実録!大規模修繕の屋上防水・廊下長尺撤去15週目ブログ

2020年11月6日大規模修繕工事,大規模修繕週間報告不具合記録,大規模修繕

大規模修繕15週目長尺シート貼り替えと騒音が響く中で自主検査を行うように進んでいます。

マンションの大規模修繕の記録として前回は、5階の庇屋根の施工改修で問題がありましたが、今週からは防水工事関係が始まってきており、仕上げが進んで来ています。大規模修繕の進捗状況をまとめてみました。

マンション大規模修繕を管理組合の目線で週刻みでまとめています。
今週の施工の進捗状況は?マンション大規模修繕工事前に発覚した不具合で販売会社と施工会社の責任追及しながら、大規模修繕では工事費用も大きく掛かっております。そんな大規模修繕15週目の内容とは?


このブログは他にもこのようなことがまとめてあります。合わせて気になる記事を確認してみてください。全体を確認するにはこちら

 管理組合が知りたい大規模工事内容とは

大規模修繕も大きく完了に向けて進んできました。

マンションの工事進捗は50%以上の工事の進捗になりました。あとは、防水工事や雑関係の仕上げが多くなってくるかと状況で大規模修繕は進捗してます。

屋上の斜屋根に関しては、防水工事の仕様変更してもらった為、屋上斜屋根の金額根拠資料の減額明細作成を依頼して返答待ちです。

見積もりの不明確な部分は常に聞いていく事が必要になります。

バルコニーアンケートは2~4階に配布してもらい先行して2階~4階はバルコニーの長尺シート張り替えと塗装工事は完了した中で、今週は5階の方もバルコニーの工事も完了したとの事です。

5階も入居者のチェック(施主検査)アンケートは本日配布したとのことで、この施主検査各世帯からコーキングやタイル浮き、塗装の塗り漏れがなければバルコニー面の工事は全て完了になります。

このバルコニー検査を大規模修繕業者だけでなく、自分たちで確認していくことが大規模修繕では重要かと思います。

実録!マンション大規模修繕リフォーム融資借入を検討14週目ブログ

大規模修繕ポイントと進捗状況の確認

南面の解体が始まれば、バルコニーが使えるようになり洗濯ものがほせる

5階のバルコニー面は検査の是正が完了した時点で仮設足場は3月5日から南面解体の予定になります。これでバルコニー面がある南面のみ足場解体にります。

3月2日にバルコニー内 の隔板ステッカー張・手摺根元カバー取付・室外機の冷媒管テープ巻やエアコンパテ穴埋めを実施する予定で完了後に足場解体で予定が進んでいます。

足場撤去前にバルコニーの室外機が壊れてる場合もあるのでエアコンのチェック

下地補修のタイル張り替え工事は南、西、東は完了し、北側面のタイル張り替え工事が完了し、全てタイル張替が完了済にてなります。

問題となった外壁タイル工事は全て張り替えになりましたが、マンション販売会社や建築したゼネコンは一度も工事中の視察も来なかったです。

2月末に金額面と工事内容をまとめて弁護士より、内容証明を送付する予定です。タイル不具合の本格的な追及に入れそうな状況です

これからタイル工事の精算に関しては、更に時間が掛かる内容かと思います、、、

防水工事は 屋上のアスファルト増張りが開始されてと廊下の床シート(長尺シート)の張り替えの為に古いシート撤去の工事が進んでいますが、防水工事は非常に重要な工事なので雨天等には無理矢理施工しない確認が必要です。

屋上防水は古い防水シートに重ねて新しい防水シートを貼っていくような工事がされている。新しいものを重ねて貼り付けてていく、増し張りの施工が続いています。

大規模修繕長尺シート撤去の騒音と工事音は響く

廊下の長尺シート撤去工事に関しては、スクレーパーと言う機械で剥がしていきます。

この音の共鳴音はスゴイうるさい。

これがウルサイです。

機械自体はそんなに音がしないですが、シートはボンドで貼り付けてますから、機械の振動で剥がしていきますが、廊下から部屋への共鳴して音が伝わるので、全世帯が同じ音を感じています。

かなりうるさいです。

撤去が終わりすぐに終わるみたいですが、並行して新しいシートを貼る工事の前に廊下内のタイル張替が完了しているので3月2日からドア周りやメーターボックス廻りのシーリング打替を作業されています。

3月9日以降に廊下内の高圧洗浄後に天井等の塗装を予定されている為、塗装完了したら床にシートの張り替えになります。

順番に施工されて、少しづつ新築当時の様子に近づいてきてます。

長尺シート撤去後の状況確認と廊下の下地

廊下シート撤去に掛かった時間としては3日ほどで全ての廊下シートの撤去が完了しました

管理組合大規模修繕自主検査はマスキングテープ

バルコニーの検査を行うにあたり住民での自主検査を行う中で不具合箇所や是正箇所がわからなくなるので確認のため緑色テープを掲示板に置いておくように依頼させてもらい不具合の明示をして自主的にチェックをしています。

管理組合から申し入れした内容でテープを設置してもらいました

実録!大規模修繕16週目は工事中にコロナが発生した!

5階バルコニー手摺のグラつきと危険

手摺のグラつきに関しては3月4日までに行う5階アルミ手摺の補強方法としては1住戸に対して2ヶ所の補強柱を設置する方法で見積提案を出すことになったと大規模修繕業者から報告ありました。

足場の解体もある為に取り急ぎ、今回は留付ビスの緩みやビス不足の対応のみ行なって足場解体を行い、後日に補強を検討するとの事です。やはり5階等は風の影響等でも手摺はかなり揺れています。

大規模修繕補の養生材は地下ピットへ

地下へ余った材料を保管して次回の修繕工事に備える

今回余剰で少し余る予定の張替タイルの在庫は地下ピット内に入れる予定で将来のストックしておくことが連絡ありました。

ただ、この地下ピットは建築ゼネコンが、残した既存残材がまだある為に混在してしまう可能性があるので時期を確認する必要がある。

建築ゼネコンにて10年以上放置された資材やゴミがあり、適切に処理をゼネコンに行ってもらわないとならず、再度材料の保管を検討して理事長とも意見を交えた中で、地下ピット内の状況を確認した中で材料の仮置きが必要です。

5階廊下の庇については、管理組合側で施工業者が見つからない為、大規模修繕業者には庇補助足場を残すよう説明しているが竣工以降も足場を残す場合は足場材のレンタル代が掛かってしまう状況です。

何かしらの対策が今、管理組合には必要な状況です。

大規模修繕の15週目まとめ

15週目には解決しないといけない内容が多数出てきております。

仕上げ工事も進んできてる中で不具合がある部分で追加費用や交渉等がこれから進んできます。足場が取れるといって終わりではなく、仕上げの防水工事やシーリング工事等確認して今後の補修や修繕が最低限になるような確認が必要かと思います。