最近の記事

建設キャリアアップシステム内装仕上げの技能者能力評価

2020年8月9日CCUS,建設キャリアアップ(外国人雇用)

労働者「建設キャリアアップシステム」はwebサイトとICカードを組み合わせて、建設技能労働者や事業所の情報をデータ化する仕組みの事です。建設業に従事する人々が技術水準の適正な評価や現場の効率化などを目指して作られました。

建設キャリアアップシステムで内装工事職人はクロス・カーテン・カーペットなどの仕事がありますが、その職人さんの中で一番になるために必要な資格を建設キャリアアップシステムを通してまとめています

このシステムは公共工事および民間の大手建設会社、大手住宅企業でも導入が進んでおり今後様々な現場でカード提示が求められます。

このブログは他にもこのようなことがまとめてあります。合わせて気になる記事を確認してみてください。全体を確認するにはこちら

 建設業キャリアアップのランクは?

能力評価制度は、建設技能者のレベルを経験・知識・技能・マネジメント能力での評価を基本に4段階で評価したものです。
各レベルの目安としては

  • レベル1:初級技能
  • レベル2:中堅技能者
  • レベル3:職長として現場に従事できる技能者
  • レベル4:高度なマネジメント能力を有する技能者(登録基幹技能者など)となります。

各職種により、レベル1~4の取得に必要な条件が異なります

資格取得したらやはり単価と給与はベースアップしたいところです。私も実際3回も転職してます。

ただ、なかなか転職サイトをみても建設業に特化した求人が少ないですよ。

そこで、建設業に特化した正社員求人が満載のこちらのサイトを紹介します。登録しておくと、職人や施工管理など81種類の職種から求人を検索できるのであなたの希望する求人を見つけやすくなります。

新しい仕事をこちらで登録してチェックしてみましょう。



施工管理で有れば、人材紹介会社を使うことで建設コンサルタント、ゼネコン施工管理、建設機械営業など施工管理の希望の転職も可能になります。



内装工事技能者 能力評価レベル4(最高ランク)

内装工事で一番になるためにはこの資格を取得することと経験を積みましょう

内装工事で一番になるためには資格も必要ですが、まずは経験が必要になります。

建設業での就業日数:10年(2150日)職長として3年(645日)の経験を積んだベテラン職人になります。その中で下記の資格が必要になります。

  • 登録内装仕上工事基幹技能者
  • 優秀施工者国土交通大臣顕彰(建設マスター)
  • 安全優良職長厚生労働大臣顕彰
  • 1級建築施工管理技士
  • 卓越した技能者

レベル2と3の基準に示す保有資格が必要になります

登録内装仕上工事基幹技能者の受験資格とは?

内装工事で一目おかれるにはこの資格を取得するとスーパー職長

建設工事での職長として 基幹技能者は、熟達した作業能力と豊富な知識を持つとともに、現場をまとめ、効率的に作業を進めるためのマネジメント能力に優れた技能者で元請けとの調整や後輩や部下の育成だけでなく専門的な知識を保有しているスーパー職長になります。現場では、上級職長などとして、元請の計画・管理業務に参画し、補佐することなど今後の活躍をするうえでベテラン職人として認められるための資格に資格になります

  1. 技能検定職種「内装仕上げ施工」又は「表装」職種、壁装作業の1級技能士で、内装仕上工事の施工現場において10年以上の実務経験および3年以上の職長経験を有する者になります。その中で内装仕上げはいろいろ選択できる分野があります。その技能検定職種「内装仕上げ施工」とは、以下のようになります。
    1. 1級鋼製下地工事作業
    2. 1級ボード仕上げ工事作業
    3. 1級プラスチック床仕上げ工事作業
    4. 1級カーペット系床仕上げ工事作業
    5. 1級カーテン工事作業
    6. 1級木質系床仕上げ工事作業
    7. 1級化粧フィルム工事作業
  2. 1級建築施工管理技士又は2級建築施工管理技士(仕上げ)で内装仕上工事の施工現場において10年以上の実務経験および3年以上の職長経験を有する者。

講習試験になり、講習受講後mに最終日に試験が行われを実施し、合格者に資格が授与されます
試験問題は四者択一式の問題になります。

内装工事のキャリアレベル3のCCUS技能者判定

就業日数5年(1075日)職長として 3年(645日)の経験がまずは必要になります。その中で下記の資格を1つ保有しないならないです

  • 1級技能士(内装仕上げ施工職種または表装職種)
  • 青年優秀施工土地・建設産業局長顕彰
  • 2級建築施工管理技士

レベル2の基準に示す保有資格と当然ながら職長教育受講した中でキャリアアップの経験が必要です

1級技能士内装仕上げ施工または表装の試験

技能士試験は、職人を目指すのであればぜひ、取得しておきたい資格になります。経験だけでなく技量を明確に資格として提示できるため1級から2級の国家資格を取得することで仕事の幅は大きく広がります。また独立した後も国家資格保有しているメリット非常に大きいです

この技能士を取得するとどこでも通用します!

  • 1級内装仕上げ施工職種または表装試験
    • 7年以上の実務経験、または2級合格後2年以上、3級合格後4年以上の実務経験
    • ※学歴により必要な実務経験年数が異なる
  • 2級
    • 実務経験2年以上、または3級合格者
    • ※学歴により実務経験が不要になる
  • 3級
    • 経験は不問になります
  • 1級・2級の技能士試験の学科試験
    • 内装仕上げ一般
    • 建築構造
    • 建築製図
    • 関係法規
    • 安全衛生
  • 選択科目
    • プラスチック系床仕上げ施工法
    • カーペット系床仕上げ施工法
    • 木質系床仕上げ施工法
    • 鋼製下地施工法
    • ボード仕上げ施工法
    • カーテン施工法

こちらの学科試験を合格する必要がありますのその中で、実技試験もありこちらに関しても制限時間内に与えられた課題を作りあげ実技試験があります

  • 実技試験は選択科目になります
    • プラスチック系床仕上げ工事作業
    • カーペット系床仕上げ工事作業
    • 木質系床仕上げ工事作業
    • 鋼製下地工事作業
    • ボード仕上げ工事作業
    • カーテン工事作業

内装工事の技能者能力評価キャリアレベル2

たくさんの安全教育と技能講習を取得すると経験だけでなく安全知識と作業指示も的確になる

建設キャリアアップシステムで内装工事でレベル2になるには就業日数3年(645日)の経験が必要です。その中で下記の資格のいずれかの資格が必要になります。

内装工事職人なりたてのレベル1

建設キャリアアップシステムに技能者登録され、かつ、レベル2から4までの判定を受けていない技能者で、まだ経験をこれから積む人や、判定を受けて無い人はレベル1になります。

建設キャリアアップを運用している建設業振興基金の建設キャリアアップのHPは以下の通りです。

研削キャリアシステム内装工事の詳細申し込みリンク先

研削キャリアシステム内装工事の事業者登録

研削キャリアシステム内装工事の技能者登録

申請の書類やQ&A等が記載されておりますのでご活用下さい。