現場で使いたいヘッドライトはLEDLENSER?タジマ?現役のプロが徹底比較! ヘッドライト 評判

この記事では、現役現場監督が現場目線でピックアップした「LEDLENSERのヘッドライト」と「タジマのヘッドライト」を比較してどちらがおすすめなのか解説していきたいと思います。

建設業に関わっている皆さんは、「ヘッドライトのメーカーといえば?」と問われるとLEDLENSERとタジマが思い浮かぶのではないでしょうか。

ただ、これら2つのメーカーそれぞれの特長や品質の違いといった具体的な違いなどよく分からないですよね。

そこで、今回はヘッドライトのメーカーであるLEDLENSERとタジマをそれぞれ比較して解説していきたいと思います。

このブログを見て連絡してきた、練馬の新人保険屋さんの千尋(ちひろ)さん。と言う方がいらっしゃいまして建設業の実態教えて欲しいと言われてブログを一緒にやることになりました。

 
ネコマル
最近はヘッドライトは人気です
 
千尋さん保険屋
ヘッドライトなんてホームセンターで売ってますよね

LEDLENSER レッドレンザーのヘッドライトの特長

レッドレンザー(LEDLENSER)とは、ドイツに拠点を置く懐中電灯のメーカーです。

 
千尋さん保険屋
えっ?海外製品ですか?
 
ネコマル
このブランドは人気です

商品ラインナップとしては、ハンディライトとヘッドライトが販売されており、建設現場だけでなく様々なシーンに対応した商品が多くあります。

公式サイトについては、以下のリンク先から知ることができるので合わせてチェックしてみてください。

今回はそんなレッドレンザーから販売されているヘッドライトの特長についてまとめてみたので、解説していきます。

独自の技術や機能性を持っている

 
千尋さん保険屋
ヘッドライトは皆同じ?
 
ネコマル
ここがポイントです

特にレッドレンザーの技術で注目したいのが「アドバンスフォーカスシステム」という機能です。

アドバンスフォーカスシステムとは、

「近距離で均一な配光を生み出すレンズ」と「遠距離まで光を反射するリフレクター」それぞれの長所を組み合わせた特許取得の集光技術で、隅々まで明るく、広範囲に行き届く「見やすい」配光を実現しました。

引用:LEDLENSER『隅々まで明るい光を生み出すリフレクターレンズの特許技術「アドバンスフォーカスシステム」』

このような独自の機能によって国内外問わず様々な業種などで愛されるメーカーであるといえます。

建設以外の幅広いニーズに対応している

建設に特化したメーカーではなく、あくまでハンディライト・ヘッドライトのメーカーであるため、様々なニーズに対応することができるヘッドライトを展開していることも大きな特徴の一つであるといえます。

例えば、登山をする方が照射範囲の狭いものを使っても危ないので、広範囲もヘッドライトを探すようになるなど、それぞれの業種の悩みを解決できるような商品が多くあります。

価格は高め…でもメーカー保証が7年ついている

価格帯はリーズナブルなものから高めのものまで、幅広く展開しています。

価格が全体的にやや高めではありますが、それぞれのヘッドライトには屋外で作業をすることを想定しているので耐久性や明るさはとても高性能なものとなっています。

さらに、購入時にレッドレンザー公式サイトで製品登録を行っておくと、最大7年ものメーカー保証を付けることができるので、故障などを無償で修理をしてくれます。

 
千尋さん保険屋
保証7年は長いですね
 
ネコマル
そこがおススメです

タジマ ヘッドライト 最強 特長

現場で使いたいヘッドライトはLEDLENSER?タジマ? 便利なアイテムはコレ

建設現場やDIYなど工具などを扱う方であれば、よく知っているメーカーだと思います。

 
千尋さん保険屋
日本製はないですか?
 
千尋さん保険屋
日本製はこちらがいいね

タジマ(TAJIMA)は、日本のメーカーであり、主に建設現場などで取り扱う製品を販売しています。

どの製品も種類が豊富となっており、様々な建設現場のニーズに答えた製品展開をしているメーカーでもあります。

タジマの公式サイトについては、以下のリンク先からチェックしてみてください。

tajimatool

Tajimatool…

 

では、そんなタジマからヘッドライトの特長について解説していきます。

照射基準が3段階に分かれている

タジマには独自技術で照射基準を3段階に分けて照射をしています。

人の視野特性に基づき、照射範囲を「手元照射」「大径照射」「周辺照射」の3段階に分類し、ライトの中心光と周辺光の照射範囲を表しています。

引用:タジマ『人の視野特性に基づいた独自の照射基準

つまり、

と、このように照射基準を3段階にすることで広く照射し、且つ中心部分が眩しいすぎるといった問題を解決することができる技術となっています。

他にも「超広角」レンズを採用することで、均一に照らしてくれる技術もタジマ独自となっています。

様々な建設現場で柔軟に対応できる

建設業といっても高所で作業する職種、地下で作業する、夜間に屋外で作業する、狭い場所を作業するなど建設現場といっても様々な作業があります。

こうした幅広い職種に対応できるようヘッドライトには様々なタイプのものが多くあります。

例えば、「普段はヘッドライトとして頭に装着しているけど、手持ちで広範囲を照らすこともできたらいいなあ…」といったニーズに答えたヘッドライト兼ハンディライトといった製品も販売しています。

また、脱着が簡単なタイプのものもあるので、昼夜問わず建設現場で働く方の味方となるといえます。

今日明日で作業が変わる建設現場ではこういった柔軟な対応に適応することができる工具はとても重宝されるのではないかと思います。

ヘッドライトはメーカー保証がつかない

タイトルにあるように、ヘッドライトはタジマのメーカー保証の対象外となっています

そのため、万が一壊れてしまうと有償で修理しなければならないので少し痛手に感じるかと思います。

 
千尋さん保険屋
タジマのヘッドライトは保証ないのかぁ
 
ネコマル
保証がないけど現場では人気ですよ

基本的に耐久性に優れた製品が多くあるので、長持ちする声が多いメーカーではありますが、修理することになったらと考えると少しデメリットに感じるかもしれないですね。

つぎに、LEDLENSER ヘッドライトと タジマ ・ジェントスのヘッドライトをまとめていきたいと思います。

おススメの商品はどれがいいのかをまとめていきたいと思います