最近の記事

建設業特定技能外国人:鉄筋工事職人として採用する場合行える作業内容

2020年11月19日建設キャリアアップ(外国人雇用),特定技能採用

この記事では、鉄筋工事職人として採用する場合、特定技能ビザを取得した外国人だとどういった作業を行うことができるのか解説していきたいと思います。

外国人技能実習生とは違う特定技能ビザを取得した外国人を作業する場合、

どういった作業を行うことができるのかな?

など、様々な取り決めがどういったものなのかよく分からない場合があるかと思います。

外国労働者を鉄筋工事の職人として従事させる場合、建設分野特定技能1号評価試験(鉄筋施工)又は技能検定3級(鉄筋施工)という試験に合格しなければ採用することができません。

特定技能では 指導者の指示・監督を受けながら、鉄筋加工・組立ての作業に従事することが条件でそれ以外の作業はやらないよう定められています。

今回は、鉄筋工事職人として特定技能ビザを取得した外国人を採用する場合、どういった作業を行わせることができるのか解説していきたいと思います。

このブログは他にもこのようなことがまとめてあります。合わせて気になる記事を確認してみてください。全体を確認するにはこちら

前提:建設業特定技能ビザを取得する方法と雇用する方法

まず、特定技能ビザとはどういった資格なのかよく分からないかたもいるかと思いますので、是非下の記事を合わせて読んでおくと今回の記事が分かりやすくなるのでおススメです。

また、雇用する企業側が必要となる条件についてもこちらから見ることができるので合わせて読んでみてください。

補足として、現場入りした新人教育や外国人に対しての安全教育に役立つ教材をまとめているので是非活用してみてください。

特定技能外国労働者の鉄筋工事に関わる主な業務内容

外国労働者を鉄筋工として雇用した場合には、下記の作業を行わせることが条件になります。

  1. 図面の読解(構造図、躯体図、鉄筋配筋図など)
  2. 鉄筋の加工(機械加工・切断・曲げ)
  3. 鉄筋の組立て(手加工作業を含む)
  4. 鉄筋組立後の確認(自主検査等)

図面の読解とありますが特に図面の読み取りは重要になります。

鉄筋工事では建築・土木それぞれで図面の表記が違ってきます。

そのため、建築の経験から土木を施工する場合には図面が違うので、現場では役に立たないことがあります。

また、加工に関しては図面から必要な本数や長さ(定着や折り曲げ長さ)算出して加工帳を作成していく工事の基本的な知識や経験を積まなければ務まらない作業となります。

鉄筋工事で特定技能で想定される関連業務

鉄筋工事は、ほとんどを置き場やストックヤードで加工して現場へ搬入してから、図面通りに組み立て行きます。

そのため、運搬にはユニック車(積載型トラッククレーン)で現場に持ちこみます。

その際に使う機械の運転や玉掛の作業などといった特別教育や技能講習を受講させることで作業を行うことが可能になります。

足場等を触る際には足場組立の特別教育や技能講習を受講させておくこともポイントになりますのでチェック「してみてください。

  1. 各種配筋図等作成、読解
  2. 鉄筋の加工場および施工現場内での運搬
  3. 足場・構台・鉄筋架台等の架設及び復旧
  4. 作業工程管理業務(工程管理、器工具の保守・管理、材料・資材管理、機械のメンテナンス)
  5. 各種揚重運搬機械の運転
  6. 玉掛作業
  7. コンクリート打設時の相番(立会い)補助
  8. 溶接(ガス溶接、アーク溶接、圧接)
  9. 機械式継手
  10. その他、鉄筋施工業務の実施に必要となる安全衛生作業(点検、整理整頓、清掃等)

実際に現場で使用する主な素材・材料

扱える素材は以下の通りになります。

  1. 鉄筋材料 各種丸鋼、各種異形棒鋼、閉鎖型フープ、スターラップ、定着板、機械式継手
  2. 副資材 結束線、スペーサー

鉄筋工なので、実際に使用する素材や材料は鉄筋の材料がメインになりますが、現場では単管パイプや足場の材料や可搬式作業台等も使用することもあります。

現状では国の指針の中には明記がないので取り扱いさせるには注意が必要です。

鉄筋工事で使用する主な 機械、設備、 工具等

  1. 鉄筋切断機
  2. 鉄筋曲げ加工機
  3. 結束工具(ハッカー、スケール、マーキングチョークなど)
  4. 加工工具(ライパー、ハンドルなど)

鉄筋工事では、鉄筋を結束戦(なまし線)で固定していきますが、現場で細かな加工や調整も必要になる場合もあるので上記の作業工具を使います。

鉄筋を吊り上げする際には玉掛ワイヤーロープや吊り袋等も使用しることもあるので、決められた作業手順を作っておかない毛ません。

実際、ケガ等があると規定以外のものを使用させたといわれることが可能性としてありますので注意しましょう。

特定技能外国労働者を雇用するための方法

特定技能の労働者を職人として雇用するには多くの課題があります。

実際に雇用する方法には多くのステップを踏まないとなりませんので、雇用検討される方はこちらを参考にしてみてください。

また、雇用する側も採用される外国人も建設キャリアアップシステムに登録している人必要があるので、どういった内容なのか合わせてチェックしてみてください。

特定技能試験の実技試験・参考テキストはこちら

鉄筋工事で特定技能試験を合格するには、外国人の方に試験に合格してもらわないとなりません。

その方法がどのような内容か下記のマニュアルを参考にしてもらうとどのような問題が出題されるかわかります。

試験の内容に関しては、以下のリンク先で知ることができるので合わせてチェックしてみてください。

補足:鉄筋工事職人なら知っておきたい便利グッズ

ここからは鉄筋工事に役立つ工具やグッズを紹介していきたいと思います。

顔料系インクを採用した油性ペン

コスパのよい鉄筋ベンダー2選

鉄筋ベンダーは鉄筋を加工する場合に使用する工具です。

電動工具となると、ある程度値段が高くなってしまうものですが、平均的な工具に比べてコスパのよい工具となっています。

お試しとして購入してみるのもありかもしれません。

鉄筋結束に便利な工具

鉄筋の結束は職人の経験に左右される作業となります。

一定の負荷を必要とするので、労力も時間も伴う作業になります。

そのため、こういった機械を扱うことができれば自動で結束・調整を行うことができるのでとても便利ではないかと思います。

まとめ

今回は、鉄筋工事職人として外国人を採用する場合、特定技能ビザを取得した外国人ではどういった作業が行えるのか解説していきました。

まとめますと、

  • 指導者がついているという条件でなら、定められた作業を行わせることができる
  • 鉄筋工事に付随した関連業務も制限があるが、行うことができる
  • 材料、工具、機械も安全教育や技能講習を受講させれば制限があるが行うことができる

ですね。

人手不足を解決するためにもこうした採用方法を活用するという糸口があります。

条件が厳しく、なかなか採用まで行くのに難しいかもしれませんが、是非条件をチェックしてみて検討してもらればと思います。