広告 楽天ランキング4冠獲得【VOICE 5ライン グリーンレーザー墨出し器】

セキュリティー対策で防犯カメラを設置するメリットと防犯効果を上げる

2021年3月31日生活に少し役立つ情報お家のメンテナンス,役立つ生活

セキュリティー対策で防犯カメラを設置するメリットと防犯効果を上げる空き巣や強盗などの犯罪が増加しており、住宅の防犯に対する意識を持った中でマンションは普通に常備されてるケースはありますが、自宅に取り付けるケースが増えてきました。

ことが起こってしまってからでは遅いのが「防犯」です。防犯カメラの内容をまとめてみました。

防犯対策の方法とは

今、色々と防犯対策できるキットはホームセンターにも売っております。簡単に自宅の防犯のセキュリティーを上げるには例えば、玄関や窓の鍵を取り替えてしまうことが1つです。

鍵の専門業者は今ネットでも多く見つかります。鍵の閉じ込めや鍵の紛失等によって鍵の対応をしてくれるのが鍵屋さんです。最近のドアの鍵はICカードや指紋認証等様々なセキュリティーが増えています。

他にもあるセキュリティー対策

他にも人が近づいてきたときに感知するセンサーライトや防犯ブザーなどホームセンターでもセキュリティー商品は多く取り揃えてられてます。

窓には補助錠などが安く売られているので活用してみてはどうでしょうか

その中で有効なのが防犯カメラです。

防犯カメラ取り付けのメリット

防犯カメラは最近は性能もよく設置してあるだけでも威嚇になり、万が一の場合は決定的な証拠を得ることができます。

車の盗難等の対策でガレージに設置すれば車上荒らしなどを防ぐのにも有効です。

取り付け場所 防犯カメラの種類 防雨型センサー付き防犯カメラ カメラの下にセンサーがあり、感知エリア内に人や動物が入るとアラームで知らせるようなものなど多数あります。

マンションでは、画像保存のハード容量が大きいものを選びましょう。住宅ではSDカードでもいいかと思いますが、電池式など様々なものがあります。

簡易取付カメラ クリップ式で壁に穴をあけずに取り付けられるものもあります。

ホームセキュリティー、ホテル、駐車場、店舗など、様々な場所で大活躍な防水防塵仕様による屋内外設置も可能な商品もありますが、安いもので約2万円以内で購入できます

防犯カメラ作動中シールは有効

シールを目に付くところに貼ることで警告し、より防犯効果を高めます。

防犯カメラの取り付け方として

一般的に、壁や塀などにビスで取り付けます。付属品としてビスが付いている商品もあります。

ビス用の穴が空いているブラケットは、カメラと一体型になっていたり、別売りの場合もあります。

また、取り付けが簡単なクリップ式の商品もあり、壁に穴を開けられない場合などに最適です。

防犯カメラをマンションで設置する場合

防犯カメラの入手方法としては、購入のほか「リース契約」と「レンタル契約」といった方法もあります。

防犯カメラのリースとは


リース契約とは お客様(管理組合)に代わってクレジット会社が防犯カメラシステムを購入し、比較的長期間賃貸する取引です

賃貸期間はリース物件の耐用年数に応じて決められ、防犯カメラの場合は一般的に5年もしくは6年となっています。

リース契約はユーザーが必要とする機材をユーザーの注文に基づいてリース会社が購入し、ユーザーに賃貸します。賃貸の期間は法定耐用年数に応じて決まり、途中解約はできません

防犯カメラのレンタルとは

レンタルは売主(貸主)が機材を保有し、比較的短い期間で賃貸するもので、途中解約ができるものとされています。 リース契約の場合、動産保険で対応できる事故を除き、損傷した場合の修理費用はユーザー負担となりますが、レンタルの場合は売主(貸主)の負担となります。

補償の範囲が広がる分、料金はレンタルの方が少し高くなります。

マンションの場合規定の変更

防犯カメラの設置は普通決議で出来ることが、マンション標準管理規約で名言されています。

標準管理規約より 防犯化工事に関し、オートロック設備を設置する際、配線を、空き管路内に通したり、建物の外周に敷設したりするなど共用部分の加工の程度が小さい場合の工事や防犯カメラ、防犯灯の設置工事は普通決議により、実施可能と考えられます

防犯カメラを設置する場合には、合わせて「防犯カメラ運用細則」なるものを新設するのが一般的ですが、細則の新設も、規約の変更(特別決議事項)と異なり普通決議で設定が可能です。

まとめ

防犯カメラの設置により、犯罪等の抑止力とはなりますが、完全に防げるものではありません。

いざ犯罪等が発生し、居住者から閲覧の要望があった場合、どう対応すれば良いでしょうか。

録画画像は居住者の日常生活を記録したものであり、誰でも録画画像を閲覧できるということであれば、プライバシーの問題につながります。

広告