建設特定技能ビザ:配管工職人を外国人採用できる特定技能ビザでできる業務内容

2020年11月19日建設キャリアアップ(外国人雇用),特定技能採用CCUS,特定技能建設

この記事では、配管工として外国人を採用する場合、技能実習生ではなく特定技能ビザを取得した外国人を採用するとどのような作業をさせることができるのか解説していきたいと思います。

特定技能ビザという制度が2019年から施行され、建設業もその業種の一種認定されていますが、

実際に採用して作業に従事させるのなら、どういった作業させることができるんだろう?

と、このように今までの外国人実習生とは違った内容なのでよく分からないのではないかと思います。

配管工事とは我々のインフラを支えるガスや水道を通す、重要な工事となります。

そんな配管工事に外国人労働者を雇用した場合にはどのような作業をさせていいのか、またどのような材料等を使用させていいのかなど解説していきたいと思います。

このブログは他にもこのようなことがまとめてあります。合わせて気になる記事を確認してみてください。全体を確認するにはこちら

前提:建設業特定技能ビザを取得する方法と雇用する方法

まず、特定技能ビザとはどういった資格なのかよく分からないかたもいるかと思いますので、是非下の記事を合わせて読んでおくと今回の記事が分かりやすくなるのでおススメです。

また、雇用する企業側が必要となる条件についてもこちらから見ることができるので合わせて読んでみてください。

補足として、現場入りした新人教育や外国人に対しての安全教育に役立つ教材をまとめているので是非活用してみてください。

特定技能ビザ配管工事外国人労働者の主な業務内容

特定技能の外国人の業務の内容は指導者の指示・監督を受けながら、配管加工・組立て等の作業に従事が可能になります。

そうした環境下で行える作業内容は以下の通りです。

  1. 配管施工図の読解
  2. 材料どり
  3. 配管の加工(配管加工・切断・曲げ・接合)
  4. 配管の組立て、取り付け
  5. 配管組立後の確認(水圧試験)

配管の施工図(図面を読みとる)から始まり、1本の配管から何か所の材料を切って使えるかなど加工から組立を行い、最後は水圧の確認チェックすることが配管従事者のメインの業務とされています。

外国人労働者の配管工事で想定される関連業務

作業の配管作業等は可能ですが、埋設等の掘削等は業務区分に入っていません。

下記の主な業務と関連する業務だけを見ると、あくまで屋内配管だけしかできない作業の規定になっています。

  1. 各種原寸図等作成、読解
  2. 配管の作業場内での運搬
  3. 配管工程など管理業務(工具の保守・管理、材料・資材理解)
  4. その他、配管業務の実施に必要となる安全衛生作業(点検、整理整頓、清掃等)

屋外配管する場合には作業区分が違うため、規定外作業となりそうです。

特定技能の配管工事で使用可能主な素材・材料

特に、ガスに使用するようなポリエチレン管やポリエチレン被覆鋼管などが入っていません。

また、給排水設備工事に使用するような配管しか現状は規定されてなく、給湯器当の施工に使うような金属可とう管・金属フレキシブルホースなども使用材料の区分に現在は入っておりません。

下記の内容を見ると、鋼管・塩ビ管と配管の種類も使用できる幅が小さいように思えます。

  • 配管用炭素鋼鋼管(鋼管)
  • ねじ込み式可鍛鋳鉄製管継手(チーズ)
  • ねじ込み式可鍛鋳 鉄製管継手(エルボ、ニップル)
  • 水道用鋼管ポリ塩化ビニル管(塩ビ管)
  • 水道用硬質 ポリ塩化ビニル管継手(塩ビ製エルボ)
  • 水道用硬質ポリ塩化ビニル管継手(バルブ用ソ ケット)
  • 横水栓
  • 合板 等

特定技能配管工事職人が使用可能な機械、設備、工具等

以下の使用工具当等には主に手工具が多いのですが、研削砥石のグラインダーなどの汎用機械が入っていません。

この規定を作った人は水道関係の一部だけを見て特定技能の業務区分や指定材料を決めたのか、現場も知らない人が決めたのがよくわかりますね…。

パイプ万力、パイプねじ切り器、パイプレンチ、ハンマー、面取り器、油さし、シールテ ープ、塩化ビニル樹脂用接着剤、寸法測定具

配管工職人を雇用するために重要なこと

特定技能を雇用するには、外国人労働者に事前にこの特定技能試験に合格した人でないと採用が出来ません。

また、採用側も日本人と同様で給与面や資格面でかなり細かな条件があり、かなり確認してから出ないと日本人を雇う場合に比べて難しいことがあります。

建設キャリアアップシステムに始まり、社会保険でも基準があるため採用に関してはたくさん知らないとならないことがあります。

配管工に関する建設キャリアアップシステムは、以下の記事にまとめているので是非合わせてチェックしてみてください。

補足:配管工事に役立つおすすめグッズ

ここで、普段の配管工事に役立つおすすめグッズを紹介してきたいと思います。

小型でも明るさ抜群な充電式ワークライト

USBアダプタがさせるようになっているので、スマホを一緒に充電させることができます。

暗い場所での作業が多い配管工には申し分のないほどの明るさを誇るので、あるととても便利ではないかと思います。

ヘッドライトでは見にくく、卓上型ライトが置けない場所を照らすのにおすすめです。

軽量で使い勝手のよい充電式レシプロソー

作業内容に合わせて2段階の切り替えができる電動カッターです。

あるときは狭い場所でも、またある時は力のいる作業でも汎用的に使い分けることができます。

また、上向きの作業でも楽に行うことができるほど、コンパクトで軽量に優れています。

見た目がユニークな共用栓カギ

少し、持っていると目を引く栓カギを紹介します。

見た目が銭型となっていますが、見た目に関わらずしっかり使いこなすことができるようになっています。

周りの目を引くユニークなグッズをチェックしてみてはいかがでしょうか。

まとめ

今回は、配管工職人として外国人を採用する場合、特定技能ビザを取得した外国人だとどういった作業が行えるのか解説していきました。

まとめますと、

  • 配管施工図の読解材料どり配管の加工(配管加工・切断・曲げ・接合)配管の組立て、取り付け配管組立後の確認(水圧試験)といった作業が可能
  • 関連業務である配管の埋没作業などは行うことができない
  • 各種原寸図等作成、読解、配管の作業場内での運搬、配管工程など管理業務(工具の保守・管理、材料・資材理解)、その他、配管業務の実施に必要となる安全衛生作業(点検、整理整頓、清掃等)といった関連業務のみ
  • 素材・材料・工具に関しては、配管工事で扱うものが含まれていないこともある

ですね。

配管工は大なり小なり、多くの人手がいる工事です。

配管に必要な埋没などの作業ができないのは、少し不便と感じるかもしれません。

材料・工具など、もう少し配管工に寄り添った規定にしてほしいものですね。