広告 楽天ランキング4冠獲得【VOICE 5ライン グリーンレーザー墨出し器】

トンネル工事の建設キャリアアップシステムゴールドカード取得と登録基幹技能者

2021年3月31日建設キャリアアップ(外国人雇用)建設キャリアアップ、建設知識、資格

建設業に従事する人々が技能水準の適正な評価や 、現場の効率化などを目的な現場入場する際に提示して記録を蓄積していくシステムです。その中でトンネル工事建設キャリアアップと技能判定でカード種類とランク変わる。その内容まとめてみました。

トンネル工事は都市部てまは開削からシールドなど様々な工事があります。トンネル工事職人として一番になるにはどのような資格が必要か建設キャリアアップシステムに合わせてまとめています。

このシステムは公共工事および民間の大手建設会社、大手住宅企業でも導入が予定されて運用開始しています

 トンネル工事建設キャリアアップのランクは?

能力評価制度は、建設技能者のレベルを経験・知識・技能・マネジメント能力での評価を基本に4段階で評価したものです。

  • レベル1:初級技能
  • レベル2:中堅技能者
  • レベル3:職長として現場従事できる技能者
  • レベル4:高度なマネジメント能力を有する技能者(登録基幹技能者など)となります。

各職種により、レベル1~4の取得に必要な条件が異なります

トンネル工事レベル4の最高ランクの職人とは

トンネル工事のプロになるにはこの資格を取得が必要。

10年(2150日)職長として3年(645日)の経験を積んだプロフェッショナルが以下の資格を保有していることでレベル4になれます

  • 登録トンネル基幹技能者
  • 優秀施工者国土交通大臣顕彰(建設マスター)

どちらかの資格を保有しておりレベル2、3の基準に示す保有資格を持っている人になります。

登録トンネル基幹技能者の条件と取得

トンネル工事のスーパー職長

トンネル技能に関する実務経験を10年以上で、職長での指導監督的な経験を3年以上有する人が対象なります。合格者は職人の中でも職長以上にゼネコンと計画の参画や技能者の育成等のスーパー職長になれます。

資格基準: 職長としての十分な技能を有することが確認されるなかで次の資格で、いずれか 1つを有していること。

  • 発破技士
  • 火薬類取扱保安責任者(甲・乙)
  • 土木施工管理技士(1級・2級)
  • 優秀施工者(建設マスター)顕彰者

講習日数 :3泊4日の合宿で講習24時間、試験2時間、開・閉講式2時間の合計28時間を受講が条件になります。

トンネル工事CCUSの技能者レベル3

山岳工事ではダイナマイトで発破

トンネル工事で7年(1505日)職長又として 1年(215日)の方は以下の資格でシルバーカードが手にはいります。

  • ずい道等の掘削等作業主任者又はずい道等の覆工作業主任者
  • 発破技士又は火薬類取扱保安責任者(甲・乙種)

全ての取得が必要になります。

職長・安全衛生責任者教育は職長条件で必須で、更にレベル2の基準に示す保有資格を持っていることが条件になります。

トンネル工事技能者の評価ランクレベル2

仕事で必要とはいえ、技能講習をたくさん取得しないと

2年(430日)の経験を積んだ中で、以下の資格から全て保有になりますのでハードルは高いです。

評価レベル1の作業者ランクは

ズリだしやマンボ取りだけじゃなく、早く資格を取得しよう。

建設キャリアアップシステムに技能者登録され、かつ、レベル2から4までの判定を受けていない技能者になります。

火薬類取扱保安責任者の資格取得

この資格を取得してスキルアップ責任者として活躍

火薬類保安責任者は、火薬類を安全に製造・取扱する作業の管理・監督する仕事での責任者になります。

火薬類を扱う会社は、火薬の管理人として必ず火薬類保安責任者を選任しないといけなくて国家資格を取得が必須になりますり

火薬類(製造・取扱)保安責任者資格は、火薬類製造保安責任者資格と火薬類取扱保安責任者資格があります。

  • 火薬類製造保安責任者資格は、甲・乙・丙種の3種類に分かれています。
  • 火薬類取扱保安責任者資格は、甲・乙種の2種類に分かれています。

甲・乙・丙種の3種類の違いとは、それぞれが扱うことのできる火薬類の量と種類になります。

  アニメ動画「知ってる?トンネル」わかりやすく解説

土木の勉強にもなるよ。

トンネル関連の豆知識を軽快なリズムに乗せて紹介する短編アニメ25作品(1作品17秒)で構成。作品は総集編と短編があるのは知っていますか?よければ、見てみてはどうでしょうか?

トンネル工事建設キャリアアップシステムの内容

建設キャリアアップを運用している建設業振興基金の建設キャリアアップのHPは以下の通りです。

建設キャリアアップシステムの申し込み方法はこちら

トンネル工事建設キャリアアップシステムの申込みリンク先
トンネル工事建設キャリアアップシステムの事業者登録
トンネル工事建設キャリアアップシステムの技能者登録

申請の書類やQ&A等が記載されておりますのでご活用下さい。

広告