マンション大規模修繕の住民説明会は参加するべき?共有部の黒板?ホームページで情報発信してスムーズな改修工事

マンション大規模修繕の住民説明会は参加するべき?実際の情報発信方法を解説!

この記事では、マンションの大規模な修繕の際に行う定期的な住民説明会で工事状況等を把握するための必要性のそのポイントを実際の修繕工事を通して解説していきたいと思います。

私のマンションは大規模修繕を行い、ゼネコンによる施工不良個所が発覚したので建設会社と裁判の最中です。

今までの修繕工事に関する内容についてはこちらからご覧ください。

大規模修繕前に様々な不具合が発覚し、販売会社・施工会社それぞれに原因を追究しながらも順調に工事を進めていくことができました。

その背景には前途多難な修繕工事ながらもなんとか順調に進めることができた要因としてしっかりとした住民説明会にあったかと思います。

そこで、今回はマンションの修繕工事における住民説明会の大切さと、開くうえでポイントとなることをまとめていきたいと思います。

新人保険屋
千尋

住民説明会?

ネコマル

工事業者が住民に工事説明する会です

また、私たちは大規模修繕工事前にいろいろ不具合もあり販売会社と施工会社に追及をしながらの大規模修繕工事になるため、実際大規模修繕工事の事前説明会の大切さをここではまとめています。

このブログは他にもこのようなことがまとめてあります。合わせて気になる記事を確認してみてください。全体を確認するにはこちら

マンション大規模修繕工事の住民説明会参加の必要性

筆者は自分のマンションの管理組合の一員として、マンションの大規模な修繕工事に携わっていました。

ズバリ管理組合という立場からすれば、是非住民説明会には参加してほしいと思います。

では、その必要性について解説していきます。

新人保険屋
千尋

出ないとどうなるの?

ネコマル

あとから聞いてないって文句言われることもあるので

①生活環境に影響を及ぼすから

マンションに住んでいるなか、自分のマンションが大規模な修繕工事に見舞われます。

工事となると、騒音、足場設置による洗濯物の撤去、ベランダや家周りの片付け等をやらなければならなくなります。

そこで、こんな工事やるなんて知らなかった…

ということがないように、住んでいる身としては参加するべき理由の一つかと思います。

②工事の工程を知ることができる

どのような工事を行うのかを住民説明会で説明されます。

工事の工程を知ることは、建設知識のない人だとあまりイメージしにくいものだと思いますが工程をある程度知っておくと生活する上でどういった対策をするべきか事前に予定を立てることができます。

例えば、「廊下の工事を何階で行います」と知ることができれば、この時間は工事の人が出入りしていて家から出にくくなるなとか、「足場をここに設置します」と知ると洗濯物はこの期間から外に干せなくなるなとか対策をすることができます。

全ての工事の行程を知ろうとせず、あくまで自分が分かる範囲で把握すると良いでしょう。

③コミュニケーション不足の解消

マンションに住んでいる上で、少しずつマンションのこの部分に不満がある・どうにかしたいといった要望が出てくるかと思います。

実は、マンションの修繕工事では、マンションの資産価値があげる「グレードアップ工事」を行うことができます。

グレードアップ工事とは、例えば筆者のマンションでは長尺シートの色を変更することを行いました。

他にも、照明をLEDに変えたりするといった「ちょっとした」変化をすることができます。

こうした要望を管理組合や施工会社に伝える場でもありますが、住んでいて不具合があるといったことも伝えることができるので、是非参加するようにしましょう。

住民説明会へ参加しないのはクレームを生み出す元になる

住民説明会に仕事が忙しかったり、予定があることで参加できないといったことはあるかと思います。

ですが、「知らなかった」という理由でクレームを入れる人もいます。これはやめてほしい内容でありますね。

よくあるクレームとして挙げられるのは

  • 洗濯をバルコニーに干せない
  • 車を移動しない行けない
  • 毎日、埃や音や声で悩まされる
  • 夜間が足場に囲まれて不安
  • 変な臭いがする

と、このようなクレームが多く寄せられます。

前提として大規模修繕工事は管理組合全員で決めたものであって、クレーム等にて工事が遅れが発生しないようにするよう管理組合と施工会社は予定を組んでいます。

また、理事会としても出席しなかった人への配慮をすべく、不参加の方への説明やマンションの掲示板にお知らせするなどの対策を行っています。

日曜は用事があるから出れないとかいろいろ理由があるかも知れませんが、実際工事が始まってクレームを入れて予定より工事が遅れるのは管理組合の費用に直結します

是非参加するようにしましょう。

マンション大規模修繕の住民説明会の内容と情報共有対策

新人保険屋
千尋

実際どんな感じでやるんですか?

ネコマル

まぁ 私のマンションの内容で説明します

ここからは、筆者のマンションで行った内容を基に解説していきます。

工事説明会では約一時間ほどになりますが進行の流れは以下のようになります。

マンションの大規模修繕には人数が多いと質疑応答等で時間も掛かりますが、組合としては会場用意と出席を促すことを行うようにしましょう。

プロジェクターやマイク等は全て大規模修繕業者さんが用意してくれました。

大規模修繕の説明会の流れと内容

マンション大規模修繕の住民説明会の内容と情報共有対策
大規模修繕の流れ
  1. 理事長挨拶による:大規模修繕の説明会挨拶
  2. 現場代理人の紹介:代理人による顔合わせと自己紹介
  3. マンションの工事の進め方の方法:大規模修繕の工事概要
  4. DVDによる工事説明会:映像で注意点の紹介
  5. 質疑応答

このような流れで大規模修繕は進みます。

質疑応答の際には何でもいいので気になる事を質問するようにしましょう。

例えば、洗濯物を干せる期間や車の移動先、職人さんのタバコの煙や監督(現場代理人)巡回やチェックの方法等です。

特に検査をいつやるのか検査方法はどうなかのか等を聞いておき、足場の撤去はいつなるのかも聞いておく必要があります。

では、次のページで大規模修繕後に設置される工事の案内掲示板などの重要性についてまとめていきたいと思います。合わせてチェックしてみてください。