ロードローラーって何をする機械?資格は必要?ローラーの種類と特別教育の必要性について解説!

2020年12月25日安全教育,特別教育・技能講習,資格講習特別教育・技能講習

この記事では、ロードローラーの使用目的とその種類及び、資格の有無や必要性について解説していきます。

また、資格の取得方法と特別教育の内容について合わせて解説していきます。

工事現場でよく走っているのを見かけるけど、
ロードローラーって何をする機械なのかな?

と、このように実際に工事現場で見ても、何をしている機械なのかよくわからないですよね。

そこで、ローラーの特別教育の取得の方法とローラーの種類や労災事例等をまとめて解説していきたいと思います。

この資格は重機土工や舗装工事では必須の資格になりますので、是非道路工事に携わる方は知っておくといいでしょう。

このブログは他にもこのようなことがまとめてあります。合わせて気になる記事を確認してみてください。全体を確認するにはこちら

ロードローラーって何?

ローラーイメージ

工事現場では大きな現場や道路を作る現場では頻繁に見かけます。

道路工事では車輪でアスファルトを固める作業を行うことを「締め固め」といいます。

この締固めをする機械、ロードローラーの基本的な内容と運転に必要な資格について解説していきます。

ローラーとは?

ローラーってなんだろう?

ローラーとは、道路や造成地やグランドなどを車両の車輪でローラーで押し固め締め固めする機械をいます。

代表としては、グランドのように間平でフラットな仕上げにするための整地ローラーなどもあります。

大きな車輪で地面の上を走り車体の重量と車輪の重量で締め固めていきます。

ローラには湿地帯や沼でも対応可能な車種もあり、その種類は大きく分けて以下のように分かれます。

ロードローラーは資格の講習や書面等ではややこしく書かれていて【鉄輪クローラー】や【スムーズローラ】と記載されております。

土木や道路工事の経験が浅いと、ローラーの種類の多さでどれを選んで良いか新人の監督ではわからない場合もあります。

締め固め機械とはローラーとかにも記載されてますが、プレートやランマー等の小さな低圧機械も締め固め機械に該当しますので、こちらの資格は特に不要です。では小さな機械から順番に紹介していきます。

ローラーの種類について

ローラーにはいろいろな種類があるんだなあ。
どんな種類の機械があって、どんな場所で使えるかな?

小ぶりなハンドローラー

ハンドローラーとは、見た目も小ぶりでも、意外と労災事故の多い機械になります。

特にどんな事故が多いかというと、

資格講習の教育未受講者が無資格で操作し、ハンドル操作を誤って激突や機械の止め方がわからず操作ミスによる事故が多いです。

道路工事や大きな重機が入らないところでは、ハンドローラー(1トン程度)の機械が頻繁に使われます。

座って動かせるコンバインドローラー

次は一般の車と同じ位のサイズのコンバインドローラです。

ポイントとして見分けるためには、

前輪が鉄の車輪で後ろの車輪はタイヤです。

鉄の車輪は鉄の重さで土を締め固め、ゴムのタイヤの部分を使って空気圧で締め固めます。

こちらは両方を兼ね備えたマルチなローラーになので、現場でも多く見かけます

道路工事でよく見かけるタイヤローラー

引用:酒井重工

タイヤローラーは名前の通りゴムのタイヤで車輪がついています。ポイントとして

前輪がゴムのタイヤ、後もゴムのタイヤ

タイヤの空気圧で均等に道路の締め固めを行う舗装工事やアスファルトの転圧に向いています。

夜間になればアスファルトの仕上げで大きな幹線道路等で見かけることがあります。

タイヤを左右一列に並べ、ローラー代わりにしたのがタイヤ式ロードローラーになります。

タイヤはゴム製で、前に3つ、後ろに4ついてるものもあります。

タンデムローラーとは?

タンデムローラーは大きな工事現場で後から地盤が沈下しないように土を締め固めるための工事などに使います。

ポイントとしては

前輪の車輪が鉄、後輪の車輪も鉄

車輪の鉄の自重で均等に締め固めを行っていきます。

道路工事等でも舗装はタイヤローラー下の路盤を、舗装をタンデムローラーで行うこともあります。

ダム現場等ではコンクリートの締め固めに使うこともあります。

締め固める理由としては、ダムではコンクリートは水の量がマンションなどと違って少なく、硬く水を通さないように、キツく締め固めるという目的があるからです。

マカダム式のローラーとは?

引用:酒井重工

車輪が3つあり、前に2つ後に1つ-3輪タイプのローラーになります。

ポイントは

前に2つ、後ろに1つのローラーとなっています。

3つのローラーで、踏み残しがないように均等に転圧できます。

下の記事では、ロードローラに似ているホイールローダーとショベルローダーの資格について解説していますので、道路工事に携わるのであれば是非取得するためにも読んでおくと良いでしょう。

このようなロードローラーを使用する道路工事において、下のような測量機械は必須の道具となります。

特に道路工事は土煙などがひどいので、機械が防塵であったり耐久性のあるものを選ぶようにすることをおすすめします。

筆者個人としては、このタジマの測量機がとても使い勝手がよいのではないかと思います。

ケース付きの上、目盛表示も分かりやすく、汚れや衝撃に強いので工事において活躍すること間違いないといえます。

ローラを運転するための特別教育とは?

この講習を受講するとローラーの操作が可能になります。
ただ、操作を誤ると死亡事故につながるので資格を取得しても注意しましょう。

ローラーを運転するには資格が必要です。

ただし技能講習や免許と違って特別教育の受講で運転ができます。

締固め用機械(ローラー)運転者の特別教育を受講することで運転が可能になります。

安全衛生法の第59条第参考の特別教育の中で安全衛生規則36条の住所で決められている特別教育の講習時間をクリアすると運転が可能になります。

ローラは、運転者の死角から周囲の人が見づらく、接触事故や激突事故が多いため、事業主はローラーの作業をする労働者に対して特別教育を受講させる義務があります。

安全教育の受講カリキュラムとは
  • ローラーに関する知識4時間
  • 運転に必要な一般的事項に関する知識1時間
  • 関係法令1時間
  • 実技教育4時間

合計10時間で二日間にわたって講習を受け資格を取得することができます。

実技は実際に走行させたり、転圧操作実技を勉強します。

特別教育では現場の中でしか運転ができない

特別教育を受講して運転が出来るようにはなりますが、あくまで現場の中だけで運転ができるようになるので、実際の道路工事を行う際には道路を走行しないとならないため大型特殊自動車免許があれば、なおスキルアップ可能です。

下の記事では、不整地においての車両操作方法について書かれていますので、舗装工事に携わるのであればチェックしておくと良いでしょう。

ローラー特別教育を受けるメリット

ロードローラーの特別教育を受講することは、現場で使用できることだけでなく様々なメリットがあります。

将来的に登録基幹技能者になることができる

土工職人として、一度は憧れる登録基幹技能者になることができます。

後に記述しますが、建設キャリアアップシステムの評価が上がると最終的に登録基幹技能者になるためのゴールドカードにバージョンアップできるようになります。

将来的に登録基幹技能者を目指しているのであれば、受講しておくことをおすすめします。

建設キャリアアップシステムの土工職人の評価が上がる

土工職人として評価を上げるのであれば、建設キャリアアップシステムの評価は必須条件になります。

先述したように、建設キャリアアップシステムの評価が上がり、ゴールドカードとなると登録基幹技能者としての講習を受講することも可能になります。

ローラーの講習はこのような評価を上げるうえで重要な講習の一つといえるでしょう。

外国人労働者であれば、特定技能ビザで建設機械重機土工として働ける

このローラー特別教育は、特定技能の重機土工の一つとして挙げられています。

外国人労働者として、特定技能を持って働くためにもローラーの特別教育を受けるとよいのではないかと思います。

ローラーで実際に起きた労働災害(労災事例)の事例について

先述したように、現場でローラーを操作するときは、ローラー特別教育を受講修了した者をつける必要があります。

この責任者を配置しなければ、事業者は最悪の場合業務停止などの措置がありますので必ず義務付けるようにしましょう。

愛媛・松山労働基準監督署は、車両系建設機械を使用する際に誘導員を配置しなかったとして、土木工事業の㈲ダイケン土木(愛媛県松山市)と同社代表取締役を労働安全衛生法第20条(事業者の講ずべき措置等)違反の疑いで、松山地検に書類送検した。

 平成30年3月、愛媛県松山市の農道舗装工事現場において、同社労働者が、車両系建設機械であるローラーを運転して道路の締固め作業をしていた。その際、路肩からローラーごと8.5メートル墜落、頭部や胸部の圧迫などにより死亡する労働災害が発生した。ローラーの横に倒れているのを発見されたという。

 労働安全衛生規則では、路肩などで車両系建設機械を使用する際に危険が生ずるおそれがある場合、誘導員を配置するよう求めている。しかし、同社は怠っていた。

【平成30年6月14日送検】

労働新聞社引用

魚津労働基準監督署は、特別教育をせずに機械を運転させたとして、一般貨物自動車運送業の㈲平和運輸(富山県射水市)と同社代表取締役を労働安全衛生法第59条(安全衛生教育)違反の疑いで富山地検魚津支部に書類送検した。

 平成29年2月11日、顧客敷地内で同社労働者が締固め用の機械であるローラーをトラックに積み込むため運転していたところ、ローラーとともにトラックの荷台から転落、死亡する労働災害が発生した。同社は、ローラーの運転に必要になる法定の特別教育を行っていなかった。

【平成29年9月8日送検】

労働新聞引用

このようにローラー操作を誤ることで、死亡事件なども発生しているということが分かります。

こうした観点から、ローラーを操作するときは必ず特別教育を受講するようにしましょう。

まとめ

今回は、ロードローラーの使用方法や特別教育について解説しました。

まとめますと、

  • ロードローラーは道路工事で舗装した部分を締め固める重機
  • ロードローラーは種類があり、それぞれで使用方法や用途が違う
  • ローラーの特別教育を受けなければならない
  • 大型特殊を持っていれば、移動の際に運転することができる
  • 締め固めるだけでも、多くの労災事件があるので受講修了していても慎重に取り扱わあなければならない

ですね。

ローラーにはたくさんの種類があって、特別教育を受講しないとなりません。

その中で大型特殊自動車免許や他の技能講習と組み合わせるとさらにスキルアップが可能です。

道路工事では必須の資格となりますが、操作には死角があり作業中の接触や激突などが多いため、操作には慎重に取り扱わないといけません。

是非この資格を取得してスキルアップを検討してみてはどうでしょうか。