最近の記事

配管工職人・設備屋の求人雇用と現場に転職就職する知識

2021年11月24日建設業給与,現場豆知識

配管工って言っても水道工事に始まり、ガス工事など種類はたくさんあります。ガス配管工、 空調配管工、 航空機配管工、 水道配管工、 スチーム配管工、 船舶配管工、 鉄道車両配管工、 配管修理工など配管工事の仕事は様々です。

では、そのいろいろ職種のある配管工になるにはどうすればいいのか?現場で配管工事の職人を設備屋と呼ぶことが多いですね。

また、配管工や水道職人や給排水工を募集しても人が集まらない会社はたくさんあると思います。

ここでは、配管工職人になる職業の基本知識と配管工事現場が今人手不足の現状をまとめてみました。

人手不足って本当?どういう仕事なんだろ

配管工事・給排水工事の仕事に就職、転職する方法知識

住居や工場、事務所には給水管、排水管、ガス管、冷暖房換気装置、消火設備、排水処理施設や空気清浄装置などが必ず設けられているが、その配管工事を行う。  配管工は給水、排水などの配管を専門に施工する衛生配管工と、冷暖房などの配管を行う空調配管工に大別される。

配管職人・設備屋の仕事業務内容

両者とも、冷温水、蒸気、油などの流体を必要な場所へ送るために、管を切断したり、ねじ切りしたり、曲げたりして加工し、継手でつなぎ、弁などの付属品とともに所定の位置に取り付ける作業を行う。管の材料は、鋼、鋳鉄、銅、合成樹脂及びそれらの組合せなどがあり、管の接合法には、ねじ接合、溶接、接着などの方法がある。  衛生配管工は各種ポンプ、給湯機などの機械回りの配管、浴槽や便器、洗面化粧台をはじめ、各種衛生器具などの取り付け及びスプリンクラーなどのいわゆる消火設備の取付・配管作業を行う。

 空調配管工はボイラー、冷凍機、空調機などの機械の据え付け、機械回り溶接配管などを行うほか、送風機や空気清浄機の据え付け、保守も行う。

 配管工には、管工事業を自営している人と、企業に勤務している人とがあり、自営や企業内で管理的な立場にあるときには、資材の手配、作業員の手配なども重要な仕事になる。

配管工事って仕事将来はたくさんあるのかな?

配管工事・設備屋のこれからの需要性

水道管の老朽化は深刻です。更に昔に設置されたものが多く耐震化を進める対策として、2018年にこのうような法律が成立し水道法の改正され、今後、各地方自治体等が耐震化などの水道管工事の耐震補強など増加するものと見込まれ、配管工の需要は見込まれる中で、ガス工事などに関しても同様ですね

のちほど説明しますが、設備工事にもいろいろ種類があります。そのなかで家・マンションなどの機能性の向上や施設などの工場なども改修工事は多くもあり、今後も配管施工を行う職人さんは需要は高いですね。

老朽化した水道管を交換していくのは容易じゃない。例えば神奈川県川崎市の予算では、1年で40kmを交換するのが限界。仮に日本の古い水道管をすべて交換するとしたら、現在のペースでは130年かかるという試算も。

テレ東プラスWebサイト「日経スペシャル 未来世紀ジパング 水道管の破裂事故が多発…迫り来るインフラ・クライシス」より引用
配管工事に従事する就業者数

配管工事に従事する就業者数は全国236,170

(出典:平成27年国勢調査)

と言われても多いのか少ないのかわかりにくいかと思いますが、ガス工事・給排水工事・外部配管工事・空調配管工、 航空機配管工、 水道配管工、 スチーム配管工、 船舶配管工、 鉄道車両配管工、 配管修理工と一括りになっているの配管工事の職人は236,170人で考えると職種別にみると10職種ぐらいあるのでさらに絞りこみますと5種類の大きな分類に分かれるとおもいます。

参考にキャリアアップシステムの関連先を載せていますので参考にしてください

設備屋配管工事:ガス配管工事

ガス配管工事は、イメージしやすいように家の給湯器や普段家で使ってる都市ガスやLPガスを供給するための配管工事です。

設備屋配管工事:衛生配管工事

衛生配管工事は、おうちで普段使ってる水をつなぐ為の職人さんですね。給湯配管や家の排水管工事になりますが、よく道路工事で下水道工事をやってますが、あの工事も衛生配管になりますね。今は道路の下に昔工事した配管が古くなり取り換え工事は非常に工事の量は多いですね。

設備屋配管工事:空調配管工事

空調配管工事は、ビル等の建物内の空調関係の配管工事になります。エアコンや24時間換気などがイメージつきやすいかもしれませんが、病院やマンションの空気ダクト工事などお入りますね。ボイラーや熱空調などもこちらに入りますね。

設備屋配管工事:防災設備配管工事

防災設備配管とはイメージしやすいのは屋内消火栓やスプリンクラーなどの消火設備などの防火設備になりますね。

設備屋配管工事:プラント配管工事

プラント配管工事は、工場の配管になりますね。例えば化学工場や食品工場などのガス・酸素・燃料などの移送配管になります。大型の配管で、圧力の高い施設で大容量の移送配管は専門知識が多数必要です。

配管工事・設備屋の職人は少ない!

配管工事に従事する就業者数

配管工事に従事する就業者数は全国236,170

建設業就業者数(2017年平均)は498万人と言われてますが、実際に現場で働く技能職は330万人

と言うことは、単純計算で236,170人÷47都道府県って考えると5000人ぐらいが1都道府県には配管工事の職人がいると言うことになります。

新築工事は、やっぱりなんといっても大都市圏が多く建て替えのニーズやリフォームなどでは必ず配管工事の職人は必要になりますし、、今後も道路下の衛生配管も耐震化に伴いまだまだ仕事がなくなることはありません。

ライフラインを携わる大事な仕事は、維持修繕を考えていくと職人さんの数は足りませんよね。

配管工事・設備屋職人の給与と年収は

配管工の知っておきたい内容

平均的な技能社の年齢は、全国43.4(出典:令和2年賃金構造基本統計調査)

年収の目安としては全国460.7万円(出典:令和2年賃金構造基本統計調査)

この仕事は、当然ながらライフライン・生活のインフラを担う非常に大切な仕事です。建設工事現場で作業をするため働く場所は様々ですが、当然ながら家で考える屋内・屋外作業を伴います。また空調関係ではビルメンテナンスの仕事になる為、緊急性での対応が配管工事の人にはあります。

掘削したりすることも多く、就業者は男性が多く、女性は約2%ですが、衛生設備配管などになるとCADで図面作成など現場での現場の技能者として女性が少ないが、作図技能で従事される方は多いです。

 賃金は、日給月給制の会社が多いですが労働時間は建設業の他職種と比べて違いはそんなにありませんが、公共工事等を行う会社は水道局・下水道局から発注を請負っているので週休2日制を進めている会社が多いですね

住宅やプラン配管などは外の作業も伴いますので、天候などによって工程に遅れを生じた場合や建物完成直前の一時期は、超過勤務や休日勤務になることもあります。  

例えば、下水道配管などは旧菅を利用した配管再生工法なども開発され、配管作業に伴う身体的負担は少しづつ軽減されていますね

配管工事・設備屋に転職就職するのはチャンス

先ほども述べましたが、配管工事は今後、将来性も成長してくる分野で仕事が減ると言う事も少なそうです。

また、工事量も減ることもなく職人も少ない中で若手の配管職人になりたい人はチャンスです。技能を覚えることで、将来のインフラや防災を担うことが出来ますね。

そこでなかなか、求人サイトを見ても土木建築などの求人が少ないのが現状ですがオススメの求人サイト2つを紹介します。

【職人雇用の王道求人サイト】

【職人雇用の新しい求人サイト】



知っておくべき配管工事の危険

配管工事ではガス・衛生配管などは路上から地下に向かって掘削することがあります。その際に掘削の正しい知識がなく配管埋設の際に土砂崩壊して生き埋めになるので、土留等の正しい知識が必要ですね。

そのなかで汎用機械でグラインダー等で配管材の切断等も多く、管をネジきりなどの機械を正しく使う知識は必要です

住宅やハウスメーカーでは一人親方も多く、社長と同じで労災保険の適用が効かないので特別加入などの知識は必要です。

配管工事を募集求人する方法

配管工事職人は人が足りないと言われてますし、募集に困ってる事業主はたくさんいると思います。

有効求人倍率って聞いたことありまよね。

有効求人数【企業会社】を有効求職者数【仕事探してる人】で割って算出し、倍率が1を上回れば求職者の数よりも人を探している企業数が多く、下回れば求職者の数の方が多いことを示します。

2021年10月29日付けの有効求人倍率の東京の数字は東京都 0.91になります。

コロナで募集減らした会社もあり、その中で仕事探す人はたくさんいて雇用したいと仕事探してますが、逆転して1を下回りました。【仕事ない人がいると言うこと

しかし!

配管工事業界の令和2年度の有効求人倍率はなんと!

全国平均で8.9倍になります。

えっ!これってハロワークに求人出しても集まらないわけだよなぁって思いますが、例えば解体工事なら11.8倍です。同じ名前がついてる型枠大工は8.46倍です。

配管工事は会社は募集しているが人が集まらないのが今の現状です。

そこで、配管工事を募集するには求人媒体を使うのは一つの手段です。人手不足を解消する手立てかも知れません。

昔から職人の求人と言えばコチラですね。

【事業主が雇用募集するなら】

外国人人材で配管工事・設備屋雇用

コロナで外国人人材も入国規制もあり少し話題がなくなっていましたが、今後緩和してくる中で技能実習生から特定技能への切り替えなど再度話題になってくると思います。

外国人は嫌だと言う人もいますが、雇用人材を確保しないと事業は続けれないし難しいですよね

日本人で採用が難しい場合には外国人人材に着目してみてはどうでしょうか?

今は特定技能と言われる新たな在留資格も出来ています。

〇外国人の新規入国については、令和3年1月以降、全世界を対象に査証発給の制限が行われており、入国を認める「特段の事情」と同様の事情がない限り入国ができない状況でした。
〇今般、令和3年 11 月8日から一部見直され、商用・就労目的の短期滞在や就労・留学・技能実習等の長期滞在についても、一定の要件の下で、入国者総数の枠内で新規入国が認められることとなりました。
ただし、留学・技能実習は、他の在留資格に比べ入国者数も多いため、段階的に入国を認めることとなっています。外国人の新規入国制限の見直し(技能実習)について(PDF)|出入国在留管理庁



配管工事・設備屋がスキルアップする方法

さて、配管工事としてはスキルアップするには、どうすればいいか?

単価をアップして給与を増やす方法とは


 配管工事に就職・転職するには、特に学歴や資格は必要はありません。

仕事を覚えて自分のスキルアップを目指すのは、やはり資格を取得することですね。

この資格を取得しておくといいのが厚生労働省の国家資格になります技能検定を受験が一番いいですね。「配管技能士」を取得すれば給与もアップだけでなく「給水装置工事主任技術者」があり、資格を取得すると技術の証明となる。

また、配管工事に携わるなら取得したいのが、請負代金の額が4,000万円以上 (建築一式工事の場合は6,000万円以上)の建設現場に1名以上配置が義務付けられている「管工事施工管理技士」を取得してみてはどうでしょうか?

配管によっては溶接作業が必要になる場合もあるので「アーク溶接特別教育」や「ガス溶接技能者」を取得しておくと中で掘削工事を伴う場合には、「地山掘削作業主任者・土留支保工作業主任者」などは受講しておくと安全衛生の知識が身に付き職長として現場でさらに指導教育をし易くなりますね。

防災設備に携わるなら消火栓設備の配管に関連する「消防設備士」の資格を取得を目指すといいですね。  
この仕事では防災に関わる建築基準法や消防法など多くの知識が必要になります。配管だけではなく法に関わる知識を得ることが出来ます。

管工事施工管理技士になれば転職も検討可能

配管工事を長年経験した中で施工管理技士を取得すると監督して転職も優位になります。

人手不足の中で施工管理技士はさらにキャリアアップと給与のアップを狙えますよね。



まとめ

配管工事の求人の有効求人倍率は8倍以上、会社としては募集しても人が集まらない状態ですが、その職種はガス・衛生・空調・防災設備・プラントと配管施工の幅は広いです。

配管工事は将来的にも需要性がある仕事になります。耐震化や営繕・維持管理など常に求められる仕事ですが、インフラ・ライフラインを担っているので、その仕事には緊急性を伴う場合には対応を求められます

配管工事を学ぶことで施工管理技士として成長することが出来ますし、様々な施工資格を保有できる中で、安全衛生等に関してもスキルアップを目指して配管工事の世界を目指す人は是非、技能講習などを取得することで安全衛生の力が養われますよので技能講習を広く取得してみてはいいかと思います。

以上長くなりましたが、よければ参考にしてください。

2021年11月24日建設業給与,現場豆知識建設知識、給与建設業給与,現場豆知識

Posted by nekomaru