意外と知らない?脚立を選ぶときのポイントとおすすめは?【脚立・馬足場・天台】の違い・尺寸法を解説!

この記事では、脚立を選ぶときに知っておくべきポイントを解説していきたいと思います。

また、よく建設業で扱われる「馬足場」と脚立の違い、脚立を扱う時の注意点を合わせて解説していきたいと思います。

普段、庭の剪定や高い場所で作業をする場合にも使われる身近な脚立ですが、実は様々な種類があり、正しい使い方があることを知っていますか?

正しい使い方を知らなければ、転落などの事故を発生するリスクが高まる可能性があります。

そこで、今回は安全に脚立を使うために、正しい脚立を選ぶときのポイント、またポイントを踏まえたおすすめの脚立を解説していきたいと思います。

また、合わせて脚立を扱うときの注意点になどについても合わせて解説していきたいと思います。

このブログを見て連絡してきた、練馬の新人保険屋さんの千尋(ちひろ)さん。と言う方がいらっしゃいまして建設業の実態教えて欲しいと言われてブログを一緒にやることになりました。

 
ネコマル
今回は脚立の使い方です
 
千尋さん保険屋
脚立って昇るだけでしょ

脚立と馬足場の違いとは?

現場で使う脚立の選び方と使い方のポイント

まず、脚立と馬足場の違いについて解説していきます。

 
千尋さん保険屋
何?馬足場って・・
 
ネコマル
それを説明しましょう

脚立について

短いはしごを八の字形に合わせ、上に板をのせた形の踏み台

引用:Weblio辞書『脚立』

こちらは、よく見かける脚立を指します。

単独で主に使用する機材となります。

馬足場について 馬 脚立

脚立を使った足場。2基以上の脚立(馬)に足場板を架けたものを含む。

引用:極東建設株式会社『土木用語集』

脚立を二基使用して使うことを通称して「馬足場」といいます。

高い作業を行う、且つ工具を作業台に置かなければ作業ができない場合にこうした作業行います。

このように脚立と馬足場には使用方法・見た目から明らかな違いがありますが、用途としては高所作業時に用いる共通点があります。

ただ、馬足場での作業は一例ですが以下のような事故が多く発生しているので、馬足場を使用しない現場もあります。

 この災害は、うま足場を利用した天井の塗装工事中、作業者4名が同時に足場に乗ったため、過荷重で足場板が折れ、足場から墜落したものである。  

 災害当日は、建物の外壁塗装工事を予定していたため、建物の外側にうま足場と養生シートを設置した。しかし作業開始直後に雨が降り始め、「塗料が雨に濡れると艶が抜けるので問題である」という理由で作業を中止し、当初予定していなかった天井面の塗装工事を行うことにした。  

 新たに設置した足場は、うまに足場板を1枚渡したもの2つを並行に2組並べ、それに直交する足場板を3枚乗せて井形に組んだものであった。

 災害発生当時、この3枚の足場板に作業者4名が乗って塗装を行っていたが、全員が一方のうまに片寄って乗ったとき、土台となる足場板が折れ、墜落したものである。

引用:厚生労働省職場の安全サイト『うま足場を利用した天井の塗装作業中、過荷重のため足場板が折れ、足場から作業者4名が墜落した』

脚立は3種類に分かれている

 
ネコマル
脚立にもイロイロあります
 
千尋さん保険屋
脚立に種類あるんですね

本来、手の届かない場所での作業をサポートしてくれる機材である脚立ですが、実はその形は3種類に分かれています。

この3種類の形状を知ることは、作業内容によって正しい脚立を使用することに繋がるので是非チェックしてみてください。

脚立と踏み台 違いとは?

踏台とは、天板の高さが80cm(800mm)未満で、安全に乗れる天板の広さがあるものを言います。
天板が、幅250mm以上・奥行き155mm以上で、支柱接地面より内側にあることと定められています。
天板の高さが80cm(800mm)以上でも上枠が付いているものを踏台と呼ぶことがあります。

脚立タイプ

脚立タイプとは、四脚のはしご型になっているものです。

軽作業、高いところへ上るときに用いられます。

オーソドックスなよく見かけるタイプだと思いますが、最近では脚の部分にローラーがついているタイプのもの等がある多彩な脚立でもあります。

また、形状によってははしごのように扱うことができるタイプでもあります。

踏み台タイプ

足場になる部分が広くなっており、作業場所に様々な工具などを置いて作業をする場合に用いられます。

高さがあまりないので、高所での作業には向いていません。

主に内装作業に用いられることが多い脚立になります。

では次に脚立を選ぶポイントとおススメの脚立などを次にまとめていきたいと思います。