広告 楽天ランキング4冠獲得【VOICE 5ライン グリーンレーザー墨出し器】

おしゃれなプランターを設置するとき肥料の使い方とプロが教える選び

2021年3月31日生活に少し役立つ情報お家のメンテナンス,役立つ生活

おしゃれなプランターを設置するとき肥料の使い方とプロが教える選び方花壇作りを始めるとき、まず大切なのは草花に適した土壌を準備することが必要です。

土がよい状態であれば、草花は自然に根付き元気よく生長しますので、バルコニーにプランターを設置する場合はプランターの土を考えてみてはどうでしょう?

土の専門的な知識を知りたい

良い土の条件とは、まず通気性・排水性が良いことです。それでいて保水性・保肥性も良いという矛盾した条件を備えていなければなりません。

この様な理想の土を「団粒構造の土」といいます。

団粒構造の土は、土粒の隙間が小さくすぐ水びたしになるので、根の呼吸に必要な酸素が供給されず、根は窒息状態になってしまいます。

根腐れという原因になります。土が粘土みたいだと水はけがわるい為、根の周りに水がたまり、根が腐る原因になります。

土と土の隙間には、根の呼吸に必要な酸素が確保され、水やりのたびに新鮮な空気に入れかわります。また、余分な水も隙間を通って抜けていきます。

通気性・排水性の良い土と言えるのです。

これが水はけはうよく空気も流れやすい土が良く、寿司屋のシャリと同じような感じと考えてみると口に入れたときにスッーと口の中に消えてく、適度な空間があるという事です。

土の表面には水分・養分が付着し、土の内部に蓄えられます。

だから畑の土は養分があって土が昔から耕されて、養分を蓄えているということです。

そこに植えられた植物や野菜の根っこは必要に応じて水分・養分を吸収します。
良い土は、保水性・保肥性も兼ね備えているのです。

良い土を作る方法として

良い土を作るのは有機物であり、また有機物をエサとして増殖する微生物が必要です

例えば葉っぱを発酵させて作られた腐葉土は、やがて土の中で微生物によって分解され腐植土になります。

たい肥や牛フンも同様の効果があり、土に混ぜて使用しますがマンションでやると臭いので雨降ると臭いでクレームになるので絶対にやめましょう。

また、有機物を含んだ土壌は、保肥性にも優れています。

肥料・用土の種類とは

たい肥とはなんでしょうか?と聞かれると、藁・落葉・野菜くずなどを腐熟させた肥料のことです。
土中の微生物を増やし、水はけや通気性を良くする働きがある。

消石灰(水はけよくするにはパーライト)

消石灰は速効性の石灰質肥料で、土壌の酸性改良に役立ちます。
消石灰はアルカリ分が高いので、まいてからすぐには種まきや植付けをせず、2~3週間ほど土とよく反応させます。

元肥とは

基本栄養補給のため、種まきや苗木を植え付ける事前に、土壌に与えておく肥料です。有機質肥料のように、効果がゆっくりと持続する遅効性肥料(緩効性肥料)を使用します。

追肥とは

植物の生育に応じて与える肥料です。主に速効性のある液体肥料や化成肥料を使用します。

腐葉土・石灰などを一定の割合で混ぜ合わせた土。配合はその種類によってさまざまですが、含まれている肥料成分に注意し、その後の土壌管理にも役立てましょう。

プランターで植物の土を作る方法

プランター栽培の場合は、畑より小さいので肥料等も土に均一になじみやすいので、草花への肥料の効果が早く表れてくれます、成長もムラもなく育ちます。

プランターでも土と土の間に元肥を少し混ぜて層を作って植える方法もあります。

ただ、マンションの場合はいろいろ肥料を混ぜると余る事もあるので25リットルとか買うと余る事とが多いので培養土の14リットル程度いいですね。

あと少量の追肥があれば大丈夫です。

あまりたくさん買わないように、また出来れば通販で頼むことを勧めます。

以外と重たいのでマンションに持ち込むの大変です。

プランターの深さは畑に比べると浅いので、根っこが直接肥料に触れやすいため、根の弱い植物には向かないので少し深めのプランター買いましょう。

プランターに土を作る方法としてはバルコニーにプランターをおいては1~2週間前に腐葉土などの培養土を入れて、少し水で落ち着かせてから植え込みするといいです。

最初土はさらさらしているので、少し水で締めて、落ち着かす方がいいです。

植え付けた後にプランターや鉢の縁に幅5㎝程度、深さ5~7cmくらいまで少し追肥を均一に混ぜ込みます。

1株当たり8~10g程度が目安になります。その後たっぷり水を与えます。

苗のは根を傷つけることがあるのでやめた方がいいです。

プロが使うプランターとは

ホームセンター等で販売されているプランターはオシャレではなく安く見えてしまうものがたくさんあります。ガーデニングのプロや造園会社が使うワンランク上のプランターを紹介します。

Only Oneと言われるガーデン商品を取り扱いしている商社で一般的に知られてなく、プロには人気です。

こだわりのプランターも多いので是非チェックしてみてください。

広告