広告 楽天ランキング4冠獲得【VOICE 5ライン グリーンレーザー墨出し器】

建設キャリアアップシステムの塗装職人のゴールドカード取得と登録基幹技能者

2021年3月31日建設キャリアアップ(外国人雇用)建設キャリアアップ、建設知識、資格

建設キャリアアップシステムは、ウェブサイトとICカードを用いて建設職人と事業主の会社情報をデータ化する取り組みです。

人気の職種、塗装工事プロを目指すには、建設キャリアアップシステムを通して、塗装職人になる為の必要な資格をここではまとめています。

今後、このシステムは現場入場の際に技能者や外国人労働者にも適用され民間のハウスメーカーやリフォーム会社にも運用を期待されています。その中で今回は塗装工に関してまとめてみます。

 塗装工事建設キャリアアップの評価判定とは?

能力評価制度は、建設技能者のレベルを経験・知識・技能・マネジメント能力での評価を基本に4段階で評価したものになります
各レベルの目安としては以下のようになります

  • レベル1:初級技能ホワイトのカード
  • レベル2:中堅技能者ブルーのカード
  • レベル3:職長として現場に従事できる技能者シルバーのカード
  • レベル4:高度なマネジメント能力を有する技能者(登録基幹技能者など)となります。ゴールドのカード

各職種により、レベル1~4の取得に必要な条件が異なります。その中で評価に対してカードの色が違います。

塗装工事に役立つYouTube

CCUS塗装職人技能者判定のランクレベル4

塗装工事のプロになるには、この資格が必要になります。

こちらの資格から1つ保有していること、さらにレベル2、3の基準に示す保有資格を保有していることで、ゴールドカードになれます。

現場経験を10年(2150日)の経験の中で職長として3年(645日)の実務経験が必要になります。

登録塗装基幹技能者になる受験資格とは?

塗装工事のスーパー職長を目指せる資格は、こちら

登録基幹技能者になるためには、10年以上の現場実務経験が必要です。

それと、職長教育及び職長・安全衛生責任者教育を受講し3年以上の職長経験を有した方が講習試験を受けることによって試験に合格した者が登録基幹技能士として活躍できます。

登録基幹技能者は、元請けの安全品質の施工計画に対して参画し、自分の従業員だけではなく施工指導ならびに施工計画、施工手順を理解して現場の統括的な職長の中の職長として現場を取り仕切ることができます。

試験内容も技能者としての経験知識を試されます。資材管理、工程管理、施工管理、安全管理、原価管理、各種法令、塗料や材料に関する知識、塗装に対する施工方法等のプロとしての経験を問われます。試験時間は120分で4肢択一式で50問出題します

試験内容も、基幹技能一般・資材管理、工程管理、施工管理・基幹技能法令・原価管理、品質管理、安全管理・塗料や塗装に関する新しい高度知識を講習から問われます。

登録建設塗装基幹技能者 受験資格としては以下のようになります。

  • 建設塗装実務経験を 10 年以上有する者
  • 実務経験のうち、3年以上の職長経験を有する者
  • 1級建築塗装技能士または1級鋼橋塗装技能士の資格を有する者

塗装職人レベル3の技能者レベルに必要な資格

資格要件が高い塗装工事。

  • 1級建築塗装作業技能士
  • 1級鋼橋塗装作業技能士
  • 2級建築施工管理技士
  • 2級土木施工管理技士

上記の資格から1つを保有し職長・安全衛生責任者教育を受講している中でレベル2の基準に示す保有資格をクリアーしていること7年(1505日)職長又は班長として 1年(215日)の経験が必要になります。

塗装工事建設キャリアアップシステムの評価レベル2

塗装工事は仕事の幅が広い。

塗装のキャリアアップシステムでは3年(645日)の実務経験日数が必要になります。その中で塗装には様々な場所で塗装を行うケースがありシンナーや溶剤を使うため様々な資格があります。

その中でレベル3では下記の資格から1つ資格を必ず保有しとかないとならないです

建設キャリアアップのレベル1

養生を覚えたり、ネタを練る大事な期間

建設キャリアアップシステムに技能者登録され、かつ、レベル2から4までの判定を受けていない技能者

建築仕上げ改修施工管理技術者とは?

リフォームのプロ資格。

建築仕上げ改修施工管理技術者はリフォームとかの施工管理ができる資格になります。

建築の仕上げや改修工事は古いものを壊すのではなく、様々な新しい材料等で改修していく専門的な知識が必要です。

老朽化した建物を再度補強したりとかして建物の再利用や長期で利用できるように建築物の点検や診断から修繕方法を考えないとならないです。

研修は、標準仕様書「公共建築改修工事標準仕様書」がマニュアルとなりその内容をもとに、「建築改修工事監理指針」を用いて建築改修やリフォーム方法等を学びます。

研修では防水や塗装、外壁診断、建具内装様々な建築知識を学び、その中で基本的な知識から劣化診断までの専門的な分野を学んでいきます。

研修は三日間で行われます。今後、建築工事が減少する中で建物の長寿化させる耐震改修やコンクリート修繕は今後の建設業では非常に大事な内容になってくるためさらに需要はあると思います。

塗装工事建設キャリアアップシステム申込み先

建設キャリアアップシステムの申し込み方法はこちらから

建設キャリアアップを運用している建設業振興基金の建設キャリアアップのHPは以下の通りです。

塗装工事建設キャリアアップシステムの申し込みリンク先
塗装工事建設キャリアアップシステムの事業者登録
塗装工事建設キャリアアップシステムの技能者登録

申請の書類やQ&A等が記載されておりますのでご活用下さい。

広告