ!安全靴ヨシ!

就業日数3年(645日)の経験が必要になります。

どれか、資格を一つ保有していれば大丈夫です。

基礎ぐい工になりたてのレベル1

資格持っていたり経験があるのにレベル1では悲しいですよね。資格紛失してたら再発行を

建設キャリアアップシステムに技能者登録され、かつ、レベル2から4までの判定を受けていない技能者で、まだ経験をこれから積む人や、判定を受けて無い人はレベル1になります。

旭化成ホームズの下請いじめと偽造

変わないのが大手企業でハウスメーカーの悪いところは下請けイジメ

証拠集めにはこれが最適

旭化成建材が横浜市都筑区のマンションで杭の偽造をしデータを改竄した内容はまだ記憶に新しいと思います。

竣工時期 : 平成19年12月 (基礎ぐい工事の工期は平成17年12月~平成18年3月)

  • 事業主 : 三井不動産レジデンシャル(株)
  • 設 計 : 三井住友建設(株)
  • 施 工 : [元請]三井住友建設(株)
  • 一次下請、日立ハイテクノロジーズ(株)
  • 二次下請、旭化成建材(株)

経緯として

  1. 建物のジョイント部で約2cmの段差があることを住民が指摘(平成26年11月)
  2. 基礎ぐいの支持層未達6本、根入れ不足2本の可能性が判明(平成27年9月24日)
  3. 施工データの流用等(計70本)が判明(10月6日、16日)

このような経緯があり二次下請であった旭化成は謝罪する事になった経緯があり、旭化成の株価も暴落しました。

旭化成ホームズ下請イジメはひどい

下請の苦しみはわかったはずなのにですが、最近よく聞く内容としては、子会社のヘーベルハウスメーカーの旭化成ホームズです。

旭化成ホームズはヘーベルハウスの建築施工を販売施工する会社です。

の工事を子会社に発注請負させています。

ただ、100%の子会社発注ではなく一般工務店請負もさせており、子会社にはキツイ条件の案件を提供し、かなり厳しい工期で施工させている中で一般請負の工務店には安全工程も緩く子会社イジメがすごいと言われてます。

杭の偽装で何を学んだのか?

旭化成ホームズの下請いじめでは、夏場空調服を絶対条件で作業させたりしていると聞きます。

強制で従わないものは現場に入れさせないと言う業法スレスレです。

特に子会社をイジメてるようでは、コロナで自社を守ることすら出来ないではと思います。

基礎杭工事建設キャリアアップシステム詳細や料金申し込み

建設キャリアアップシステムの申し込みや料金などはこちらから確認出来ます。

建設キャリアアップを運用している建設業振興基金の建設キャリアアップのHPは以下の通りです。

CCUSの詳細基礎くい工事申込みの詳細

建設キャリアアップ基礎杭事業者登録詳細

建設キャリアアップ基礎杭技能登録