建設キャリアアップシステム:建築板金職人/登録基幹技能者と技能士合格するメリットとは?金属屋根工事技士を取得する方法は?

この記事では、建設キャリアアップシステムにおける建築板金職人として作業に従事するための能力評価基準をそれぞれのレベルに必要な基準を解説していきます。

と、自身のキャリア形成で将来的に「大きな仕事に就きたい」「今の仕事環境では不安だ」などと考えている方もいるのではないかと思います。

そこで、今回は建築板金職人としてキャリアアップするのに欠かせない「建設キャリアアップシステム」における建築板金職人の能力評価基準をそれぞれのレベルに合わせて解説していきたいと思います。

 
千尋さん保険屋
今回は板金工事ですね
 
ネコマル
そうです。聞いたことはありますよね

建設キャリアアップシステムとは、インターネットサイトとICカードを利用して現場入場時にICカードを端末にチェックさせ、建設業で従事する労働者の入場管理からその方の資格情報や従事者記録を蓄積していき、その情報から、事業者の会社情報や社会保険の加入状況等を見える化していくシステムのことです。

現在、建設キャリアアップシステムは大手ゼネコンやサブコンでは導入が始まっており、今後民間のハウスメーカーでも導入が検討されています、

公共工事では既に必須になっており、今後この仕組みは全国に普及していく予定です。

このブログは他にもこのようなことがまとめてあります。合わせて気になる記事を確認してみてください。全体を確認するにはこちら

 建設キャリアアップシステム:建築板金/能力評価基準

建設キャリアアップシステム:鉄筋工能力評価基準
 
ネコマル
では簡単に建設キャリアアップを説明します
 
千尋さん保険屋
お願い申し上げます

建設キャリアアップシステムの能力評価制度は、建設技能者のレベルを経験・知識・技能・マネジメント能力の評価に基づき、4段階のランクで評価されたものとなっています。

4段階のランクとは、初級技能者からベテラン技能者へとランク分けされており、そのランク分けされたカードが職人さんごとに与えられます。

各レベルの目安としては、

  • レベル1:ホワイトカードの初級技能者
  • レベル2:ブルーカードの中堅技能者
  • レベル3:シルバーカードの職長として現場に従事できる技能者
  • レベル4:ゴールドカードの高度なマネジメント能力を有する技能者(登録基幹技能者など)

各職種により、レベル1~4の取得に必要な条件が異なります。

建設キャリアアップシステム:建築板金職人/能力評価基準レベル4

 
千尋さん保険屋
レベル4になると?
 
ネコマル
ゴールドのカードもらえます

就業日数

建設業での就業日数10年(2150日)と職長として3年(645日)の経験を積んだベテラン職人が対象となります。

必要資格

下記の中から資格を一つ保有する必要があります。

  • 登録建築板金基幹技能者
  • 優秀施工者国土交通大臣顕彰(建設マスター)
  • 1級建築施工管理技士
  • 卓越した技能者(現代の名工)

また、レベル2と3の基準に示す保有資格を取得していなければいけません。

登録建築板金基幹技能者とは?

 
千尋さん保険屋
基幹技能者とは?
 
ネコマル
一番のプロの証ですね

板金工事職人は屋根や外装を中心とした建築外装の施工を行う職人なります。

置き場等での作図・加工製造と実際に材料を持ち込み、工事施工を行う難しい仕事です。

登録建築板金技能者は現場施工上の指示や指導を行う等、技能者として現場施工の中心的な役割と責任を担う存在になります。

ひとことでいえば、熟練した技能者であり、元請けとの仕事の調整や関係する業者等との施工管理、品質管理、原価管理、安全管理等が行うことが出来るスーパー職長になります。

資格の受験要件

建築板金に従事し、次の3つの要件全てを満たす者

(1)建築板金工事の施工現場で10年以上の現場施工に従事した者。
(2)うち3年以上の職長経験を有している者。
(3)下記の5つの資格をすべて有する者
 ・「建築板金一級技能士」
 ・「職長・安全衛生責任者教育講習修了者」
 ・「アーク溶接作業特別教育修了者」
 ・「玉掛技能講習修了者」
 ・「高所作業車運転技能講習修了者」

この受講資格があれば、所定の様式による書類にて受講申請を行い、書類審査が受理されれば、講習を受けることができます。

「登録建築板金基幹技能者講習」は、「講義」と「試験」とからなり、「講義」を受講し、「試験」に合格した者に登録建築板金基幹技能者修了証が交付されます。

実施団体は以下の通りです。

全板連グループ

ようこそ、全板連グループのホームページへ。グループ紹介、イベント情報、技術、商品情報をご紹介しています。…

建設キャリアアップシステム:建築板金職人能力評価/基準レベル3

 
千尋さん保険屋
次はレベル3ですか?
 
ネコマル
要件は高いですよ

就業日数

板金工事の職人でレベル3になるには、就業日数7年(1505日)職長として 3年(645日)の経験が必要になります。

必要資格

その中で下記の中から一つ資格を保有しておく必要があります。

  • 1級建築板金技能士
  • 2級建築施工管理技士
  • 青年優秀施工者土地・建設産業局長顕彰
  • 金属屋根工事技士

また、職長・安全衛生責任者教育とレベル2の基準に示す保有資格の取得は必須となります。

関連記事

この記事では、板金工事職人の給与と公共工事の単価を合わせて解説していきます。また、公共工事の単価は現在すごい単価になっているので、その1人工の単価も合わせて解説していきたいと思います。このように他人の給与がどれぐらいのなの[…]

屋根板金工事で使いたいアイテムは?

板金工事といえば、板金ハサミが思いつくと思います。しかしながら薄い材料とはいえ鋼板ですので手に関る負担はやはり大きいです。 プロが使う道具の一つでシャーがありますのでこちらのような機械がプロは使われてます

工具のおススメはこちら鉄板切断も楽
 
板金さん
評価: 4.0ステンレスなら1.2mmまでアルミなら2.5mmまで簡単に切れるので凄く助かってます。
コードもないので楽に扱えるので便利です。

次に上位資格の金属屋根工事技士から建設キャリアアップシステムレベル2.1に関してまとめいきたいと思います。

合わせて申し込み先なども記載しておきますのでチェックしてみて下さい。