建設キャリアアップシステム:トンネル工事/登録基幹技能者・火薬類取扱保安責任者合格するメリットとは?

この記事では、建設キャリアアップシステムを通して、トンネル工事職人として能力評価を高めるにはどのような条件や資格を必要とするのか解説していきたいと思います。

また、上級職長として大規模な現場を管理することができる「登録基幹技能者」になるための資格取得方法も合わせて解説していきたいと思います。

建設キャリアアップシステムに登録している方にとって建設キャリアアップに登録したけど、いまいちどう活用していけばいいのか分からないなあ…

と、このシステムについて実際どのように自分のキャリアと関わっていくのか資格の概要だけではイマイチつかみづらいかと思います。

また、カードがランクアップできるといっても、ランクアップするにはどのような条件が必要なのか、職種によって違うのでなかなか分かりづらいのではないかと思います。

千尋さん
新人保険屋

なんの為のカードですか?

ネコマル

そのカードの意味はこういう意味ですね

建設キャリアアップシステムとは、建設業に従事する人々が技能水準の適正な評価や 、現場の効率化などを目的な現場入場する際に提示して記録を蓄積していくシステムです。

トンネル工事は都市部までは開削からシールドなど様々な工事があります。

そんな、トンネル工事職人として一番になるにはどのような資格が必要か建設キャリアアップシステムを通して解説していきたいと思います。

このブログは他にもこのようなことがまとめてあります。合わせて気になる記事を確認してみてください。全体を確認するにはこちら

前提:トンネル工事はどうやって施工されるの?

まず、トンネル工事の施工方法について普段あまり馴染みがないことかと思います。

そこで、今回の記事の理解を深めるためにも、トンネル施工方法についての記事を参考にしてみてください。

このシステムは公共工事および民間の大手建設会社、大手住宅企業でも導入が予定されて運用開始していますので、参考になるかと思います。

ちなみに、トンネル工事で使用するヘルメットは、その現場の危険性から通常のヘルメットとは違う種類のものを使用して作業にあたります。

このような、ヘルメット 全周つば付型(飛・墜)になっているものを使用します。

安全性に考慮したヘルメットになっているので、是非どんなものを使用するのか見てみてください。

  アニメ動画「知ってる?トンネル」は素人でもつくり方がわかる

千尋さん
新人保険屋

素人でもわかるものあります?

ネコマル

トンネル作業がすごく分かりやすい!

トンネル関連の豆知識を軽快なリズムに乗せて紹介する短編アニメ25作品(1作品17秒)の動画です。

「文章でみてもイマイチよく分からないよ…」なんて方は、面白いので是非チェックしてみてください。

 トンネル工事 建設キャリアアップシステムとは?

トンネル工事、建設キャリアアップのランクは?

建設キャリアアップシステムで定められている能力評価制度は、建設技能者のレベルを経験・知識・技能・マネジメント能力での評価を基本に4段階で評価したものです。

  • レベル1:初級技能
  • レベル2:中堅技能者
  • レベル3:職長として現場従事できる技能者
  • レベル4:高度なマネジメント能力を有する技能者(登録基幹技能者など)となります。

この能力評価制度は各職種により、レベル1~4の取得に必要な条件が異なります

資格取得したらやはり単価と給与はベースアップしたいところです。私も実際3回も転職してます。

ただ、なかなか転職サイトをみても建設業に特化した求人が少ないですよ。

そこで、建設業に特化した正社員求人が満載のこちらのサイトを紹介します。登録しておくと、職人や施工管理など81種類の職種から求人を検索できるのであなたの希望する求人を見つけやすくなります。

新しい仕事をこちらで登録してチェックしてみましょう。

建設業の求人・転職先を探すなら助太刀社員



新しい仕事探しはこちら【GATEN職】

建設キャリアアップシステム:トンネル工事 能力評価制度

建設キャリアアップシステム:トンネル工事の能力評価制度と登録基幹技能者になるには?

今回はトンネル工事における能力評価制度は、どのようなものなのか解説していきたいと思います。

建設キャリアアップシステムレベル4 トンネル職人とは

トンネル工事レベル4の最高ランクの職人とは
ネコマル

トンネル工事のプロになるにはこの資格を取得が必要です

千尋さん
新人保険屋

どんな資格が必要なんですか?

建設キャリアアップシステムでレベル4(ゴールドカード取得)するには、

就業年数10年(2150日)職長として3年(645日)

の経験を積んだプロフェッショナルが以下の資格を保有していることでレベル4になれます。

  • 登録トンネル基幹技能者
  • 優秀施工者国土交通大臣顕彰(建設マスター)

どちらかの資格を保有しておりレベル2、3の基準に示す保有資格を持っている人になります。

また、職長として業務に携わるためにも安全教育を受講する必要があるので、是非以下の内容を合わせて読んでみてください。

登録トンネル基幹技能者の条件と取得するには?

ネコマル

トンネル工事一番にはこの資格です!

千尋さん
新人保険屋

登録基幹技能者という資格ですね

登録基幹技能者になると、ゼネコンと計画の参画や技能者の育成等大規模な仕事を任せられるスーパー職長になることができます。

登録基幹技能者になるためには、以下の条件を満たした上で、受講&修了試験を受験できる条件となります。

  • トンネル技能に関する実務経験を10年以上職長での指導監督的な経験を3年以上有する人
  • 資格基準: 職長としての十分な技能を有することが確認されるなか、次の資格で、いずれか 1つを有していること
  • 発破技士
  • 火薬類取扱保安責任者(甲・乙)
  • 土木施工管理技士(1級・2級)
  • 優秀施工者(建設マスター)顕彰者

講習日数は、3泊4日の合宿で

  • 講習24時間
  • 試験2時間
  • 開・閉講式2時間

の合計28時間を受講が条件になります。

登録基幹技能者に関する詳しい概要については、以下のリンク先で知ることができるので是非チェックしてみてください。

トンネル工事建設キャリアアップシステム レベル3

トンネル工事CCUSの技能者レベル3
ネコマル

レベル3は、資格を2つ取得しておかなければいけません

千尋さん
新人保険屋

2つも取得ですか・・・

トンネル工事で7年(1505日)職長又として 1年(215日)の方は以下の資格を揃えると、シルバーカードが手にはいります。

職長・安全衛生責任者教育は受講必須となっており、更にレベル2の基準に示す保有資格を持っていることが条件になります。

上位資格として、建設キャリアアップシステムレベル3・4を説明してきましたが、次のページで火薬取扱保安責任者と建設キャリアアップシステムレベル1・2ついてまとめていきたいと思います。また合わせて申し込み方法も記載してますのでチェックしてみてください。