マニアックな資格:消防設備士の資格を取得するには?資格内容についても解説!ビルメンテナンスには必須

この記事では、マニアックな資格「消防設備士」という資格はどういったものなのか解説していきたいと思います。

また、この資格を取得することでどんなメリットがあるのかについても合わせて解説していきたいと思います。

「消防設備士」という資格の名前を聞くと、「消防に関する資格なのになんで建設業で取得するようになっているんだろう?」と疑問に思うのではないかと思います。

そこで、今回はそんな消防設備士という資格は一体どんな資格なのか?また、資格を取得するメリットについても解説していきます。

 
千尋さん保険屋
消防設備って建設と関係あるの?
 
ネコマル
密接な関係でがありますね

消防設備士とは?

消火器やスプリンクラー設備などの消火設備、自動火災報知設備などの警報設備、救助袋などの避難設備の設置工事、点検整備を行うことができる日本の国家資格である。

引用:ウィキペディア

つまり、消防設備士とは、消防設備に関する設備点検を行うことができる資格です。

 
千尋さん保険屋
なるほど消火設備ね
 
ネコマル
その内容はかなり細かく分かれてます

国家資格に指定され、甲種・乙種の2種類に分かれています。

この甲種・乙種それぞれについては、追々解説していきます。

説明いらないって人にはこちらの通信教育がおススメ

この資格の説明はいらないって人にはおススメの通信教育講座だけは紹介しておきます。

設備系の専門の通信教育講座がなく困ってました
 
建築設備さん
評価: 4.0こちらの通信教育は、時間がない中で勉強が通信教育でスケジュール組んで出来るので助かりました。これから申し込みをしようと考えています

消防設備士の資格を取得すると?

では早速ですが

、消防設備士の資格を取得すると、ビルなどの消防設備メンテナンスを行えるだけではありません。

消防施設工としてレベルアップするようになると、大規模な工事の管理を任されるようになったり、自身のキャリア形成で有利に働くことができます。

他にも、「建設キャリアアップシステム」というシステムに登録していると、評価が上がるようになるメリットがあります。

詳しい内容については、以下の記事を合わせて読んでみてください。

消防設備士免状の取得方法

 
千尋さん保険屋
この資格があれば転職は有利?
 
ネコマル
そうですね。かなり有利です

消防設備士免状には、甲種・乙種と別れていますが、具体的には以下のように分類されています。

  • 甲種特類
  • 甲種/乙種1類
  • 甲種/乙種2類
  • 甲種/乙種3類
  • 甲種/乙種4類
  • 甲種/乙種5類
  • 乙種6類
  • 乙種7類

消防設備士甲種・乙種それぞれの受験要件

消防設備士の甲種と乙種では、それぞれ受験ができる条件が違います。

 
千尋さん保険屋
甲と乙で分かれるんですね
 
ネコマル
甲乙とも合格率は40%以下です

消防設備士免状甲種の受験要件

消防設備の点検・整備・工事を行うことが出来る受験資格としては、

  • 大学、短期大学、高等専門学校、高等学校又は中等教育学 校で機械、電気、工業化学、土木又は建築に関する学科、又 は課程を修めて卒業した方
  • 乙種消防設備士免状の交付を受けた後、2年以上工事整備 対象設備等の整備の実務経験を有する方
  • 上記1、2に準ずる知識及び技能を有すると認められる方

になります。

消防設備士免状甲種特類の受験要件

甲種第1類から第3類までのうちいずれか一つ以上、かつ、甲種第4類及び甲種第5類の両方の免状の交付を受けている方

特殊消防用設備等 (従来の消防用設備等に代わり、総務大臣が当該消防用設備等と同等以上の性能があると認定した設備等)が特類で扱うことができます。

消防設備士免状乙種の受験要件

消防設備の点検・整備必要となる受験資格はありません。

学歴・年齢・性別・職歴などを問わず、どなたでも受験する事が可能です。

 
千尋さん保険屋
乙は誰でも受験できるんですね
 
ネコマル
乙からスタートでいいですね

消防設備士免状の試験の方法

筆記試験 全種/四肢択一式

実技試験 写真・イラスト・図面などによる記述式になります

  • 甲種特類2時間45分
  • 甲種(特類以外)3時間15分
  • 乙種1時間45分

試験によって試験時間が変わります。

ビルメンテンナンスには「技能講習」も必要

スキルアップの為に技能講習も取得して設備管理の幅を広げるのもいいですね。

資格取得したらやはり単価と給与はベースアップしたいところです。私も実際3回も転職してます。

資格を取得するなら転職も検討

ただ、なかなか転職サイトをみても建設業に特化した求人が少ないですよ。

そこで、建設業に特化した正社員求人が満載のこちらのサイトを紹介します。登録しておくと、職人や施工管理など81種類の職種から求人を検索できるのであなたの希望する求人を見つけやすくなります。

新しい仕事をこちらで登録してチェックしてみましょう。

施工管理で有れば、人材紹介会社を使うことで建設コンサルタント、ゼネコン施工管理、建設機械営業など施工管理の希望の転職も可能になります。

掲載数が多い専門サイトで仕事を探してみる

では、消防設備士を取得するどのような仕事が出来るのか? その資格を取得する方法などを次にまとめていきたいと思います