LEDLENSER・GENTOS:おススメの人気作業用のヘッドライト/最強どれ? 現場で使用したい人気の照明

冬に近づきましたね。現場は夕方になると真っ暗ですよね。

ヘッドライトは、バンドで頭やヘルメットに固定して使うライトで、職人さんや監督はヘルメットが重くなるから嫌だという人もいますが頭に固定することで両手が自由になるので、現場での作業の効率や安全を確保できますよね。細かい作業をしていても、インパクトでネジ締めとか夕方夜間ではなかなか暗いとつかみづらいですが、モノを照らせるので、かなり便利です。

今の照明は進化がすごくLED式がほとんどで【明るい】・【電池が長持ち】・【壊れにくいなど様々なメリットがあります。

またアウトドアなど使われる人もいます。そのなかでいざの防災のときにも便利なアイテムになります。

このブログを見て連絡してきた、練馬の新人保険屋さんの千尋(ちひろ)さん。と言う方がいらっしゃいまして建設業の実態教えて欲しいと言われてブログを一緒にやることになりました。

 
千尋さん保険屋
ヘッドライトは以前も書いてましたね
 
ネコマル
そうですね

夜間の現場で使いたいヘッドライトの厳選

一度、こちらでもまとめてみましたが今人気のアイテムをまとめてみました。それではこの夜間の作業で人気の5品を今日は紹介します今、人気のヘッドライトはこちらになりますので

レッドレンザー・ジェントスを比較/ヘッドライト現場で使いたいアイテムはこれ

現場で使いたいヘッドライトは?LEDLENSER・GENTOS
 
ネコマル
今回はこちらの商品を説明しますね
 
千尋さん保険屋
前に照明は深く書いてましたからね

照明の選び方の基本的な知識はこちらにまとめていますので是非チェックしてみてください



レッドレンザー:ヘッドライト現場で使いたいアイテムはこれ

レッドレンザーのヘッドライト一度こちらでその性能と製品の特長をこちらでまとめていますのでチェックしてください。

建設に特化したメーカーではなく、あくまでハンディライト・ヘッドライトのメーカーであるため、様々なニーズに対応することができるヘッドライトを展開していることも大きな特徴の一つであるといえます。

例えば、登山をする方が照射範囲の狭いものを使っても危ないので、広範囲もヘッドライトを探すようになるなど、それぞれの業種の悩みを解決できるような商品が多くあります。

人気:現場で一番明るい工事用のヘッドライト/ 充電式 照明H15R Core 502123

H15R Coreは、最大2500ルーメンの明るさを無段階に調整可能なヘッドライトになりますので、とにかく明るいのと重さは380グラムになります。250m先まで明るく照らすことが出来ますが、通常の作業であれば一番低い照度でいいかと思いますが夜間工事などでは特におすすめの商品ですね。


電池の取り外しが不要なマグネット式充電、長い点灯時間の点灯が可能で6時間で充電完了できますね。

ほこりや水に対する非常に高い保護性能(IP67)を発揮するフレックスシーリングテクノロジーなど、高性能な照明になります。

夜間外作業も安心ヘッドライトH7R Core 502122

現場での充電時間は短い時間で充電できる照明になります。重さは259グラムで軽いです。

ワイド、スポットを簡単に調整可能なアドバンスフォーカスを搭載されているので細かい作業に便利。 回転式スイッチによる無段階調光が出来る照明で 160度の角度調整が可能です。

P67の高い防塵防水レベルです。 電池を取り出さずに充電できるマグネティックチャージシステムを搭載されている。

現場でのベストアイテム!

工事用 ヘッドライト 充電式 おすすめヘッドライトH5R Core 502121

H7R Core 502122よりかは少しだけ明るさが落ちますが、軽さは167gになります。無段階の調光が可能なコンパクトで強力な充電式ヘッドライトが特徴で、こちらもヘッド部分は160度の角度調整が可能。

ほこりや水に対する非常に高い保護性能(IP67)を発揮するフレックスシーリングテクノロジーを搭載で、充電状況はインジケーターで一目でわかります。軽くて安心のヘッドライト

GENTOS:おススメの人気作業用のヘッドライト

GENTOS(ジェントス)は1978年創業の日本の懐中電灯メーカーです。
2001年、当時開発されたばかりの白色LEDを懐中電灯・ヘッドライト・ランタン等に搭載し、いち早く日本のマーケットに参入したメーカーになります。

 
千尋さん保険屋
国産ブランドなんですね
 
ネコマル
老舗メーカーになりますね

ジェントスのLEDフラッシュライトは厳しいテストに合格したものだけが出荷されます。

検査項目は主に明るさ測定と耐久テストです。明るさ測定は専用の機械を使用してすべて実測。耐久テストは耐水試験、防水試験、防塵試験、ケーブル強度試験、スイッチ強度試験、印刷強度試験の6項目です。そのため、ジェントスは品質はもちろん、安全面にも考慮した製品を作っているメーカーといえます。

ヘッドライトはイロイロありますね。商品シリーズの人気のものをまとめてみます

Gシリーズ ヘッドライト


比類なき耐久性と圧倒的クオリティ ジェントスこだわりのライトシリーズ

IOシリーズ ヘッドライト


COB LEDとチップタイプLEDを搭載 近距離照射と遠距離照射を可能とするヘッドライトライトシリーズ

HEAD WARSシリーズ


ワーキングヘッドライトのスタンダードシリーズ ブリスターパッケージ版

ELTA PEAKシリーズ

手を触れずにスイッチ操作が可能 モーションセンサースイッチ搭載モデル

Drag Forceシリーズ

ハードな使用にも耐える! 高耐久 プロ向けシリーズ

小型で乾電池併用のヘッドライトMM-285H

特徴小型アルミフロントボディーになっています。専用充電池or単3アルカリ電池×4本で使用可能なハイブリット充電式高出力LEDヘッドライトになります。重さも軽く照明をMaxで使用しても4時間の点灯時間があって暗所での作業で両手を使用する場合にも最適


夜間の作業現場や屋内での作業時にも充電忘れがちな場合にも安心な乾電池併用できる照明です。

現場の夜間で乾電池も使えるHLP-2104

ヘッドウォーズシリーズの上位機種モデルになります。MM-285Hよりも少し重さがありますが専用充電池とアルカリ電池で使用可能なハイブリッド式ライトでになります
最大700ルーメンの明るさです。ヘッドウォーズシリーズ上位機種で現場使うのは最適な照明になりますMaxで使用しても7時間の長時間で点灯出来るので、夜間の作業現場や屋内での点検作業に最適です



後から買えばよかったと思う2つ・・・・

 
千尋さん保険屋
よくありますよね。あとからの後悔
 
ネコマル
よくありますね

現場で使い始めてあとから気づくのは、充電式の乾電池かっておけば良かったと思うことがあります。実際に照明の充電忘れて、コンビニに乾電池を買いに走ることもありますので、こちらも確認していおくことが必要になります

一番忘れがちなのは、ヘッドライトをヘルメットに取り付けし作業してから気づくこと

ヘルメットからライトがズレる・外れるなどがあります。当然動く・作業するのでずれ止めの固定用のホルダーがあると安心ですね

買い忘れの無いようにしたいヘルメットホルダー

ヘッドライト タジマ ジェントス 比較するならこの記事

まとめ

冬場の作業は寒し、手袋もつけますので手が動きづらい中でもヘッドライトがあると細かい作業も安心です

ヘッドライトはLEDLENSERとGENTOSが現場では人気の商品になりますが種類が多いので迷いますが、現場で一番いいのは、この5種類が便利です

LEDLENSERの最強の照明はH15R Core 502123になりますが、現場で充電忘れたどうしようかと迷ってる人は乾電池併用できる現場の夜間で乾電池も使えるHLP-2104がおススメになります。

是非現場の安全作業を行う中で、暗くなる前、年末の追い込みの前に照明購入しておいてはどうでしょうか?