建設業特定技能ビザ:内装仕上げ職人として外国人が行える業務内容

2020年11月19日建設キャリアアップ(外国人雇用),特定技能採用CCUS,特定技能建設

この記事では、内装仕上げ職人として外国人を採用する場合、特定技能ビザを取得した外国人が行える作業内容を解説していきたいと思います。

技能実習生とは違う、新しい外国人採用枠である特定技能で採用する場合、

特定技能外国人を採用する場合、どういった作業をさせることができるんだろう?

と、実際にどういった作業を行うことができるのか分からないことがあるのではないかと思います。

内装仕上げ職人は、建設現場で家の内装工事や仕上げを担当する大切な仕事です。

ただ、特定技能外国人も技能実習生とは作業内容が違っても、一定の制限下のなかで作業に従事させるといった取り決めがあります。

そんな内装仕上げ職人として外国人を採用する場合、特定技能ビザを取得した外国人だとどういった作業を行えるのか今回は解説していきたいと思います。

このブログは他にもこのようなことがまとめてあります。合わせて気になる記事を確認してみてください。全体を確認するにはこちら

前提:建設業特定技能ビザを取得する方法と雇用する方法

まず、特定技能ビザとはどういった資格なのかよく分からないかたもいるかと思いますので、是非下の記事を合わせて読んでおくと今回の記事が分かりやすくなるのでおススメです。

また、雇用する企業側が必要となる条件についてもこちらから見ることができるので合わせて読んでみてください。

補足として、現場入りした新人教育や外国人に対しての安全教育に役立つ教材をまとめているので是非活用してみてください。

建設特定技能外国人を採用したときに行える作業内容

会社に雇用された外国人の方は、指導者の指示・監督を受けながら、プラスチック系床仕上げ工事作業、カーペット系床仕上げ工事作業、鋼製下地工事作業、ボード仕上げ工事作業、カーテン工事作業、壁装作業などを行うことができます。

具体的には、以下の作業内容を行うことができます。

  1. 下地の点検及び調整
  2. 仕上げ材の選定
  3. 内装仕上げ材の採寸、割出し、割付け及び墨出し
  4. 壁下地・天井下地の組立て
  5. 天井・壁・床の仕上げ

つまり、内装工事の全般的な業務として鋼製下地(LGS)の施工やボードの運搬・貼り付け、クロス工事にCFや絨毯施工など可能になります。

外国人労働者内装工事職人が想定される関連業務

内装業務では関連する業務として下記の仕事も施工させることもできます。

  1. 施工材料、施工用機材等の揚重・運搬
  2. 各種図面の読図作業
  3. 足場・構台・桟橋等の架設
  4. 作業工程管理(工程管理、器工具の保守・管理、材料・資材管理、機械のメンテナンス)
  5. 各種揚重運搬機械の運転
  6. 玉掛け
  7. その他、内装仕上げ業務の実施に必要となる安全衛生作業(点検、整理整頓、清掃等)

特定技能ビザを取得し、建設業で働く場合は技能者も採用する企業も該当する職種の建設キャリアアップシステムに登録している必要があります。

他にも、内装仕上げ職人としてレベルアップしたい人にも是非登録してほしい資格となるので、是非合わせてチェックしてみてください。

内装仕上げ作業中に起こった脚立作業事故

内装工事では脚立作業が多くなりますが、現在内装工事では脚立作業を禁じている元請けも多くいます。

簡単に扱える道具ですが、その分労災事故や死亡事故の多い道具になります。

平成 28 年9月に岐阜労働局管内にて、造園業に従事する労働者が三脚脚立を使用中、バランスを崩して転落し、死亡に至る労働災害が発生しました。
所轄労働基準監督署において調査した結果、当該三脚脚立には労働安全衛生規則第 528 条第3号で規定している「脚と水平面との角度を確実に保つための金具等」が備えられておらず、代わりの金具等として鎖チェーンが備わっていたものの、脚が不意に閉じるのを防止できない機構となっていたことが判明しました。
同種災害防止の観点から、貴協会傘下の会員に対して、脚の角度を一定に固定できる後付け金具を追加で速やかに製造していただく等、改善に向けた対策をとるよう要請していただきたくお願い申し上げます。
【参考】労働安全衛生規則第 528 条
事業者は、脚立については、次に定めるところに適合したものでなければ使用してはならない。

こうした事故を起こさないためにも、特に脚立作業に関しては特に注意して作業させないといけません。

内装工事で特定技能職で使用させて良い素材・材料

内装工事では内装大工や界壁施工などが最初に施工されて、それからで設備関係の配線が終わってからボード施工などが行われていきます。

仕上げ工事は、キッチン当の取り付けや設備関係施工が完了したら壁紙の施工が始まり、クッションフロア等を施工していきます。

下記の材料が所定工事の指定材料と定められていますが、それ以外の材料等を使わせるには確認しながら施工させるとよいかと思います。

  • ビニル系シート、ビニル系タイル、接着剤、振れ止め、補強材、プライマ、ワックス、目地処理剤、ノンスリップ、押え金具等の付属材、だんつうカーペット、人工芝生、グリッパ、フェルト、吊りボルト及びハンガ、クリップ、野縁、タッピングネジ、ナット、スタッド、ランナ、 スペーサ、石膏ボード、化粧吸音板、ワンタッチビス、見切り縁材、カーテン生地、カーテン レール、カーテンボックス、開閉及び昇降用装置、壁紙、錆止め剤、コーキング剤 等

内装工事特定技能職が使用出来る機械、設備、工具

内装工事では、一つの職種内で様々な内装工がいます。

ボード工・軽鉄工・クロス工事など様々な職人さんが入れ替わりで施工が進んでいきます。

例えば、ボード施工等ではエアーコンプレッサー等を使いボード固定していきます。

内装工事ではボード施工を隙間なく、ビスのピッチ等などが仕上がりを前後します。

特に、壁紙工事等では壁紙の継ぎ目やシワなどの仕上がりが職人としての質を左右します。

作業で扱える工具は以下の通りです。

  • スケール、千枚通し、ケレン棒、くしごて、星突き、へら、刷毛、ハンドローラ、スクレーパ、 チョークリール、玄能、脚立、グラインダ、かんな、トーチランプ、電気ドリル、エアーコンプレッサ、タッカ、コンパス、ボードやすり、ハンドサンダ、下地調整器具、下地乾燥度測定器、割付用器工具、採寸工具、接着剤塗布器工具、圧着工具、溶接器工具、加熱器具、切断用器工具、敷込み用器工具、補助器工具、高速切断機、アーク溶接機電動工具、カーテン縫製用 ミシン(本縫いミシン、掬い縫いミシン、ロックミシン、自動ひだ縫いミシン等)、縫製用ミシ ン付属品、裁断機プレスアイロン、検品機、形状安定装置、電動ドライバ、ハンマ、接着剤塗 布用機械、切断(裁断)用機械、仕上げ用器工具、加工用加熱器工具、設備及び補助器工具、 その他の器工具

建設業特定技能外国人採用の基準はハードルが高い

日本人と同様で給与面や資格面でかなり細かな条件があり、かなり確認してから出ないと日本人を雇う場合に比べて難しい場合があります。

建設キャリアアップシステムに始まり、社会保険でも基準があるため採用に関してはたくさん知らないとならないことがあります。

その内容を全て記載するとかなり長くなりますので、注意点をこちらにて詳細をまとめています。

どのような採用基準があるか確認して外国人採用を検討してもらえればと思います。

補足:内装仕上げ職人ならチェックしておきたい工具

内装仕上げ職人は、様々な工具を扱う分、その作業スペースは限られてきます。

作業スペースを快適に保つためにも、また作業効率を上げるためにもこのような工具を使ってみてはいかがでしょうか。

ロングスライド調整ができる脚立

先述したように脚立を扱う場合は、注意が必要なので扱う際は特に注意してください。

この脚立ですが、細かな高さの調節が可能な脚立となります。

作業スペースが限られてくる内装工事にとって高さの微調整が行えるのはとても便利ではないかと思います。

作業スピードがアップする充電式釘打ち

様々な角度から釘を打つことが多い内装職人にとって扱いやすい工具としておすすめです。

天井作業も楽々と安定して釘を打つことができるので、作業を効率よく行うことができます。

仕上げ打ちをすることも行えるので、汎用性のある工具ともいえます。

まとめ

今回は、内装仕上げ職人として特定技能外国人を採用して作業に従事させることができる業務内容を解説していきました。

まとめますと、

  • 内装仕上げ職人として作業を行う場合、指導者の指示・監督を受けながら定められた作業を行うことができる
  • 関連業務も定められた作業であれば行うことができる
  • 材料、工具なども制限がある

ですね。

内装仕上げ職人の作業は多岐に渡るので、おのずと特定技能外国人が行える作業内容も幅広いものとなっています。

ただ、日本人を採用する場合に比べて作業に制限がある程度あるので、少し扱いが難しいと感じてしまうかもしれません。

ですが、人手不足の環境を打破する突破口となるかと思いますので、是非検討してみてください。