広告 楽天ランキング4冠獲得【VOICE 5ライン グリーンレーザー墨出し器】

橋梁建設キャリアアップシステム評価レベルとゴールドカード取得と登録基幹技能者

2021年3月31日建設キャリアアップ(外国人雇用)建設キャリアアップ、建設知識、資格

橋梁の建設キャリアアップシステムで技能者レベル判定基準と必要な資格と、システムはWEBサイトとICカードを利用して、建設技能労働者や事業所の情報をデータ化するしていく仕組みで官民現場の効率化などを目指して作られました。

橋梁架設工事は大規模な工事です。重架設の中でも知識が必要な工事の職人の頂点になるには、必要な資格を建設キャリアアップシステムに沿ってまとめています。

今後、様々な現場でカード提示が求められます。その必要な資格と判定の基準とは、今回は橋梁工事をまとめてみました。

橋梁工事建設キャリアアップの評価レベル

能力評価制度は、建設技能者のレベルを経験・知識・技能・マネジメント能力での評価を基本に4段階で評価したものです。

  • レベル1:初級技能
  • レベル2:中堅技能者
  • レベル3:職長として現場従事できる技能者
  • レベル4:高度なマネジメント能力を有する技能者=登録基幹技能者など

各職種により、レベル1~4の取得に必要な条件が異なります。

橋梁工事ランクレベル4のキャリアアップランク

この資格取得すれば職人の中で、ナンバーワン!

  • 登録橋梁基幹技能者
  • 1級土木施工管理技士
  • 優秀施工者国土交通大臣顕彰(建設マスター
  • 安全優良職長厚生労働大臣顕彰

上記の資格のうち1つ保有をしないとレベル4になれません。

また資格としてはレベル2、3の基準に示す保有資格していて、作業従事で10年間で2150日作業された方で職長として は3年645日の経験が必要になります。

登録橋梁基幹技能者の要件取得方法

この資格取得でスーパー職長になれる。

鋼橋架設工事の登録橋梁基幹技能者は高い技能に、経験や知識を持っているスーパー職長になります。

ゼネコンや元請の監督者に対し鋼橋架設工法対して効率的な作業方法の提案・調整。

他の技能者に対しての指導・監督まで架設工事の安全、品質で最も重要な役割を持つ技能者です。

資格取得の条件は

  1. 鋼橋架設工事の実務経験 10 年以上
  2. 次の教育・講習を修了していること

3.職長として 3 年以上の実務経験を有していること職長教育を修了して、受講申込日までに 3 年以上の職長経験を有している者。

5.年齢が28歳以上であること

試験講習の内容として

  • 基幹技能一般知識に関する科 目
  • 工事現場における基幹的な役割及び当該役割を担うために必要な技能に関する事項
  • 基幹技能関係法規に関する科 目
  • 労働安全衛生法その他関係法令に関する事項
  • 建設工事の施工管理、工程管 理、資材管理、その他の技術上 の管理に関する科目

認定講習最終日(4 日目)の講義終了後、試験を行われます90分間で、出題数 50問の講習試験です。

建設キャリアアップレベル3の橋梁工事

技能講習取得で作業主任者になり、経験を積む。

上記の資格のうちどちらかを取得

職長・安全衛生責任者教育

レベル2の基準に示す保有資格

現場経験としては7年(1505日)が必要で、職長として1年(215日)にて上記の資格保有が必要

キャリアアップのレベル2技能者

H鋼やベントの材料の荷上げには玉掛けは必須。

3年(645日)の建設キャリアを積んだなかで両方の資格が必要になります。

現場始めての判定されてないレベル1

高所作業になるので正しい墜落防止の知識を学ぼう。

建設キャリアアップシステムに技能者登録され、かつ、レベル2から4までの判定を受けていない技能者はランク1になります。

(一社)日本橋梁建設協会が運営団体のキャリアアップシステム

同じような不祥事は建設業のイメージ悪くなる。

橋梁大手の駒井ハルテックやIHIなどが幹事団体の役員です。

例えば、駒井ハルテックは税務調査にて、元従業員及び現従業員が当社の取引先を経由して 2012年3月頃より不正な取引を行っていた可能性が発覚

IHI(旧石川島播磨重工業)では資格を持たない従業員が航空機のエンジン検査を行ってテレビでも取り上げられて、検査関係の偽造

更に橋梁工事では団体に所属してる有名橋梁会社が橋梁工事を巡る談合事件で、横河ブリッジらメーカー11社の担当者が、独占禁止法違反(不当な取引制限)の疑いで逮捕されている。

横河ブリッジ、JFEエンジニアリング、東京鉄骨橋梁、石川島播磨重工業、宮地鉄工所、川田工業、高田機工、栗本鉄工所、三菱重工業、川崎重工業、松尾橋梁などの企業不祥事を起こしている。

橋梁架設は命がけでスケールが大きな工事で裏では、各社が不正ばかりこの団体も大丈夫なんでしょうか?

橋梁工事建設キャリアアップシステムの内容とは

建設キャリアアップシステムの申し込み方法はこちら

建設キャリアアップを運用している建設業振興基金の建設キャリアアップのHPは以下の通りです。

橋梁工事の建設キャリアアップシステム申込み詳細
橋梁工事の建設キャリアアップシステム事業者登録
橋梁工事の建設キャリアアップシステム技能者登録

申請の書類やQ&A等が記載されておりますのでご活用下さい。

広告