最近の記事

マニアック資格:車両系建設機械(基礎工事用)の技能講習や資格取得の受講方法について解説!

2020年12月5日安全教育,特別教育・技能講習,資格講習

この記事では、車輛系建設機械の中でも、基礎工事で扱う車両系建設機械の資格取得の方法や技能講習の内容について解説していきたいと思います。

また、基礎工事で使われる車両系建設機械にはどのようなものがあるかについても合わせて解説していきたいと思います。

基礎工事で扱う建設機械って何があるんだろう?くい打ち機かな?

と、このように基礎工事で扱うものといえばユンボやダンプトラック、杭打ち機が思い浮かぶのではないかと思います。

基礎工事でのひとつでもある、杭打ち工事では車輌系建設機械の基礎工事用の資格を取得しておく必要があります。

そこで、基礎の施工機械も含めながら資格の取得方法について解説していきたいと思います。

このブログは他にもこのようなことがまとめてあります。合わせて気になる記事を確認してみてください。全体を確認するにはこちら

車輛系建設機械:杭打ち工事に必要な資格講習取得方法とは?

マニアック資格:車両系建設機械(基礎工事用)の技能講習や資格取得の受講方法について解説

車両建設機械(整地・運搬・積込)解体とは違う、杭工事に必要な建設機械の資格の内容について解説していきます。

車両系建設機械の基礎工事に伴う資格は講習で取得することができますが、この技能講習取得するには保有している資格によって取得時間が変わります。また、操縦する建設機械が3トン未満だと特別教育になります。

3トン以上の技能講習を受講すると大きな機械でも操作が可能になります。

3トン以上になると技能講習を受ける必要があるんだね

技能講習の時間は、受講資格によって違います。

また、受講資格は既に保有している資格によって違うのでしっかりチェックしてから受講するようにしましょう。

車両系基礎技能講習9時間の場合

受講資格は、移動式クレーン運転士免許所持者が対象になります。

技能講習21時間の場合

受講資格は、建設機械施工技士1級又は、2級(第1種~第5種)合格者が対象となります。

ちなみに、令和3年度から建設機械施工管理技士に名前が変わったので、資格の名称変更は把握しておくようにしましょう。

車両系基礎技能講習25時間の場合

受講資格は以下の資格を保有している方が対象となりますが、通常は車輌系建設機械のいずれかの資格を取得して受講されてる方が多いです。

車両系基礎技能講習29時間の場合

受講資格は、小型車両系建設機械等(整地等、解体、基礎工事、不整地運搬車)の特別教育を修了してから業務経験が6ヶ月以上ある方が対象となります。

車両系基礎技能講習39時間の場合

上記のいずれにも該当しない方が対象となります。

つまり、39時間の講習を受講すれば、経験なしでも取得可能ということです。

大型機械なので、動かすには相当な緊張感があります。

小型車両系だけでは特別教育を受講しても現場ではあまり役に立たないので、技能講習を受講しておくとよいかと思います。

基礎杭工事には移動式クレーン運転士免許は必須

基礎杭工事には移動式クレーン運転士免許は必須

先述したように基礎工事の杭打ち作業で建設機械を操縦する場合、移動式クレーンの資格が必要になります。

移動式クレーン運転士免許の資格は、吊り上げ荷物によって免許の内容が異なります。

  • 移動式クレーン運転士免許:5t以上の荷物を吊り上げる事が可能になります。クレーンは種類があるがほとんどのクレーン操作が可能です。
  • 技能講習で小型移動式クレーンという資格もあります。こちらは4.9t以下の荷物を吊る事しか出来ませんが、ユニックの車両型で引っ越しでピアノの運搬等やる人はこちらの資格取得している人が多いです。

つまり、基礎工事で杭打ち機を操縦するのであれば、「杭」を吊り下げするので移動式クレーンの資格が必須となりますので、合わせて取得しておくようにしましょう。

下の記事では、その移動式クレーンの資格内容について解説しているので合わせて読んでみてください。

資格取得したらやはり単価と給与はベースアップしたいところです。私も実際3回も転職してます。

ただ、なかなか転職サイトをみても建設業に特化した求人が少ないですよ。

そこで、建設業に特化した正社員求人が満載のこちらのサイトを紹介します。登録しておくと、職人や施工管理など81種類の職種から求人を検索できるのであなたの希望する求人を見つけやすくなります。

新しい仕事をこちらで登録してチェックしてみましょう。



施工管理で有れば、人材紹介会社を使うことで建設コンサルタント、ゼネコン施工管理、建設機械営業など施工管理の希望の転職も可能になります。



車両系建設機械(基礎工事用)の資格を取得するならこちらも取得

車両系建設機械(基礎工事用)の資格を取得すると、杭打ち機を操縦することができるだけではありません。

建設キャリアアップシステムに登録している場合、このような「基礎ぐい工事」の技能者評価が上がるというメリットがあります。

建設キャリアアップシステムでの最高評価、ゴールドカードになると職長のなかでもトップの「登録基幹技能者」として活躍することができます。

もう少し詳しく知りたいのであれば、是非下の記事のまとめてあるので合わせて読んでみてください。

車輛系建設機械基礎工事:杭打ち工事はどんな機械を使う?

基礎工事は種類が多くて迷うなあ…

と、このように杭打ち機といってもその工事の内容によって様々な種類があるので、ここでは主要となる機械について解説していきます。

杭打ち機について

杭打ちとは、大切な建物や家を地震や沈下から防ぐ為、支持する為の非常に重要な作業となります。

その作業を行う機械を「杭打ち機」と呼びます。

杭打ち機について
杭打ち機とは

杭となる鉄の棒・コンクリートの棒を直接地面に打ち込みするのですが、上から叩くと折れちゃうので、穴堀りながら杭を入れるように操縦ができる機械です。

叩き込む機械もありますが、そのような機械は後ほど解説していきます。

下の機械は新しく土地を購入したら昔の杭が打ち込んある場合にそれを抜きとる機械です。

打つときも抜くときも基本同じような杭打ち機械を使っています。

アースドリルについて

アースドリルについて
丸五基礎工業引用
アースドリルとは

既存杭(製品の杭)ではなく、現場内で穴を掘って岩盤に当たるまでズーっとドリルで掘っていきます。

次に、岩盤まで辿り着いたら下に溜まった泥や汚れを除去して、鉄筋籠(鉄筋で作られた筒を)建て込みます。

あとはジャンジャンコンクリートを入れていきます。

このようにコンクリートを流して杭を打つ機械をアースドリルと呼びます。

リバースサーキュレーションについて

リバースサーキュレーションとは

簡単にいえば、アースドリルと同じ工法になります。

例えば、川の近くや海の近くのマンションでは豊洲みたいに地下水位が高いことがあります。

その場合、アースドリルみたいに穴を掘ると水が出てくるので、水を抜かないといけないと考えるかもしれませんが、水を抜いてしまうと周りが崩れる危険性があります。

しかし、水を張ったまま穴を掘って、鉄筋籠を入れていきます。

水を抜かないのは、掘ったところが水の水圧で保護されたままになるので、崩れるリスクが減るからです。

まとめますと、リバースサーキュレーションは水を抜きながらコンクリートと入れ替えしていく方法です。

先述したように、このような機械を操作には車両建設機械(整地・運搬・積込)や解体と違い、杭工事専用の基礎の資格が必要になります。

杭打ち機械には、新幹線を作っている「日本車両」製造などの大型基礎機械の作成メーカーがいろいろあります。

杭打ち機カッコイイですね。

車輛系建設機械の基礎杭工事に携わるなら知っておきたい工具

基礎工事をする際は、大型の建設機械を使って工事をすることが通常です。

ただ、今回紹介している工具は基礎工事で扱う杭ではなく、主に柵や柱を立てるときに地面に穴をあける工具です。

大径の樹木等を植えるときにも使えるので、園芸用としても使用することができます。

また、マキタの40vはエンジンタイプと変わらないほどのパワーがあるので、コードレスながらも快適に穴あけを効率よく行うことができます。

また、エンジンタイプに比べ、静音設計になっているので大きな音に悩まず作業を進めることができます。

是非、杭打ち機と合わせてチェックしてみると面白いかもしれませんよ。

車輛系建設機械杭打機はどうやって現場に来るのか?

ここまで、様々な杭打ち機を紹介していきましたが、共通して杭打機は大型であることが分かります。

こんな大きな機械はどうやって運んでくるんだろう?

と、このように実際どうやって搬入されているのか気になるかと思いますので、小型の場合と大型の場合での杭打機搬入方法を比較して解説していきたいと思います。

ユンボで杭打ちをしていく場合

太陽光発電を建設する際にも杭打ち基礎工事を行います。

そうした工事の場合はユンボにて杭を打ち込んでいく工法になりますが、見てわかるように杭の大きさが細いですよね。

ユンボほどの小型の場合は、通常の建設機械の搬入と同様にダンプトラックなどで搬入していきます。

大型の杭打ち機の場合

杭打ち機の大きさがわかると思います。

こちらがパイルドライバーという機械で、非常に大きいのがわかります。

これをすべてパーツで分け、キャタピラー・本体・建て込み部分等6パーツで分解されて現場搬入になります。

組立も解体も現場で行われます。

車輛系建設機械基礎杭工事で労災事故事例を確認

三重・津労働基準監督署は、くい打ち機の変更作業を行う際の作業手順や方法を定めなかったうえ、作業指揮者が直接指揮を行わなかったとして、建設業の㈱小澤土木(静岡県浜松市)と現場代理人であった同社取締役を、労働安全衛生法第20条(事業者の講ずべき措置等)違反の疑いで津地検に書類送検した。23歳の男性労働者がくい打ち機に頭を挟まれ、死亡する労働災害が発生している。

災害は令和2年12月15日、三重県津市にある須賀瀬大橋の橋梁耐震補強工事で発生した。労働者はくい打ち機にドリルガイドを取り付ける作業に従事していた。くい打ち機を操作していた別の労働者の誤操作で取付け部分が回転し、頭を強く挟まれている。

死亡した労働者は、くい打ち機の下に潜り込んで作業していた。同労基署によると、くい打ち機に頭を挟まれて死亡する事案は多くないとしている。

労働新聞社引用

このような大型の建設機械を扱う場合、乗用車に比べて死角が多いという事実があります。

そのため、大型車両を扱う現場では、誘導員を配置したり、建設機械の周りの安全確保を行うなどして徹底した安全管理を求められます。

車輛系建設機械を取り扱う現場では、労働災害が比較的多いのでより一層の安全確認を現場で徹底するようにしましょう。

 まとめ

今回は、車輛系建設機械の基礎工事用の資格についてと、その資格で操縦できる杭打機について解説していきました。

まとめますと、

  • 車輛系建設機械の基礎工事とは、建築物を支えるために杭を打つ作業の事である
  • 既存の杭を打つ作業以外にも、穴をあけてコンクリートを流す杭打ち作業をする
  • 杭打機を操縦するには杭を吊り下げるため、移動式クレーンの資格も必要となる
  • 資格の受講時間は保有している資格や業務経験によって変わる
  • 未経験でも取得ができる資格
  • 車輛重量3トン以上で技能講習。3トン以下で特別教育を受講する必要がある

ですね。

基礎工事で活躍するには、様々な工法や杭打ち機械の操作方法を知っておかないとなりません。

車輌系建設機械だけの資格だけでは基礎打ち機械は操作出来ないので、移動式クレーン運転士免許取得をした方がスキルアップになります。

ただ、死亡災害や労働災害も頻度的には発生しているので、正しい知識が必要です。