最近の記事

マニアックなJRの作業資格と現場管理を目指すには?専門の資格について分かりやすく解説!

2020年12月26日その他資格,安全教育,資格講習

この記事では、一般的な建設業では触れられない鉄道工事について解説していきます。

また、鉄道工事で必須の資格について合わせて解説していきたいと思います。

JR工事に携わるには施工管理技士や技能講習の資格だけでも工事ができるのかな?

と、鉄道工事も他の工事と特に変わりがないので施工管理技士の資格さえあれば大丈夫と思っているのではないかと思います。

鉄道工事と言えば夜間で作業してるイメージがありますが、実はJRの特有の資格が必要です。

そこで、今回はあまり皆さんが知らないJRの資格についてまとめてみました。

このブログは他にもこのようなことがまとめてあります。合わせて気になる記事を確認してみてください。全体を確認するにはこちら

JRの鉄道工事をするときに必要な資格とは?

JRの工事は夜間作業のイメージもありますが、線路脇の昼間での草刈り作業や保守メンテナンス等の作業も当然あります。

鉄道には建築限界といわれる、鉄道建設工事の知識が必要になります。

建築限界とは、簡単にいえば、線路上に建築物を設置してはならないという設定をしている範囲を指す、交通工学用語の一つです。

鉄道工事では、特にこの決まりが細かく、路線ごとにこの建築限界の範囲は違います。

例えばプラットホームいつも駅で利用しているホームドアも全てこの建築限界の中で考えられており、プラットホームと電車の隙間など計算された中で施行されています。

昼間の作業でも、この建築限界に立ち入らないように防護策を設け駅改良工事等も行われております。

興味がある人はぜひ建築限界を調べてみるとよいかと思います。

JR工事管理者になる資格要件とは?

駅舎工事j・軌道工事にはJR工事管理者必須

JR工事管理者とは、以下のような方を指します。

工事管理者は、鉄道では現場監督をこのような呼び名で呼びます。建設工事でいう現場監督のようなものと思ってください。

鉄道工事にはレール(軌道)や架線の保守メンテナンスの工事や電車が走っている側で作業するため感電や接触の危険性があり、作業管理に特に注意を払わないとなりません。

その中で構築物を作るための品質管理等を受け持つ専門的な現場監督になります。

現場の工程会議や電鉄との調整打ち合わせ等が必要になります。

鉄道工事の現場監督になるには必須の資格です

資格のポイント

説明の中で、在は在来線と言う意味で略しており、幹は新幹線の意味です。併せて確認してください。

この資格のポイントは在来線と新幹線で区分が分かれるので、在来は在来線のみしか管理できません。新幹線のみ管理できます。両方を管理するには2つ受講しないとならないです。

資格の保有者は、腕章を必ずつけており個々の役割がわかるようにされております。

そもそも施工管理技士についてよく分からない方は是非下の記事でおさえておくようにするとこの記事をより理解しやすいのではないかと思います。

では、JR工事管理者資格を取得するための受講条件を解説していきます。

工事管理者(在来線)の受講要件

工事管理者在来の受講要件は下記のようになります。

  • 土木・建築等の工事経験5年以上(営近工事1年以上を含む)の者。
  • 大学等において土木・建築等課程の修了者で土木・建築等の工事経験3年以上 (営近工事1年以上を含む)の者。
  • 2級施工管理技士等に合格し、土木・建築等の工事経験2年以上(営近工事1年以上を含む)の者。
  • 工事管理者(新幹線)の資格者で営近工事経験1年以上の者。
  • 軌道工事管理者(在)または(幹)の資格者で、土木・建築等の工事経験2年以上 (営近工事1年以上を含む)の者

この中のどれかの条件に当てはまるようにしないとなりません。

工事事管理者(新幹線)の受講要件

工事管理者の新幹線の管理者になるには以下の経験が必要です。

  • 土木・建築等の工事経験5年以上(営近工事 幹 1年以上を含む)の者。
  • 大学等において土木・建築等課程の修了者で土木・建築等の工事経験 3 年以上 (営近工事 幹 1 年以上を含む)の者。
  • 2級施工管理技士等に合格し、土木・建築等の工事経験2年以上(営近工事 幹 1 年以上を含む)の者。
  • 工事管理者(在来線)の資格者で営近工事 幹 経験1年以上の者。
  • 軌道工事管理者(在)または(幹)の資格者で、土木・建築等の工事経験2年以上 (営近工事 幹 1 年以上を含む)の者。

この中のどれかの条件に当てはまるようにしないとなりません。

JRの作業資格の一つ列車見張員とは?

列車見張り員は列見と言われる

よく電車乗ってると、黄色の服を着たガードマンみたいな人がいるけど
この人たちは何の仕事をしてるのかな?

列車見張員とは、鉄道工事において列車事故を防ぐ為に配置される資格保持者のことです。

列車見張員経験年数は特になしで受講すれば可能です。

ちなみに、列車接近を作業している方に合図して、一時作業中断させ車両通過確認する大事な仕事を「列見」といいます。

この、列見を行うのには下記のような理由があります。

列車運行中に線路内及び線路に近接して作業する場合には、列車見張員を配置して安全を確保してから作業を行うことが必要になっており、警備会社が主に列車見張りの資格をガードマンに受講させ特化した形で、鉄道関係には配置されています。

つまり、安全に作業を進めるためにも必須となる作業員といえます。

列車見張り踏切監視員(ロープ)の受講要件は

さらに経験をあげれば、踏切監視員(ロープ)として活躍可能です。踏切監視員は、踏切の保守等を実施する際、鉄道列車の接近を把握した中で、工事管理者や作業者の安全を守る大切な作業で、踏切を横断する車の誘導などが主な仕事になります。

受講条件は以下の通りになります。

  • 列車見張員資格取得後、営近工事経験1年以上の者。
  • 列車見張員資格取得後、列車見張員として営近工事で1年間に 20 回以上の従事 経験がある者

この中のどれかの条件に当てはまるようにしないとなりません。

JRの作業資格の一つJR線路閉鎖責任者とは?

線路閉鎖を確認する大事な工事管理の立場です。
線閉着手の合図で作業にて作業が始まるようになっています。

鉄道工事では主に夜間作業がメインで深夜からその作業に取り掛かります。

その中で始発電車や点検車両等が線路に侵入してこないように、信号を赤にして線路閉鎖を手続きするのが線路閉鎖責任者と呼ばれます。

線閉(せんぺい)と呼ばれており、着手解除はこの責任者が行った後、工事管理者や作業員は線路内にホームから降りることが許され、作業をはじめることができます。

線閉責任者(在来一般)(在来ATOS)とは?

線閉にも在来線と新幹線とでそれぞれ受講するようになっています。

この資格の受講要件は下記のようになります。

  • 列車見張員資格を取得後、営近工事経験4年以上かつその間における列車見張員としての従事経験が毎年4回以上の者。
  • 大学等における技術系に関する課程の修了者で、列車見張員資格を取得後、営近工事経験2年以上かつその間における列車見張員としての従事経験が毎年4回以上の者。

この中のどれかの条件に当てはまるようにしないとなりません。

線閉責任者(新幹線)

この資格の受講要件は下記のようになります。

  • 列車見張員資格を取得後、営近工事又は営近工事 幹経験4年以上かつその間に列車見張 員としての従事経験が毎年4回以上の者。
  • 大学等において技術系に関する課程の修了者で、列車見張員資格を取得後、営近工事 又は営近工事 幹経験2年以上かつその間に列車見張員としての従事経験が毎年4回以上の者。

この中のどれかの条件に当てはまるようにしないとなりません。

ちなみに、夜間作業はこうした設置型ライトが必須になり、夜通し行われる上、屋外での作業になります。

そのため、なるべく持ち運びがしやすく、明るさに申し分ないほどのバッテリーパワーを求められます。

個人的におススメなのは、このマキタの充電式ライトです。

マキタの充電バッテリーは、アダプタ式と同等以上のパワーがあるので夜間作業も快適に進めることができます。

また、コードレスなので持ち運びもしやすく、軽量化にも優れているので照らしたいところにすぐ照らせるのも嬉しい点だといえます。

JRの作業資格の一つJR特殊運転者になるには?

軌道内で重機使用は鉄道専門資格必須

特殊運転者とは、線路上を走る車両を運転するための資格です。

作業の重機を操作するにもこんな資格が必要になります。技能講習や特別教育だけでは操作できません。

線路の上を走るユンボやクレーンなど様々な建設機械が線路の上を走っていますが、通常の電車の貨物列車や客車などとは違い材料を運ぶための特殊車両の受講を受けた人が、この特殊車両運転者になることができます。

  • 軌道機械操作者
  • 特殊運転者(MC)
  • 重機械運転
  • 除雪機械操縦者
  • 確認車作業責任者

その作業には優劣があり、軌道機械操作者が1番重厚の優位性があります。

下の記事では車両系建設機械の資格をまとめているので、重機の取り扱い資格などが分からなかったら、合わせて読んでみてください。

軌道機械操作者になるには?

受講条件は以下の通りです。

  • 「特殊運転者(MC)」資格を所持し、かつMCの運転実務経験を有する者。
  • 特殊運転者(MC)
  • 自動車運転免許証を有する者。
  • JRにおいて、在来線または新幹線の軌道モータカーに よる車両の牽引の実務経験を有する者。

重機械運転者になるには?

受講条件は以下の通りです。

工事用重機械に関する運転免許、技能講習修了証、特別教育修了証を有する者になります。

こちらも併せて、講習を受けないとJRにおいては作業できない形になります。

資格取得したらやはり単価と給与はベースアップしたいところです。私も実際3回も転職してます。

ただ、なかなか転職サイトをみても建設業に特化した求人が少ないですよ。

そこで、建設業に特化した正社員求人が満載のこちらのサイトを紹介します。登録しておくと、職人や施工管理など81種類の職種から求人を検索できるのであなたの希望する求人を見つけやすくなります。

新しい仕事をこちらで登録してチェックしてみましょう。



施工管理で有れば、人材紹介会社を使うことで建設コンサルタント、ゼネコン施工管理、建設機械営業など施工管理の希望の転職も可能になります。



JRの作業資格の一つ軌道作業責任者とは?

軌道工事は建築限界工事を確認

電車の重要なレール、これがなければ走行することができません。

鉄道のレールの保守管理のスペシャリスト!

そのため、レールに特化した現場監督と職長が必要になります。

レールを敷くためには、軌道作業責任者と工事管理者が必要になります。

レールの敷設や枕木、バラスト犬釘等の日常的な保守管理やタンパによる締め固め作業等が電車の乗り心地の鍵になってきます。

そのため、軌道工事管理者の資格はそれぞれ3種類に分かれています。

  • 軌道工事管理者(在来線)
  • 軌道作業管理者(新幹線)
  • 軌道工事管理者(機械施工)

在来、新幹線と2種類あります。さらに機械施工など種類が分かれます。

今回は、在来線を例にして受講条件をまとめてみます。

下の記事では、責任者になる上で知っておきたいことなどをまとめているので、是非これから責任者を目指す方は合わせて読んでみてください。

軌道工事管理者(在来線)の資格取得方法

この資格の受講要件は下記のようになります。

  • 軌道工事経験5年以上(営近工事1年以上を含む)の者。
  • 大学等において土木・建築等課程の修了者で軌道工事経験3年以上(営近工事1年以上を含む)の者。
  • 2級施工管理技士等に合格し、軌道工事経験2年以上(営近工事1年以上を含む)の者。
  • 軌道工事管理者(幹)の資格者で営近工事経験1年以上の者。
  • 工事管理者(在)または(幹)の資格者で軌道工事2年以上(営近工事1年以上を 含む)

この中のどれかの条件に当てはまるようにしないとなりません。

管理者でまとめてみましたので、職長として活躍するには責任者の方を受講しましょう

次に、軌道工事の職長として活躍する場合の資格について解説していきます。

レール溶接作業責任者と技術者になるには?

レール切断から溶接には技量と資格必須

鉄道のレールは1本ものです。

ただし車に積み込める長さじゃないと運べないため、分解して現地で溶接します。

線路の切り替えやレールの交換等ではこの溶接が行われます。

レール溶接作業は種類もたくさんあり技量が求められるから難しい資格なんだろうなあ…

種類も溶接方法が4種類あり、その内容に応じて責任者と技術者は講習を受けないとなりません。

責任者で4種類の資格、技術者(技能者)で4つの資格が必要になります。

  • レール溶接作業責任者(EA)
  • レール溶接作業責任者(FB)
  • レール溶接作業責任者(GP)
  • レール溶接作業責任者(GS)

技術者には4つの区分があり、レール溶接の品質管理が求められます。

  • レール溶接技術者(EA)
  • レール溶接技術者(FB)
  • レール溶接技術者(GP)
  • レール溶接技術者(GS)

上記のように、4種類ありますが技術者として活躍するには、様々な溶接方法を知ることが重要です。

各溶接の内容としては記号がこのようになっています。

  • レール溶接(EA)はエンクローズアーク溶接
  • レール溶接(FB)はフラッシュ溶接
  • レール溶接(GP)はガス溶接
  • レール溶接(GS)はゴールドサミット溶接

作業責任者の、取得条件とは下記のようになりますが、種類が多いので 1つを例にまとめてみます。

レール溶接作業責任者(EA)の取得方法

レール移設イメージ
  • 「レール溶接技術者資格認定証」を取得後、過去3年以上にわたる継続的なレ ール溶接技術者(EA)としての実務経験を有する者。
  • 労働安全衛生法に規定する下記の資格を有する者
    • ガス溶接技能講習を修了した者
    • 研削砥石に係わる特別教育を受講した者
    • アーク溶接等に係わる特別教育を受講した者

この中のどれかの条件に当てはまるようにしないとなりません。

下の記事では、アーク溶接とガス溶接について解説しているので、是非興味のある方は見てみてください。

JRの作業資格の一つ停電責任者・停電作業者とは?

鉄道の保守管理ってほんとうにたくさんあるんだなあ…

線路には上を見上げると電気が流れているパンタグラフが接する架線があります。

こちらは常に電気が流れており、接触すると感電死することもあります。

工事中には一時的にこの電気を停止したり、検電作業を行ったりとかします。

こちらの電気の停止入電の作業を行うのがこの責任者と作業者になります。

JRの作業資格の一つJR土木検修責任者とは?

鉄道といっても橋脚や高架橋など土木構造物で作られた鉄道施設があります。

鉄道施設も何年かするとクラックや修繕が必要になってきます。

定期的なメンテナンスをすることの必要性があるため専門のJR土木検修責任者そして鉄道の構造物の保守メンテの専門の資格があります。

1級土木施工管理技士等に合格した者で、営近工事又は営近工事(新幹線)2 年以上の経験を有する者

以上の受講条件をみたすことで、講習を受け、晴れて鉄道メンテナンスのプロとして働くことができます。

JRの作業資格の一つ線路検修責任者とは?

鉄道工事イメージ

線路検修責任者(在来線)と線路検修責任者(新幹線)がある。鉄道の線路や架線などの保守作業を実施する際に、鉄道が脱線事故などを起こさないように工事を完了させるための最高責任者になります。

線路検修責任者(在来線)この資格の受講要件は下記のようになります。

  • 線路検修工事経験3年以上の者。
  • 大学等において土木・建築等課程を修了者で線路検修工事経験2年以上の者。
  • 2級施工管理技士等に合格した者で、線路検修工事経験2年以上の者。
  • 線路検修責任者(幹)の資格者で、線路検修工事経験を有する者。
  • 軌道工事管理者(在)の資格者で、軌道工事経験2年以上の者。

この中のどれかの条件に当てはまるようにしないとなりません。

線路検修責任者(新幹線)この資格の受講要件は下記のようになります。

線路検修工事経験3年以上(線路検修 幹1年以上を含む)の者。

  • 大学等において土木・建築等課程を修了者で線路検修工事経験2年以上(線路検 修 幹1年以上を含む)の者。
  • 2級土木施工管理技士等に合格した者で、線路検修工事経験2年以上(線路検 修 幹1年以上を含む)の者。
  • 線路検修責任者(在)の資格者で、線路検修工事 幹経験を有する者。
  • 軌道工事管理者(幹)の資格者で、軌道工事 幹経験2年以上の者。

この中のどれかの条件に当てはまるようにしないとなりません。

まとめ

今回は、JRの線路工事を行う際の工事関連資格について解説していきました。

まとめますと、

  • JR工事管理者とは、線路工事の現場監督である
  • 列車見張員は、工事中の列車走行など工事の安全確認を行う
  • 列車見張員を務めると、踏切監視員になれる
  • 線閉責任者は、夜間工事での線路閉鎖や安全管理を行う
  • JR特殊運転者は、様々な重機を使って工事に関するもの操作・運搬などを行う
  • 軌道工事管理者は、レールを作るときの作業を総括する
  • レール溶接技術者は、様々な資格と溶接方法を知る資格
  • 停電責任者/主任者は、架線部分の検電作業を行う資格
  • 線路検修責任者は、工事中・その後の保守管理などを行う資格

ですね。

たくさんの資格があるJRの工事に携わるためには講習を受けないとなりません、適性検査や講習を1日受けたりとか夜勤明けで大変だと思いますが、この受講が終わらないと資格を取得することはできません。

資格の取得は日本鉄道施設協会で受講できます。

下記のホームページより申し込みができますので詳細はこちらで確認してください。以上長文になりましたがJRの資格の取得の方法をまとめてみました。