広告 楽天ランキング4冠獲得【VOICE 5ライン グリーンレーザー墨出し器】

振動工具取り扱いのための特別教育とは受講方法と資格の内容とは?

2021年4月14日安全教育,資格講習建設知識,資格

建設業では身近で使ってる電動工具や解体工具等は日常茶飯事で使用していますが、実は使用にあたっては取り扱いの資格を勉強しないとならないことをご存知ですか?

建設業では身近で使ってる電動工具や解体工具等は日常茶飯事で使用していますが、実は使用にあたっては取り扱いの資格を勉強しないとならないことや安全衛生教育を受講しないとならないと言うことをご存知でしょうか?

電動工具を使用するにも、特別教育を受講しないといけないのかを、この記事の中でまとめています。振動工具には将来的に病気や後遺症に苦しむ可能性があります。その特別教育で学ぶ必要性のある内容をまとめてみました。

そんな振動工具取り扱いのための特別教育とは受講方法と取得方法と安全教育についてまとめてみます。

振動工具特別教育の受講前に知っておく内容

電動工具に資格なんて必要なのかと思われますが、グラインダー等は研削砥石の資格が身近で必要なのはご存知の方もいますが、振動工具にも特別教育の資格があります。

振動工具は作業する人が手でもって作業する道具のことです。例えばコンクリートを打ち込むときに使うバイブレーターや解体の時に使うブレーカーなどがあります。

振動工具取り扱いの特別教育の受講の意味

白露病(レイノー病)という将来後遺症が出る可能性があるので注意

その中でチェーンソーは除くとありますチェーンソーを取り扱う場合には別途チェーンソー取り扱いの特別教育を受けないとなりません。

なぜ、このような資格を受講しないとならないのか

受講のポイントとして

人は長時間機械の振動を体で受けるとレイノー病になる人や末梢神経の異常など身体に影響を及ぼし方が上がらなくなり、手が硬直して開かなくなったりとかする恐れがあります。

レイノー病は手のひらが白くなり寒くなると硬直してしまい振動病の 1つになります。

建設業では年間130人程度の振動病の認定がされ長時間経ってからの後遺症に苦しむ方が多数いらっしゃいます。

そのため振動工具の取り扱いに対しては何回も厚生労働省から通達が出ており、事業者に特別教育を実施するように義務が出ております。

事業者は、「チェーンソー以外の振動工具取扱い業務に係る振動障害の予防について」や「チェーンソー以外の振動工具取扱作業者に対する安全衛生教育の推進について」等の厚生労働省の通達に基づき、この安全衛生教育(特別教育)を実施しないとならないのです。

振動工具の取扱の作業時間の算定方法

メーカーの取り扱い説明書の3軸合成値を知ることで暴露量を知ることができる

また、平成21年に通達改定があった内容で電動工具を製造販売するメーカー(マキタやHiKOKI(日立工機))に対しても、この振動への配慮をする為、防振機能等の通達も併せて出されています。

この中で、日振動ばく露量と振動ばく露時間を考えて、関して作業の実施時間と周波数補正振動加速度実行値の3軸合成値を目安として作業の計画や作業時間の継続できる時間の目安を算出するようになっています。

なんのことかよく分かりませんが、簡単に言うとメーカーが出してる電動工具や振動工具の振動の算定した数値と、作業時間を確認と計算すると、指針で決めてる数値が基準値より低いか高いかによって、電動工具のスペックを変えたり、作業時間を変更してくださいと言う算定数値で作業管理してくださいと言う内容です。

詳しくは講習で教えてもらえます。ややこしい計算があります。

A(8)=a×√T/8 (m/S2) みたいな数字が出てきます。



振動工具の種類とはどのようなものがあるか?

振動工具にはいろいろな種類があるので注意が必要

  • さく岩機,チッピングハンマー,ブレーカー
    • エンジンカッター等の内燃機関を内蔵
  • 道路とかで使うエンジンカッターや草刈り機
  • 携帯用皮はぎ機と言われる簡単に言うとサンダーやスクレーパー
  • 携帯用タイタンパー言うとバイブレーターや現場で使うランマー
  • 使用する研削といしの直径が150mmを超える研削盤はグラインダーが頭に浮かびます
  • 締め付けに使うようなインパクトレンチ
  • 往復で動くようなジグソーなどがあります。

ここで注意しないといけないのは草刈りです。草刈り機は特に労働災害が多いため別の刈り払い機取り扱いの特別教育を受けないとなりません。

振動工具特別教育の取得の方法と講義の内容は

講習内容は特に年齢制限等は18歳以上であれば受講可能であり経験年数等は問われません。カリキュラムの内容としては以下のようになります。

受講することで簡単に思える電動工具の正しい知識をつけよう

特別教育の講習の内容とは

  • 振動工具に関する知識1時間
  • 振動障害及びその予防に関する知識2時間半
  • 関係法令と30分

半日の講習で受講が終わります。他の資格と合わせて実施されるケースもあるので電動工具の取り扱いに対して取得してみてはどうでしょうか?

振動工具特別教育のまとめ

たかが電動工具と思って作業している人は多いかと思います。振動で労働災害になるなんて思ってもいない人がいると思います。

ホームセンター等で今は気軽に電動工具が買える時代です継続した作業を行わなければならない建設業ではこの知識は現場の入りたてや経験者であってもぜひ受講するべき内容だと思います。

私も講師を行うこともありますが気軽に買えるからこそ適切な知識が必要だと思います。

広告