最近の記事

建設業特定技能ビザ:屋根葺き職人として外国人雇用した場合に可能な業務内容

2020年11月19日建設キャリアアップ(外国人雇用),特定技能採用

この記事では、屋根葺き職人として外国人を採用する場合、特定技能ビザを取得している外国人を作業に従事させるケースではどういった作業を行うことができるのか解説していきたいと思います。

2019年から外国人実習生とは違う、「特定技能(建設業)」という就労資格を取得している外国人は技能実習生に比べてできる業務内容が幅広くなっています。

実際に雇用する場合、皆さんは

どういった業務ができるのかな?全部やらせても大丈夫かな?

など、作業をさせてもいい範囲が一体どのくらいなのか分からないかと思います。

屋根葺き(やねふき)とは、瓦の交換などを行う屋根を張り替える作業を指します。

そんな屋根葺き職人として外国人を採用する場合、特定技能を取得している外国人が可能な作業内容を解説していきたいと思います。

このブログは他にもこのようなことがまとめてあります。合わせて気になる記事を確認してみてください。全体を確認するにはこちら

特定技能資格外国人従事者の屋根葺き作業業務内容

特定技能試験の合格者の外国人労働者の業務は前提として、指導者の指示・監督を受けながら行います。

主な常務内容は、下葺き材の施工や瓦等の材料を用いて屋根を葺く作業に従事することが可能です。

屋根葺き工事で雇用された外国人労働者は下記の作業がメインの業務になります。

  • 屋根ふきの段取り
    • 瓦、化粧スレート等の選定
    • 現場寸法取り
    • 瓦、化粧スレート等の割付け ・葺き材、桟木の施工(化粧スレート等は特殊工法のみ)の施工
  • 屋根ふき 瓦
    • 瓦合せ(一文字、刻み袖及び特殊がわらを除く)
    • 瓦ぶき用の土の練合せ
    • 瓦のふき上げ(緊結を含む)(本ぶき及び特殊がわらによる工法を除く)
    • 瓦ふき作業に伴う樹脂接着
  • 化粧スレート等
    • 各所水切
      • 化粧スレート屋根材等の取り付け
      • 化粧スレート屋根材等の取り付けに伴う樹脂接着剤、熱絶縁 3換気棟等の施工
  • 屋根の補修

こうした作業は可能となっていますが、スコップを持って穴を掘ることや重機に乗って作業するようなことは、定められている業務と違うので行うことができないとされています。

屋根葺き工事で特定技能で想定される関連業務

先に記載したメインの作業以外には、安全衛生講習を受講させることにより資格を必要とする作業も可能になります。

ただ高所作業となる墜落防止用器具等も受講させて研修させないとならないと思いますが、まだそこまでは規定されていません。

屋根の左官工事は可能だが一般的な壁左官等は明記されていないので、事業主や職長はどこまで作業させていいかなど把握をしていかなければなりません。

関連業務として行える作業は以下の通りです。

  1. 屋根ふき作業に伴う足場等の組立て・解体作業
  2. 屋根左官作業
  3. 移動式クレーン運転作業
  4. 玉掛け作業
  5. 高所作業車運転作業
  6. 作業用機材の搬送作業
  7. 作業用機材の梱包・出荷作業
  8. その他、屋根ふき業務の実施に必要となる安全衛生作業(点検、整理整頓、清掃等)

屋根工事に伴う特定技能で使用可能な主な素材・材料

屋根工事は瓦だけなく、鋼板などのガルバリウム鋼板とかも使いますので、屋根工事に関わる屋根材料の取り扱いが可能です。

また、固定する材木から止める固定金具当も使用が認められており、使える材料も屋根施工の材料で規定されています。

ただし、他の材料等を使用させる場合には規定外になります。

  • 素材 粘土瓦(JISA5208に規定されている瓦)、厚形スレート(JISA5402に規定されている瓦)、 化粧スレート、鋼板(メッキ鋼板、塗膜装鋼板等)、非鉄金属(銅板、アルミ合金板等)
  • 材料 桟瓦用桟木、瓦座、淀、棟補強用芯材、桟木、木下地用留付け材、耐火野地用留付け材 (ねじ等)、ALCパネル用留め付け材(専用釘、プラグ等)、コンクリート、モルタル下 地の場合の留め付け材(アンカボルト、コンクリートピン、コンクリート釘等)、屋根材緊
  • 結用釘、屋根材緊結線、屋根材補強用釘・ねじ等、下葺き材、葺き土(窯業系瓦)、南蛮 漆喰(なんばんしっくい:砂、石灰、つのまたのりを混練したもの)、モルタル、接着剤、シ ーリング剤、板金(水切りとして使用する金属板等)

特定技能屋根工事使用できる主な機械、設備、工具等

手で使える汎用的な小道具に始まり、各種電動工具から安全衛生教育が必要な機械関係もあります。

材料を練るためのスコップ等の使用は可能ですが、穴を掘る等がいいとは規定されていませんので、注意してください。

この動画のようなディスクグラインダーを使用する場合は、安全教育を受講させるようにしましょう。

特定技能外国人労働者を屋根葺き工事職として雇用する流れ

日本人と同様で給与面や資格面でかなり細かな条件があり、かなり確認してから出ないと日本人を雇う場合に比べて難しい場合があります。

建設キャリアアップシステムに始まり、社会保険でも基準があるため採用に関してはたくさん知らないとならないことがあります。

その内容を全て記載するとかなり長くなりますので、採用方法にあたり、こちらにて詳細をまとめています。

以下の記事で、雇用する企業側が必要となる条件についてもこちらから見ることができるので合わせて読んでみてください。

また、特定技能ビザとはどういった資格なのかよく分からない方もいるかと思いますので、是非下の記事を合わせて読んでおくと今回の記事が分かりやすくなるのでおススメです。

補足として、現場入りした新人教育や外国人に対しての安全教育に役立つ教材をまとめているので是非活用してみてください。

特定技能屋根葺き工事試験問題とテキスト

特定技能を雇用するには、外国人労働者に事前にこの特定技能試験に合格した人でないと採用が出来ません。

そのハードルは意外と高く、試験問題だけでも下記のような難しい問題を、採用する外国人労働者に事前に合格してもらわないといけません。

その後に採用のステップが踏めます。その試験問題はこちらになりますので、是非合わせてチェックしてみてください。

補足:屋根葺き職人におすすめの工具

では、ここから五屋根葺き職人におすすめの工具を紹介していきます。

屋根葺き職人には必須のコーキングカッター

通常のカッターでは力の入れにくい垂直面を楽にカットすることができるカッターです。

グリップ部分も持ちやすく設計されており、手袋をしても滑りにくい素材となっています。

様々な場所で使える、汎用性にすぐれた工具だといえます。

コンパクトに収納可能な充電式ベルトサンダー

コンパクトであり、かつ軽量設計もされているマキタの受電式ベルトサンダーとなっています。

研削だけでなく切削加工も行えるのでコンパクトな場所でも作業が可能となっています。

コードレスになっていますが、パワーは劣ることなく快適に使用することができます。

まとめ

今回は、特定技能外国人を屋根葺き職人として採用すると、どういった作業が行えるのか解説していきました。

まとめますと、

  • 指導者がついている状態であれば、定められた作業を行うことが可能となる
  • 関連業務も一部制限はあるが行うことができる
  • 工具・材料は屋根葺きに関わるもののみが定められている

特定技能外国人であっても、指導の下行うことが前提とされているので、ここに人手が割けるかがキーとなるかもしれません。

屋根という限られた場所で作業を行う上、高所でもあるので徹底した安全管理を行いながら指導・作業が円滑に行える環境づくりを徹底していくことも、採用するうえで重要な要素になるのではないかと思います。