東海環状自動車道橋脚施工ミスの原因と人的凡ミスの怖さ

昨年の年末に12月28日このようなニュースが出ていました。なかなかの施工不良の為、少しブログにまとめてみました。

問題があったのは現在工事中の高速道路になります。

愛知県の豊田からの環状道路で岐阜・大垣・四日市を結ぶ新しい幹線道路工事になります。

関東でいうイメージだと外環道路になりますね。

このブログを見て連絡してきた、練馬の新人保険屋さんの千尋(ちひろ)さん。

建設業の実態教えて欲しいと言われてブログを一緒にやることになりました。

ネコマル

このニュース知ってます?

新人保険屋
千尋

Yahooに出てたような?
どんな内容ですか?

東海環状自動車道橋脚工事施工不良

東海環状自動車道の施工工事

中日本高速道路株式会社名古屋支社が施工する東海環状自動車道(東海環状道)大野神戸インターチェンジ(IC)~糸貫IC(仮称)の建設工事において、工事受注者から施工済みの橋脚1基について、設計図書に対して柱の長さが不足(約0.7m)していると報告がありました。

中日本高速道路株式会社のニュースリリースの報告を用いて見てみるとこのように根入れの深さが違ってます

通常は絶対にあり得ないことです。工事中は測量を何回も繰り返して位置の確認高さの確認など行います。掘削の際も床付けの確認で測量も繰り返し行います。

新人保険屋
千尋

別に多少は大丈夫じゃない?

ネコマル

橋脚や柱は根入れが重要なんです。多少はありません。

東海環状自動車道での施工ミス・工事失敗
引用 東海環状道の建設工事における設計図書不適合への対応について
  • 床付け検査
  • 均しコン検査
  • 型枠組立・打設後の出来形確認
  • などなど

など、構築工事には何回も確認を繰り返します。

発注者の対応と再発防止策

新人保険屋
千尋

なんで間違ったんですか?

ネコマル

測量間違ったみたいです。

新人保険屋
千尋

建設業ではザラなんですか?

ネコマル

ザラって、ほとんど無いです。あっても直ぐ修正します

受注者からの報告として、当該現場においては今後、測量の誤りの原因である機器目盛りの読み違いを防止するため、目盛りの確認は複数名かつ複数系統でおこなうこと、上部組織による現場巡回の強化をおこなうこと、また新たに現場に統括責任者を配置し、受発注者との連絡調整を総括的に担わせ、現場内の統制の強化を図ること、とされています。

引用 東海環状道の建設工事における設計図書不適合への対応について
新人保険屋
千尋

この報告はどう思います?

ネコマル

測量は複数で普段からやって無いのは間違い発生させますよ。

見延第二高架橋施工ゼネコン

この工事を請負した施工業者はこちらになります。

対象構造物:見延第二高架橋 橋脚1基
(岐阜県本巣市見延)

  • 工事名:東海環状自動車道 見延第二高架橋他2橋(下部工)工事
  • 受注者:TSUCHIYA株式会社

その請負金額は国交省資料:地区別発注見通し一覧令和2年3月16日の記載事項から発注規模の入札規模公示:5.5億円以上~11億円未満

類似工事でもだいたい同額で入札落札されてますね。参考に類似する工事として、このような中日本高速道路会社名古屋支社は、東海環状自動車道御望山本線橋(下部工)工事の一般競争で、落札者を徳倉建設・坂田建設JVに決めた。落札額は11億7640万円、だいたい類似してますね。

施工不良と懸念事項に関して

新人保険屋
千尋

間違ったら直せばいいじゃん

ネコマル

そんな簡単ではありません。

さて、工事詳細は大野神戸インターチェンジ(IC)~糸貫IC(仮称)橋脚・橋台18基の構築工事をTSUCHIYA株式会社にて施工したそのなかで橋脚1基の施工不良が発覚したとのことですが

中日本高速道路株式会社のニュースリリースの写真を見ても、橋脚の躯体工事に関しては完成している状況ですね。どんな橋脚か中部地方整備局の資料を参考に見てますと一度耐震基準を見直しされてかなり大きくなってます。

東海環状自動車道の橋脚工事ミス

さて、問題は基礎の根入れ部分が700mm(70センチ)の埋め込み不良の報告されていますが、場所打ち杭φ1200 杭長さ14.5m 本数9本こちらの杭に関しては、高止まりしているとか無いのでしょうか?

杭が所定の深さまで到達してない可能性もあります・・・どっかで同じようなことありましたね。杭の施工不良は

少し心配な部分もあります・・・・

どれぐらいのやりかえの代償を伴うのか、、あくまで推定ですな