最近の記事

建設業特定技能ビザ:建設機械重機オペレーターとして採用した場合に可能な業務

2020年11月19日建設キャリアアップ(外国人雇用),特定技能採用

ここの記事では、建設重機オペレーターとして外国人を採用する場合、特定技能を取得した外国人だとどういった作業が行えるのか解説していきたいと思います。

特定技能を取得している外国人を採用する場合、

どういった作業を行わせることができるんだろう?全部できるのかな?

など、どのくらい作業をさせていいのかよく分からないかと思います。

外国人採用の特定技能での重機オペレーターを雇用するには、できる仕事が決まっています。

そこで今回は、外国人の重機オペレーターを雇用する際に特定技能合格者にさせていい業務や使って大丈夫な重機・機械工具などを解説していきたいと思います。

このブログは他にもこのようなことがまとめてあります。合わせて気になる記事を確認してみてください。全体を確認するにはこちら

特定技能外国人が行う建設機械オペレーターの業務内容

特定技能とは、建設分野特定技能1号評価試験 (建設機械施工) を合格した人になります。

その資格を取得した外国人の作業は、指導者の指示・監督を受けながら行います。

主に、建設機械を運転・操作し、押土・整地、積込み、掘削、締固め等の作業に従事することが可能になります。

具体的には以下の作業を行うことができます。

  • 建設機械の走行操作
  • 押土・整地(押土、巻出し盛土、敷土(撒土)、伐開除根、岩石の移動・除去、埋戻し)
  • 掘削・運搬、積込み
  • 掘削・法面の仕上げ
  • 締固め(盛土・路盤・フィルダムの締固め、アスファルト舗装の転圧)
  • 杭基礎作業(杭の建込み・打設・埋込み)
  • 現場打ち基礎作業(障害物の除去、汚水プラントの設置、鉄筋かご加工場設置、機械器具の運搬・組立て)
  • 切断・穿孔(アスファルト・コンクリート・割岩孔・静的破砕孔・ロックボルト孔・アンカー孔の穿孔、ロックボルト・アンカーの挿入)
  • 重量物の揚重運搬配置
  • 建設機械の保守及び整備

建設機械の施工に関しては、重機を扱いに関しては当然ながら特別教育や技能講習などの資格講習が必要になります。

車両系建設機械でも整地積込運搬に始まり、解体・杭打ちなどの講習を受講しておかないとオペレーターとしては最低限必要になります。

そのほかにもローラー特別教育などもアスファルト施工等には必須になってきます。

また、やり方や水盛り施工などの測量施工等の知識も必要になります。

特定技能重機オペが想定される関連業務

建設機械施工管理技士を取得することにより、乗れる建設機械が増えるだけでなく施工管理の専門職として活躍することができます。

関連業務の作業内容はこちらですが、あくまで業務にかかわる部分だけなので注意が必要な作業になります。

  1. 建設機械施工管理
  2. 建設機械の大型トレーラ等への積載及び移送
  3. 杭打ち機の解体・組立
  4. 玉掛け
  5. 土工作業(対象職種・作業に係る手作業の部分)
  6. 杭打設後の杭穴の埋戻し
  7. その他、建設機械施工業務の実施に必要となる安全衛生作業(点検、整理整頓、清掃等)

関連する作業に土工工事もありますが、あくまで重機機械の操作以外の手作業も行わせていいとあります。

特定技能で重機オペが使用して良い素材・材料

鋼管杭、PC杭、外穀鋼管付きコンクリート杭(SC杭)、突起(リブ)付き鋼管、ベントナイト、コンクリート、鉄筋、アンカー、ロックボルト

鋼管杭などを施工する際には、玉掛作業で吊り上げ作業等も必要になります。

重機土工のみというのも難しい部分ですが、内容からみて鉄筋も使っていいとのことで、簡単な擁壁施工等もさせても良いと捉えられますね。

しかし、作業内容に型枠という明記がないので基本的にはアウトの施工内容になると判断されますので、やはり鉄筋による擁壁作業を行わせない方がいいでしょう。

使用する主な機械、設備、工具等

ブルドーザー、モータグレーダ、トラクタショベル、油圧ショベル(バックホウ)ローラ、杭打ち機と杭打ち作業装置、掘削機、水中ポンプ、ベントナイトミキサ、表層ケーシング、スラッシュタンク、溶接器、トレミー管、スタンドパイプ、コンクリートカッタ、ワイヤーソ、ドリル、クレーン、測量用機器、施工用各種試験機、建設機械の付属品、点検・整備用器工具

ワイヤーソーの記載もあるため、切断工事も可能と判断できます。

ただ、この内容だけで判断するのは難しいですが、様々な重機機械操作の分野で雇用して活躍させることは可能そうです。

特定技能外国人オペレーターを雇用方法

日本人と同様で給与面や資格面でかなり細かな条件があり、かなり確認してから出ないと日本人を雇う場合に比べて難しい場合があります。

建設キャリアアップシステムに始まり、社会保険でも基準があるため採用に関してはたくさん知らないとならないことがあります。

その内容を全て記載するとかなり長くなりますので、採用方法にあたり、こちらにて詳細をまとめています。

以下の記事で、雇用する企業側が必要となる条件についてもこちらから見ることができるので合わせて読んでみてください。

また、特定技能ビザとはどういった資格なのかよく分からない方もいるかと思いますので、是非下の記事を合わせて読んでおくと今回の記事が分かりやすくなるのでおススメです。

補足として、現場入りした新人教育や外国人に対しての安全教育に役立つ教材をまとめているので是非活用してみてください。

特定技能重機オペレーターの試験問題対策

外国人重機オペレーターが建設キャリアアップシステム

更に、特定ぎのう外国人を採用する場合、技能者側も採用する場合に建設キャリアアップシステムに登録している必要バあります。

こうした建設キャリアアップシステムの内容については、以下の記事でまとめているので是非合わせてチェックしてみてください。

補足:建設機械重機工なら知っておきたいおすすめ工具

では、ここから建設重機オペレーターにおすすめの工具を紹介していきます。

防塵・防水機能付き水平器

土埃の多い建設現場でも使用することができる水平器です。

視認しやすいブルーカバーを使用しているので、現場でも一目で測ることができます。

簡単に校正することも可能となっているので、是非土木に関わる方はチェックしてみるとよいかと思います。

クローラータイプにもグリス充填が可能な充電式グリスガン

ハイパワーなマキタのグリスガンはあらゆる重機に充填することが可能となっています。

また、グリスが切れてもカートリッジで交換することができるので、楽に作業を行うことができます。

作業圧を感知してくれる自動変速モードもあるので、自同調性しながら圧を調整してくれる機能も搭載しています。

まとめ

今回は、特定技能を取得している外国人を採用する場合、建設重機オペレーターとしての作業内容は一体どのくらいさせることができるのか解説していきました。

まとめますと、

  • 安全教育や技能講習を受講したうえで、かつ指導者の監督・指導の下であれば限られた作業を行わせることができる
  • 関連業務はあくまで、手作業などで行える範囲のみ
  • 機械・工具・材料は建設機械で使用することができるもののみ

ですね。

建設重機に関する基本的な操作を行うことができるので、現場で採用しやすい人材になるのではないかと思います。

ただ、その条件はとても細かく規定されているのでよく確認したうえで、是非検討してみてください。