夏に必須! 現場用 クーラーボックス おススメと夏場作業に必須スポットクーラー・大型扇風機の選び方

建設業で今は普通に使っているスポットクーラー(冷風機)ですが、以前は私が土木の現場で初めて出会ったときは感動ものでした。

リース屋から借りてきて、鍛冶屋がメインで使っていましたが、今は現場では必須になってきてますね

さて、スポットクーラーは室内で使うエアコンとは違い、扇風機とも違います。特徴としては「スポットエアコン」または「冷風機」とも呼ばれるスポットクーラーは、移動式のため場所を選ばず使えるのが、ポイントですね
その名前の通り部分的に冷やすことが出来るので、効率的に空間を冷やすことが可能です。

まずはそんなスポットクーラーのおススメから説明していきたいと思います。

このブログを見て連絡してきた、練馬の新人保険屋さんの千尋(ちひろ)さん。

建設業の実態教えて欲しいと言われてブログを一緒にやることになりました

 
千尋さん保険屋
スポットクーラー?
 
ネコマル
夏は最近普及してきましたね

スポットクーラーを選ぶときのポイント:KWとが重要

まず、スポットクーラーを選ぶポイントは、スペック表で冷房能力を確認しておくのがおすすめですが、その冷房能力を確認する方法は、一般的に「kW(キロワット)」という単位で表記されており、数値が高いほど優れた冷房能力と認識してもらい購入すると安心です

業務用エアコンの1馬力は、kW単位へ換算すると『約2.5kW』です。

現場でおすすめ室内・屋外で使える:工事現場 クーラー

このスポットクーラーの特徴の3つポイントでまとめてみたいと思います

  • ①工事不要で屋内外どこでも使用可能でキャスター付で移動が簡単です。
  • ②首振りが出来るのが、他にないダクト機能切替スイッチにより冷風ダクトが約75度自動で動きます。
  • ③エアコンなどでドレンから水がでますがドレン水量は従来機種の約1/3で除湿水を直接排出することが出来ます。

重量:約40kgと少し重たいですが、この冷房能力を確認して欲しいですね。

冷房能力:50Hz強2.2KW、60Hz強2.5KWと先ほど説明しましたが、かなりの空間を冷やす能力がスポットで自分だけに送風されてきます。

ただ、こんな重たいのは、もう少し小型がないのかと言う人にはこちらがおススメです。

内装工事にもおススメ!コンパクトな 工事現場 クーラー

40㎏のスポットクーラーでは重たくて大変という人にはこちらがおススメの商品になります。

このスポットクーラーの特徴は3つのポイントをまとめてみたいと思います

  • ①冷房能力50Hz 1.6kw /60Hz 1.8kwと少しだけ弱めですが4.5~7畳用を冷やすぐらいの能力ですね
  • ②100Vで工事不要でコンセントがあればどこでも使えます
  • ③重さは約26㎏と軽めなのがポイントになります

ただ、小型で運搬も容易で車に乗せて内装現場でも安心して使えます。アイリスオーヤマのオリジナル商品は値段が安価で使いやすいのが特徴ですね。

ただ、そこまでいらないという人にはオーソドックスな扇風機がおススメ。

工事現場に設置したい夏場の扇風機はコレ!

やはり現場では外作業でも屋内作業でも必須となのは業務用に開発された、大風量の扇風機ですね。

今のご時世ですからアウトドアから、工場、広い空間の空気の入れ替えなどに最適です。大きなポイントとしては、

  • ①45cmもある大風量ファンで強力に送風機能です
  • ②この扇風機は風量を三段階に調整可能(強・中・弱) 左右首振り、首折れ機能がついてる
  • ③持ち運びは約6.0kgと簡単です。そのなかでも作業ごとに動かすのも面倒ですが電源コード:約2.2mと長い

夏場の現場は送風機で作業を快適にするのもポイントですが、やはり休憩でこまめに休憩を入れるがポイントです。

休憩におススメの商品を次にまとめていきたいと思います

ヘルメットに取り付ける熱中症対策グッズと首元を冷やすことで体を冷やす大切なポイント

では、次に人気のクーラーボックスをまとめていきたいと思いますので是非チェックしてみてください。