最近の記事

建設キャリアアップシステム鉄筋工ゴールドカード取得と登録基幹技能者

2020年7月19日CCUS,建設キャリアアップ(外国人雇用)

建設キャリアアップシステム鉄筋工スキルアップと技能者判定と必要資格は、なんでしょうか?

建設キャリアアップとは「建設キャリアアップシステム」はwebサイトとICカードを組み合わせて、建設技能労働者や事業所の情報をデータ化する仕組みの事です。

官民一体となって建設業に従事する人々が技術水準の適正な評価や 、現場の効率化などを目指して作られました。

ここでは、鉄筋工で一番になるための資格をまとめています。登録基幹技能士や建設キャリアアップでスキルアップする方法をまとめています。

このシステムは公共工事および民間の大手建設会社、大手住宅企業でも導入が予定されており、様々な現場でカード提示が求められます。


このブログは他にもこのようなことがまとめてあります。合わせて気になる記事を確認してみてください。全体を確認するにはこちら

 鉄筋工職人の建設キャリアアップの評価

能力評価制度は、建設技能者のレベルを経験・知識・技能・マネジメント能力での評価を基本に4段階で評価したものです。
各レベルの目安としては

  • レベル1:初級技能
  • レベル2:中堅技能者
  • レベル3:職長として現場に従事できる技能者
  • レベル4:高度なマネジメント能力を有する技能者(登録基幹技能者など)となります。 

各職種により、レベル1~4の取得に必要な条件が異なります

資格取得したらやはり単価と給与はベースアップしたいところです。私も実際3回も転職してます。

ただ、なかなか転職サイトをみても建設業に特化した求人が少ないですよ。

そこで、建設業に特化した正社員求人が満載のこちらのサイトを紹介します。登録しておくと、職人や施工管理など81種類の職種から求人を検索できるのであなたの希望する求人を見つけやすくなります。

新しい仕事をこちらで登録してチェックしてみましょう。



施工管理で有れば、人材紹介会社を使うことで建設コンサルタント、ゼネコン施工管理、建設機械営業など施工管理の希望の転職も可能になります。



鉄筋技能者建設キャリアアップシステム能力評価レベル4

建設業での就業日数:10年(2150日)その中で職長として3年(645日)の経験を積んだベテラン職人です。

必要な資格としては

  • 登録鉄筋基幹技能者
  • 優秀施工者国土交通大臣顕彰(建設マスター)
  • 安全優良職長厚生労働大臣顯彰

上記のどれかの資格とレベル2と3の基準に示す保有資格を保有していることが条件になります。その中で登録鉄筋基幹技能者とは?

登録鉄筋基幹技能者の受講と鉄筋工で一番の職人になるには?

鉄筋職人の一番の職人になるには?
今、鉄筋職人が欲しい作業服はこちら

登録鉄筋基幹技能者講習の受講資格は、次の要件を全て満たしていることになります。
技能検定による1級鉄筋施工(組立)技能士資格を保有していることです。
労働安全衛生法第60条(施行令第19条)による「職長教育」+「安全衛生責任者教育」、または「職長・安全衛生責任者教育」を修了していることが条件になります

鉄筋に関して10年以上の現場施工経験を有することと、鉄筋工事の現場施工において、「職長教育」の修了後3年以上の職長経験を有すること

優秀施工者国土交通大臣顕彰を鉄筋工で取得するには?

建設マスターになるには、建設産業において工事施工に従事 されている個人で、現役として活躍している建設技能者のうち、次の基準を全て満たしている方です。

  • 技術·技能が優秀であること
  • 工事施工の合理化等に貢献していること
  • 後進の指導育成に努めていること
  • 安全·衛生の向上に貢献していること
  • 他の建設現場従業者の模範となっていること

建設業者団体、都道府県、国土交通省地方整備局・北海道開発局から推薦を受けた方 について、優秀施工者国土交通大臣顕彰審査委員会において審査・選考しています

原則、年齢40歳以上60歳以下の者 ・現場業務の従事期間が20年以上の者 ・無事故期間が3年以上である者に推奨資格があります

鉄筋工の建設キャリアシステムレベル3の評価判定

鉄筋技能士を取得レベル3でスキルアップ!
鉄筋職人が受験対策技能士参考書はこちら

就業日数7年(1505日)その中で職長又は班長として 3年(645日)

  • 1級鉄筋施工技能士(組立て、または施工図)

レベル2の基準に示す保有資格持っていることが条件になります。

鉄筋施工技能士の試験と受験資格と要件

「鉄筋施工技能士」の鉄筋施工技能士の試験内容について、まとめると鉄筋施工技能士の試験には学科試験と実技試験があり、両方に合格することが必要です

どちらかの試験が不合格であった場合には、次回以降は不合格であった方の試験に合格する事で国家資格が取れます。

「鉄筋施工技能士」の学科試験とは 鉄筋施工管理技士の学科試験は、1・2級は50問、3級は30問あります。

出題される内容として建築構造、施工法、材料、建築設計図、関係法規、安全衛生から出題されます。学科試験は100点満点で65点以上で合格となります。

「鉄筋施工技能士」の実技試験とは 技能検定の実技試験には、製作等作業試験と判断等試験、計画立案等作業試験がありますが、鉄筋施工技能士は製作等作業試験が実施されます。

実技試験は、制限時間内に時間内に課題に対して実際に組み上げして100点満点で60点以上で合格となります

曲げ加工した鉄筋を使用し、図面及び仕様に従い、基礎・柱・基礎梁の取合い部の鉄筋の組立を行う。

受験資格

  • 1級:7年以上の実務経験(2級合格者は2年、3級合格者は4年)
  • 2級:2年以上の実務経験、または3級合格者
  • 3級:年齢、学歴等に制限はなく誰でも受験できます。

鉄筋工の建設キャリアアップシステムレベル2評価判定

 鉄筋職人レベル2へのスキルアップ
今、鉄筋職人が欲しいハッカーはこちら

就業日数3年(645日)

玉掛け技能講習を取得していることがポイントです。ただ、3年のキャリアは結構大変です。

鉄筋屋で3年やるとしたら大変な経験が必要です。

躯体図の読み方から鉄筋の拾い出し等様々な経験が必要になります。基礎的な知識や施工要領を覚えていく大事な期間です。

鉄筋工の建設キャリアアップシステムなりたてのレベル1

建設キャリアアップシステムに技能者登録され、かつ、レベル2から4までの判定を受けていない技能者で、まだ経験をこれから積む人や、判定を受けて無い人はレベル1になります。新人さんはこちらになりますね。

全国鉄筋工事業協会が幹事団体の建設キャリアアップシステム

鉄筋工事のキャリアアップシステムの取りまとめしているのは?
今、鉄筋職人が欲しいリバータイヤはこちら

建設ものづくりの原点は「人」です。しかしながら、人材の確保・育成には「時間」や「コスト」もかかります。 このような現実を踏まえ、これからの全鉄筋は、若年労働者確保のため「3Kなのに低賃金」から「3Kだから高収入」を目指して、若者たちの理解を得るための広報活動を積極的に展開してまいります。  そして、 「職人たちが未来予想図の描ける業界へ!」 「来てほしい業界から、入りたい業界へ!」 をめざして邁進して参ります。

全国鉄筋工事業協会(全鉄筋)の会長にで 就任する岩田正吾副会長(関西鉄筋工業組合理事長)が千葉市内のホテルで開かれた懇親会で挨拶した内容です。

一致団結して次の世代につながっていける組織にしたい」とある。基幹団体はこちらの鉄筋団体がキャリアアップシステムの管理団体でその会長が運営する会社ですから、給与はいいのか調べてみた

建設キャリアアップの鉄筋工の会長が経営する鉄筋会社の待遇は?

〒573-0131 大阪府枚方市春日野2

日本最大手(清水建設・大林組等)の専門工事業者です。人を大切にする職場をとコーポレートサイトのリクルートページに記載はありますがらこの会長が営む会社なら給与は高いのか?募集要項を拝見してみた。

  • 職 種 鉄筋技能工 / 鉄筋加工員
  • 年 齢 40歳以下
  • 勤務地 鉄筋技能工:近畿一円
  • 鉄筋加工員:大阪府枚方市
  • 勤務時間 8時00分~17時00分 休憩時間:100分
  • 休日 / 休暇 日曜日、祝日 / 年末年始、ゴールデンウィーク、夏季 給与
  • 日給制:8,000円~12,000円 186,400~279,600円(月平均労働日数:23.3日)諸手当 皆勤手当:10,000円 / 通勤手当:実費(上限10,000円)
  • 福利厚生等 雇用、労働、健康、厚生、財形、退職金共済、退職金制度(勤続 5年以上) 独身寮完備 補足事項 ※試用期間3ヶ月あり。(同条件)

※30kg程度の鉄筋を扱うため体力が必要です。

選考方法 履歴書(写真添付)送付 面接(随時受付)

勤務時間は8時から開始だが、実際鉄筋工は、ゼネコン現場に行くには、朝礼が8時からになるので朝の通勤を考えると朝6時には早い場合には会社や置き場に集合して現場終わりも17時に現場終わりで運転して帰って来て、19時になるときもあります。

こちらで、団体が言うような、職人たちが未来予想図の描ける業界へ!と道は開けるのだろうか、、少し給料等も考えるとどうかと思います。

建設キャリアアップ料金の確認と申込み先はこちら

建設キャリアアップシステム申し込み先のまとめ
今、鉄筋職人が毎日使う結束線は?

建設キャリアアップを運用している建設業振興基金の建設キャリアアップのHPは以下の通りです。

建設キャリアアップシステム鉄筋工を申請詳細
建設キャリアアップシステム鉄筋工の事業者登録
鉄筋工事建設キャリアアップシステム技能者登録

申請の書類やQ&A等が記載されておりますのでご活用下さい。