最近の記事

建設キャリアアップシステムでダクト工事職人技能判定と登録基幹技能者

2020年8月9日CCUS,建設キャリアアップ(外国人雇用)

建設キャリアアップシステム」はwebサイトとICカードを組み合わせて、建設技能労働者や事業所の情報をデータ化する仕組みの事です。 官民一体となって建設業に従事する人々が技術水準の適正な評価や 、現場の効率化などを目指して作られました。

ここでは建設キャリアアップシステムの技能者判定にそってダクト職人が技量や技能で1番になるための作業資格やそのほか関わる業務をまとめています

このシステムは公共工事および民間の大手建設会社、大手住宅企業でも導入がはじまっており、様々な現場でカード提示が求められます。

このブログは他にもこのようなことがまとめてあります。合わせて気になる記事を確認してみてください。全体を確認するにはこちら

 ダクト工事建設キャリアアップの技能者判定

能力評価制度は、建設技能者のレベルを経験・知識・技能・マネジメント能力での評価を基本に4段階で評価したものです。
各レベルの目安としては

  • レベル1:初級技能
  • レベル2:中堅技能者
  • レベル3:職長として現場に従事できる技能者
  • レベル4:高度なマネジメント能力を有する技能者(登録基幹技能者など)となります。

各職種により、レベル1~4の取得に必要な条件が異なります

CCUS技能能力評価基準レベル4ダクト工事職人

ダクト工事で頂点、一番の職人になるには? まず経験が必須になります10年(2150日)の経験が必要になります。ただ経験でだけではなく職長としての経験も必要になりますが経験としては3年(645日)になります。

次に必要なのは下記の資格から1つの資格を保有しないとならいです

  • 登録ダクト基幹技能者
  • 優秀施工者国土交通大臣顕彰(建設マスター)
  • 1級管工事施工管理技士

また、レベル2、3の基準に示す保有資格 も必ず取得しておかないとならないです。

登録ダクト基幹技能者になればスーパー職長

ダクト工事は、空調、換気、排煙設備における各種ダクトの製作・取付をおこなったり、換気・排煙機器や装置の取り付けに伴う配管・断熱・塗装などの工事を行います。ただ、職長は作業指示や作業の知識を部下に教えて安全品質の教育指導しながら工事を進めます。更に高い知識を有し、現場調整が現場でもとめられます。そこで登録ダクト基幹技能者の立場があります。
ダクト基幹技能者は、ダクト工事においてこうした熟達した技能と作業管理能力を有し、責任施工を担えるスーパー職長として関係職種との調整や元請との施工計画の提案等など現場での活躍がさらに可能になる資格になります

3日間の登録ダクト基幹技能者講習(国土交通大臣登録講習)を受講し、考査試験に合格した者に「登録ダクト基幹技能者講習修了証」を交付されます

受講資格は、下記に示す要件を全て満たしていることが必要です。
  (1)管工事におけるダクト施工の実務の経験が10年以上で、そのうち職長としての実務の経験が3年以上
  (2)1級建築板金技能士(ダクト板金作業)の資格又は級若しくは2級施工管理技士(管工事)の資格を保有

建設キャリアアップシステムレベル3ダクト工事

建設キャリアアップシステムでレベル3になるには、レベル4と同様に経験と資格が必要になります。その経験年数は7年(1505日)にて職長の経験としては1年(215日)になります。保有すべき資格としては、どちらかの資格と職長教育とレベル2の経験資格になります。

  • 1級建築板金技能士(ダクト板金)
  • 2級管工事施工管理技士

必須の資格としては、職長・安全衛生責任者教育とレベル2の基準に示す保有資格になります

建設キャリアアップシステムレベル2ダクト施工ランク

経験としては3年(645日)の経験があれば、レベル2の能力評価の対象になり、下記の資格の中で1つは保有しないとならない。

建設キャリアアップシステムレベル1

こちらはまだ、ダクト職人して仕事をはじめたばかりか、建設キャリアアップシステムに技能者登録され、かつ、レベル2から4までの判定を受けていない技能者になります

建設キャリアアップを運用している建設業振興基金の建設キャリアアップのHPは以下の通りです。

ダクト職人建設キャリアアップシステム申請リンク先

ダクト職人建設キャリアアップシステム申請 事業者登録

ダクト職人建設キャリアアップシステム申請 技能者登録

申請の書類やQ&A等が記載されておりますのでご活用下さい。