建設キャリアアップシステム電気工ゴールドカード取得と登録基幹技能者

2021年7月22日CCUS,建設キャリアアップ(外国人雇用)CCUS,建設知識

建設キャリアアップシステム電気工で登録基幹技能士と技能判定、建設キャリアアップシステムはwebサイトとICカードを組み合わせて、建設技能労働者や事業所の情報をデータ化する仕組みの事です。

取得出来るカードの色によってベテランと経験がわかる。官民一体となって建設業に従事する人々が技術水準の適正な評価や 、現場の効率化などを目指して作られました。

こちらでは電気職人でキャリアアップして一番の職人になる為の資格を中心に建設キャリアアップの申し込みなどをまとめてます。

このシステムは公共工事および民間の大手建設会社、大手住宅企業でも導入が予定されており、様々な現場でカード提示が求められます。

このブログは他にもこのようなことがまとめてあります。合わせて気になる記事を確認してみてください。全体を確認するにはこちら

電気工建設キャリアアップのランクは?

能力評価制度は、建設技能者のレベルを経験・知識・技能・マネジメント能力での評価を基本に4段階で評価したものです。
各レベルの目安としては

  • レベル1:初級技能
  • レベル2:中堅技能者
  • レベル3:職長として現場従事できる技能者
  • レベル4:高度なマネジメント能力を有する技能者(登録基幹技能者など)となります。

各職種により、レベル1~4の取得に必要な条件が異なります

電気工建設キャリアアップシステム能力評価レベル4の資格

建設キャリアアップで電気工事職人に最高位のランクの職人になれる
電気職人が使いたい最新の検電道具

建設業での就業日数:10年(2150日)その中で職長として3年(645日)の経験を積んだベテラン職人が該当になります。

【必要な資格として】

  • 登録電気工事基幹技能者
  • 優秀施工者国土交通大臣顕彰(建設マスター)
  • 卓越した技能者(現代の名工)

どれか一つ取得が必要です。レベル2と3の基準に示す保有資格も必要になります。

登録電気工事基幹技能者を取得ゼネコンで花形の活躍

登録基幹技能者で電気職人のトップになれるスーパー職長
電気職人が使いたい最新のテスターはこちら

基幹技能者制度は、平成20年4月1日から建設業法施行規則に登録講習制度として位置付けられることとなりました。

同日以降に国土交通大臣に登録をした機関が実施する登録電気工事基幹技能者講習を修了した者は、新たに経営事項審査で加点評価されます。

登録電気工事基幹技能者講習修了証交付について

登録電気工事基幹技能者」修了証の取得には「特例講習」、または「認定講習」を受講する必要があります

登録電気工事基幹技能者認定講習

受講には、下記の実務経験が必要となります。

  • 電気工事(電気通信工事)の経験10年以上
  • 第1種電気工事士資格取得後、5年以上
  • 職長教育修了証取得後、職長経験3年以上

認定講習は、年1回、2日間行われます。

2日目の講習修了後、試験を実施しされています。

電気工の建設キャリアアップシステムレベル3の資格

この資格を取得したらレベル3になれるけど、電気は資格が多い
電気職人が受験したい第一種電気工事士対策本はこちら

就業日数5年(1075日)職長又は班長として 1年(215日)の経験か必要になります。

第一種電気工事士免状取得者をしている人になります。

下記の保有資格にあっては、それぞれ指定する就業日数を満たすことでレベル3の保有資格を有するものとして取り扱われます。

  • 第一種電気工事士試験合格者で認定電気工事従事者(就業日数1,505日(7年)以上)
  • 青年優秀施工者土地・建物産業局長顕彰者(建設ジュニアマスター)で第二種電気工事士免状取得者(就業日数1,505日(7年)以上)
  • 第二種電気工事士免状取得者で認定電気工事従事者(就業日数2,150日(10年)以上)

レベル2の基準に示す保有資格取得していることが条件になります。



認定電気工事従事者とは

住宅、工場、ビル等の電気設備について、工事段階で不完全な施工をすると感電、火災等の思わぬ事故が発生する危険性があります。

経済産業省では、こうした電気工事の欠陥による災害を防止することを目的として、自家用電気工作物のうち簡易な電気工事について認定電気工事従事者の資格を定め、認定しています。

この資格が必要な工事は、電圧600V以下で使用する自家用電気工作物(最大電力500kW未満の需要設備)にこの資格が必要になります。

認定電気従事者になる為の資格要件
  • 第一種電気工事士試験に合格した者
  • 第二種電気工事士免状交付を受けた後、軽微な工事、特殊電気工事、電圧50,000ボルト以上で使用する架空電線路に係る工事及び保安通信設備に係る工事以外の工事に関し3年以上の実務経験を有し、又は経済産業大臣が定める簡易電気工事に関する講習(認定電気工事従事者認定講習)の課程を修了した者
  • 電気主任技術者、電気事業主任技術者であって免状交付後3年以上の実務経験があり、又は認定電気工事従事者認定講習の課程を修了した者
  • その他同等以上の知識及び技能を有していると経済産業大臣が認定した者

電気工の建設キャリアアップシステムレベル2

レベル2になるにはこの資格を取るためには勉強が必要
電気職人が受験したい第二種電気工事士対策本はこちら

どちらかの資格と就業日数3年(645日)の経験が必要です。

  • 第一種電気工事士試験合格者
  • 第二種電気工事士免状取得者

電気工事士は、電気を安全かつ快適に使うため、電気に関する工事や管理を行う、大事ななくてはならない職業。

中でも、第一種電気工事士は、一般用電気工作物及び自家用電気工作物(最大電力500kW未満の需要設備に限る)の作業に従事できます。

第一種電気工事士とは

600V以下で受電している一般用電気工作物の電気工事に加え、工場など高圧以上で受電している自家用電気工作物のうち、最大電力500kW未満の需要設備の電気工事が行えるため、第二種よりも仕事の範囲が広がります。

第二種電気工事士とは

住宅や店舗など600V以下で受電する設備の新築・増改築時に、配線図どおりに屋内配線、コンセントの設置、アース施工などを行う専門技術者のことです。

電気工事士取得で電気職人給与アップ

第二種、第一種に関わらず受験資格が必要ありません。また、年齢制限もないため何歳でも受験することが可能です。

建設キャリアアップシステム電気工になりたてのレベル1

これから頑張って早めに資格を取得!して頑張る。
電気職人欲しい最新の絶縁ドライバーこちら

建設キャリアアップシステムに技能者登録され、かつ、レベル2から4までの判定を受けていない技能者で、まだ経験をこれから積む人や、判定を受けて無い人はレベル1になります。

建設キャリアアップシステムは日本電設工業協会が幹事?

電気職人キャリアアップシステムの幹事団体は怪しい・・・

このキャリアアップシステムの電気工事分野の運営団体は一般社団法人日本電設工業協会になります。

社団法人は会長職、副会長職を関電工、日本電設工業、ユアテック、トーエネック、きんでん、九電工、住友電設と名だたる大手の電力会社の社長や会長が社団を兼務しています。怪しい感じは致します。下記をクリックすると関電工の闇がわかります。

電気工事はサブコン的で独占的な世界です。

電気工事建設キャリアアップシステムCCUS料金や申込み先は

建設キャリアアップシステム申し込み先や料金は?

建設キャリアアップを運用している建設業振興基金の建設キャリアアップのHPは以下の通りです。

電気工事キャリアアップの詳細リンク先

電気工事キャリアシステム事業者登録

建設キャリアアップ電気工事技能者登録

申請の書類やQ&A等が記載されておりますのでご活用下さい。

電気職人が持っている腰道具は?

電気工事の職人さん腰道具はこちらです

一番道具箱や腰袋から出てくるのはテスターですが、測定器には電圧、電流、抵抗を測定する回路計(テスタ)をはじめ、電線相互間などの絶縁抵抗を測定する絶縁抵抗計、接地抵抗を測定する接地抵抗計、負荷電流と漏れ電流を測定するクランプメータなどがあり、計測する用途によって計器を使い分けます。
テスターは、電子機器や電気回路の点検や保守管理で電気的な量を測定するために使用する計測器です。

電気屋は、ストリッパーという工具で、ケーブルを向いてコンセントや照明に電気の線を差しこんで、器具が明かりがつくように、配線していきます。その際にストリッパーで少し線から銅線をむきます。中には太いケーブルでは電工ナイフ(電気屋の為のカッターナイフも持っています。

更に、ネジを外したり、器具を固定するのに頻繁にドライバーを使います。優しく締めないとネジの十字やマイナスになっている部分を痛めないように、手で優しく強く締めて行きますが、当然ながらプロなので電気が誤った流れても大丈夫な防護として絶縁ドライバーを使用してます。

あとは、ビニールテープをいつも持ち歩いてますが、このビニールテープは特殊で、器具と電線を固定したあと、ストリッパーで剥いた際に、電線に隙間等や隙間から湿気が入らないように、テープを巻き付けたあと、自然と一体化になる自己融着テープというもので、ビニールとは違う特殊なテープで下処理と電線防護を行います。電柱や高圧電線になれば、更に絶縁性が高い手袋や工具など、電気屋さんの種類によっても違ってきます。