鋼橋架設等作業主任者技能講習受講と橋梁施工方法と資格取得・危険性のまとめ

この記事では、橋梁架設工事に必要な作業資格である「鋼橋架設作業主任者」の資格の取得方法と、橋梁工事の橋の架設方法を解説していきます。

毎日、どこかで利用している橋ですが橋の施工は、「架設工事」といわれて専門的職種の知恵と土木的な技術力がすごく詰まっています。

そこで、橋梁架設工事に必要な作業資格の取得方法と、橋梁工事の橋の架設方法や対策について解説していきたいと思います。

と工法種類と作業資格

今回の技能講習は、鋼橋架設工事の施工に伴う作業主任者講習になりますが鋼橋架設工事は読んで文字のごとく、鉄の橋になりますが、橋には他にもPC桁とかいろいろあります。

このブログを見て連絡してきた、練馬の新人保険屋さんの千尋(ちひろ)さん。

建設業の実態教えて欲しいと言われてブログを一緒にやることになりました

 
千尋さん保険屋
鋼橋架設作業主任者?
 
ネコマル
簡単に言うと橋の工事の作業責任者です

このブログは他にもこのようなことがまとめてあります。合わせて気になる記事を確認してみてください。全体を確認するにはこちら

鋼橋架設工事:橋の施工方法について

今回は鋼橋架設工事についてまとめていきます。

 
千尋さん保険屋
鋼橋架設:鉄の橋ですよね
 
ネコマル
そうです。こんな感じです

①橋桁等を制作する『ファブ』とは?

橋桁等は、「ファブ」と言われる制作工場で国土交通大臣の指定工場で作成されます。

ここで作成されて現場に納品されます。

現場には建設業許可の看板とは他にこの制作工場の看板も掲示されていますので仮囲い等に貼ってあります。

「ファブリケーター」と言われ、JFEなど大手の企業が鉄骨制作工場としては有名です

②作成された橋桁等を架設現場へ運ぶ

このような工場で作成された橋桁はトラックなどで現場へ運搬されて、様々な現場状況や環境に応じて施工方法が検討されて工事されていきます。

 
千尋さん保険屋
車で運ぶんですか?
 
ネコマル
そう、夜中とかに運んでますよ

では実際に橋の架設にはどのような工法があるかまとてみました。

送り出し工法:鋼橋架設は河川等施工方法

鋼橋架設等作業主任者受講と橋梁施工方法
送り出し工法での鋼橋架設

河が流れてい場所や建設箇所の下に道路道路などがあり、移動式クレーンやトラッククレーンが設置出来ない場合には、橋を組立する場所に更地の大きなスペースが必要になります。

 
千尋さん保険屋
壮大な仕事ですね
 
ネコマル
施工は難しいですよ

そこで一度主桁と手延機を組み立てしてスペースがないと施工できない工法になります。

簡単に説明すると、イメージとして広いスペースにレールを並べて、桁を組んでレールで滑らせて前に押し出していくイメージになります。橋の先端に付けたガイド(手延機)を橋の橋脚に到着させていく桁本体を対岸に引き込んでいくイメージとなりますなります。

対岸で同様に広いスペースが必要になり、手延機を解体できる場所が必要になりますが、ゆっくりと押し出していくとので当然ながらクレーンのように吊って設置するよりかは、時間がかかります。

 
千尋さん保険屋
そんな感じで施工するですね
 
ネコマル
絵では簡単ですが、実際は鉄の塊ですよ

せり出していくので先端を前に押し出してる際に重さでズリ落ちない内容に、強度計算や施工の技術力が伴われます。

橋梁架設は危険リスク高い:労災事故は多い

 
千尋さん保険屋
実際に失敗はありますか?
 
ネコマル
やはり、人の仕事ですから

平成30年8月3日、大分県玖珠郡の橋梁新設工事現場で起きた。
川田建設が元請として施工する工事であり、ピーエム工業は下請として入場していた。

被災したのはピーエム工業の68歳の男性労働者。橋台の上から滑車を使い、対岸に向け資材を送り出す作業をしていたところ、滑車の支柱部分が倒れた。

倒れた支柱に巻き込まれた労働者は約7メートル下の河川敷に墜落し、首と腰の骨を折るなどの重傷を負った。労働者は現在も休業中で復職の見込みは立っていないという。労働安全衛生法は注文者に対し、下請の労働者に建設物などを使用させるときは、労災を防止するための必要な措置を講じなければならないと定めている。

また、事業者に対しては、労働者に墜落する危険性のある場所で作業をさせるとき、囲いや手すりなどを設けなければならないと定めている。川田建設とピーエム工業は墜落を防止するため、橋台の端に手すりなどを設けていなかった。

労働新聞社引用

山岳地域 ケーブルエレクション工法:橋架設方法

ケーブルエレクション工法も採用して橋梁架設
 
千尋さん保険屋
山の橋はどうするの?
 
ネコマル
これが日本の土木の力です

谷や山間の橋梁仮設では、ベント設置やクレーンの配置などが出来ず、送り出し工法の広い敷地の確保が出来ない場所など現場条件などがあります。

崖や谷で、ベントが設置できない場合には両岸のに鉄塔設備を設置します

この鉄塔にアンカーブロックを設置して両岸からワイヤー張りサーカスの綱渡りのような感じでワイヤーでロープを貼り、このロープに直接吊りが出来るようなケーブルクレーンを現場で組立して橋梁設置を行っていきます。

山岳部や渓谷など施工スペースも限られておりケーブルクレーンで架設を繰り返していきます。

取り付け部材を固定して仮固定としてワイヤーロープを利用して落下しないように直吊りして桁固定等などを進めていきます。

ウィンチの要領に似ていていますが、経験と知識をもった職人(技能者)でないと施工にはかなり危険が伴います

仮設計画が重要:トラベラクレーン工法 橋梁架設工法

トラベラクレーン工法の橋梁仮設工法

この施工方法は高速道路や鉄道などでは、施工を見かける場合があります。

 
千尋さん保険屋
東京みたい密接な場所では?
 
undefined
ベント工法とクレーン

橋を施工する場所に移動式クレーンが設置できない場合には、桁のうえに直接クレーンを配置して、施工していきます。

施工としては、桁架設が進むにつれてクレーンが走行するため走行レーン(軌条)を設置してベントも必要に応じて逐次施工も必要になりますが、クレーンの支持設置する場所の強度や位置な確認して施工して施工しないと崩落する可能性も伴います。

クレーンは支持部分に設置されているので、材料の桁材は運搬台車(車両)で近くまで運ばれて施工されます。単純トラス桁が数径間あるなどの条件の場合など適用される架設工法です。

驚愕圧巻大型クレーン施工による橋梁工事

一括施工橋梁架設は驚愕圧巻クレーン施工
一括施工橋梁架設は一度は携わりたい驚愕圧巻クレーン施工
 
千尋さん保険屋
海にある橋はどうすの?
 
ネコマル
こんな施工方法もあります

海上での橋梁施工はとくに大型の船で橋が運ばれてきて、大きな海の上でクレーンで設置されたりしているのをテレビで見たことがあると思います。

この大きなクレーンはフローチングクレーンと呼ばれ、台船と呼ばれる船で橋を丸々運搬してきて、大型の船舶型クレーンを使用して架設する工法になります。

当然ながらかなりスケースの大きい施工になるので、一括してドカッと施工になるので一括架設とかも言われています。

これは見た目の通り、工期は短くなりますが海のうえでの作業になるので気象条件が左右されますが施工の一括化するには最適な工法になります。

鋼橋架設工事:ベント工法とクレーン吊り上げ 

鋼橋架設工事施工方法ベント工法
鋼橋架設工事施工方法ベント工法

トラッククレーンベント工法は、移動式クレーンで鋼製ベントと呼ばれる架台を一時的に橋脚の代わりになる受け台を組み上げます。

トラックやトレーラーで運ばれてきた鋼製の架設桁を移動式クレーンで吊り上げして、順番に組んで行きます。

橋桁を、ボルト(溶接)等で堅固に固定したら桁は繋がり、本来の橋脚と橋梁で支持されたら、このベントは解体します。施工的には多く採用される工法で、仮設レンタル会社からもレンタルしやすく仮設設備としては、短期間で施工も出来るの橋梁架設作業になります。

ただし、施工を間違ったり手順を見落とすと重大な災害も実際に発生しています。

橋の施工方法は沢山ありますね。ただ大きな橋桁を設置していく工事です。当然ながら危険な工事を伴います。その事例等と施工の責任書になる作業主任者の講習内容を。この次に紹介していきたいと思います。是非チェックしてみてください