最近の記事

建築板金工建設キャリアアップシステムゴールドカード能力評価

2020年8月9日CCUS,建設キャリアアップ(外国人雇用)

労働者「建設キャリアアップシステム」はwebサイトとICカードを組み合わせて、建設技能労働者や事業所の情報をデータ化する仕組みの事です。 官民一体となって建設業に従事する人々が技術水準の適正な評価や 現場の効率化などを目指して作られました。

建設キャリアアップシステムシステムで建築板金工事を極めるための資格をまとめています。その中で職人としてトップクラスになるための方法をまとめています。

このシステムは公共工事および民間の大手建設会社、大手住宅企業でも導入が始まっており、今後様々な現場でカード提示が求められます。

このブログは他にもこのようなことがまとめてあります。合わせて気になる記事を確認してみてください。全体を確認するにはこちら

 建築板金工事CCUS能力評価制度は?

能力評価制度は、建設技能者のレベルを経験・知識・技能・マネジメント能力での評価を基本に4段階で評価したものです。
各レベルの目安としては

  • レベル1:初級技能
  • レベル2:中堅技能者
  • レベル3:職長として現場に従事できる技能者
  • レベル4:高度なマネジメント能力を有する技能者(登録基幹技能者など)となります。

資格取得したらやはり単価と給与はベースアップしたいところです。私も実際3回も転職してます。

ただ、なかなか転職サイトをみても建設業に特化した求人が少ないですよ。

そこで、建設業に特化した正社員求人が満載のこちらのサイトを紹介します。登録しておくと、職人や施工管理など81種類の職種から求人を検索できるのであなたの希望する求人を見つけやすくなります。

新しい仕事をこちらで登録してチェックしてみましょう。



施工管理で有れば、人材紹介会社を使うことで建設コンサルタント、ゼネコン施工管理、建設機械営業など施工管理の希望の転職も可能になります。



建築板金工事能力評価レベル4(最高ランク)

建設業での就業日数:10年(2150日)と職長として3年(645日)の経験を積んだベテラン職人になりますが、下記の中から資格を一つ保有しないとならないです。

  • 登録建築板金基幹技能者〔00021
  • 優秀施工者国土交通大臣顕彰(建設マスター)
  • 1級建築施工管理技士
  • 卓越した技能者(現代の名工)

また、レベル2と3の基準に示す保有資格を取得しないとならないです

登録建築板金基幹技能者とは

この資格を保有すると誰もが認めるスーパー職長になります。

板金工事職人は屋根や外装を中心とした建築外装の施工を行う職人なります。

置き場等での作図・加工製造と実際に材料を持ち込み工事施工を行う難しい仕事ですが登録建築板金技能者は現場施工上の指示や指導を行う等、技能者として現場施工の中心的な役割と責任を担う存在になります
ひとことでいえば、熟練した技能者であり、元請けとの仕事の調整や関係する業者等との施工管理、品質管理、原価管理、安全管理等が行うことが出来るスーパー職長になります。

この資格の受験要件としては建築板金に従事し、次の3つの要件全てを満たす者。
(1)建築板金工事の施工現場で10年以上の現場施工に従事した者。
(2)うち3年以上の職長経験を有している者。
(3)下記の5つの資格をすべて有する者。
 ・「建築板金一級技能士」
 ・「職長・安全衛生責任者教育講習修了者」
 ・「アーク溶接作業特別教育修了者」
 ・「玉掛技能講習修了者」
 ・「高所作業車運転技能講習修了者」

この受講資格があれば、所定の様式による書類にて受講申請を行い、書類審査が受理されれば、講習を受けることができます。「登録建築板金基幹技能者講習」は、「講義」と「試験」とからなり、「講義」を受講し、「試験」に合格した者に登録建築板金基幹技能者修了証が交付されます。

板金工事のCCUSキャリアレベル3

頑張って資格を一つ取得するとレベル3になれるので早めに取得して一人前としての実績を作ろう

板金工事の職人でレベル3になるには、就業日数7年(1505日)として職長として 3年(645日)の経験が必要になります。その中で下記の中から一つ資格を保有しないとならないです

  • 1級建築板金技能士
  • 2級建築施工管理技士
  • 青年優秀施工者土地・建設産業局長顕彰
  • 金属屋根工事技士

職長・安全衛生責任者教育とレベル2の基準に示す保有資格の取得は必須となります。

金属屋根工事技士は専門的な資格

金属屋根工事技士は、金属屋根工事を計画段階から完成までを実施できるプロとしての資格になります。正しい施工で安全で品質を確保できることを証明する資格になります。

属屋根工事技士技術審査は毎年1回、全国の主要都市で開催されます。受験資格には金属屋根工事に関する一定の実務経験年数が必要となります。

  • 必要な実務経験としてはこちらの下記の要件が必要になります。
    • 大学卒業者 2年6ヵ月以上(1年6ヶ月以上)
    • 短大・高専卒業者 3年6ヵ月以上(2年6ヶ月以上)
    • 高校卒業者 5年6ヵ月以上(3年6ヶ月以上)
    • その他の者 8年以上
    • (  )は指定学科(建築など)卒業者になります

審査内容は、建築全般に関する基本的な事項に関する問題(基本知識)、金属屋根に関する専門的な事項についての問題(専門知識)及び記述式問題に分かれています。基本知識と専門知識は4肢択一の選択問題です。

建築板金工事のキャリアレベル2

建設キャリアアップシステムでレベル2の資格を得るには就業日数3年(645日)と下記の資格講習をすべて受講する必要があります

建築板金工事になりたてのレベル1

建設キャリアアップシステムに技能者登録され、かつ、レベル2から4までの判定を受けていない技能者で、まだ経験をこれから積む人や、判定を受けて無い人はレベル1になります。

建設キャリアアップを運用している建設業振興基金の建設キャリアアップのHPは以下の通りです。

板金工建設キャリアアップシステム申請リンク先

板金工建設キャリアアップシステム事業者登録

板金工建設キャリアアップシステム技能者登録

申請の書類やQ&A等が記載されておりますのでご活用下さい。