最近の記事

2021年4月の建設業の新しい商品と役に立ちそうな情報

2021年4月29日現場アイテム,現場豆知識

今月で気になった商品や建設ニュースの一部をまとめてみました。コロナのニュースばかりですが、建設業はDX化も進んできており、新しい商品や自分たちが現場の時代にあったらいいなぁと思えるものがたくさん出てきています

今月のいろいろなニュースや情報からこれはいいなぁと思う商品やサービスをまとめてみました。
レンタル商品の新しいネットサービスから鉄筋結束機械から安全備品まで自分が気になった内容として

このブログは他にもこのようなことがまとめてあります。合わせて気になる記事を確認してみてください。全体を確認するにはこちら

4月に気になった建設業の新しい取り組みのニュース

1.重機や機械のレンタルの効率化が図れる

「Rentals」とは、建設現場と建機レンタル会社様の業務をスムーズにするための様々なサービスをスマートフォン、タブレット、PCでご利用いただける重機・機械等のレンタルシステムがこれから始まります。

このシステムがレンタルのニッケンで導入が決まり、今後展開されてきます。

すぐに注⽂したい、いつ商品が届くかを知りたい、今何を借りているのかを把握したいといったようなことは、現場でも多々ありました。

例えば、配送がなかなか来ないことで、職人から怒られることを経験した方もいるのではないかと思います。

ですが、「Rentals」のようなサービスを使えば、商品発送状況や稼働管理をすることができるので情報共有をスムーズに行うことができるようになります。

参考画面:建機レンタルのオンラインシステム「Rentals」


Rentalsについて詳しく知りたい方は、是非参考にしてみてください。

重機レンタルが効率化されると…

  • 建機レンタルの予約・返却・修理依頼
    • 24時間・365日、いつも利用する営業所から建機レンタルの予約・返却・修理依頼が可能です。
  • 現場機材管理・使用者管理
    • 現場機材の数量確認と返却予定日、使用者の変更が可能になる
  • 注文履歴
    • 電話・Fax・オンライン注文の商品手配ステータスと配送納期が確認できます。
  • 商品カタログ
    • 商品をキーワード検索やカテゴリから探せ、商品スペックを確認できます。付属レンタル、販売品も合わせて注文可能です。
  • AIパーソナライズ
    • 現場や個人の過去の注文・閲覧履歴から、おすすめの商品を推薦します。

すごく効率よくレンタル手続きができるのが分かります。

電話での注文のミスでレンタルを取りに行ったの在庫が出払っていたとか、FAXで注文とかニーズにあってい不便なやりとりから、やっと解決されそうです。

2.鉄筋結束は機械で行うことで腰の負担軽減

建ロボテックが開発・販売する建設現場の生産性向上と作業者の負担軽減を目的とし、市販されている結束電動工具を取り付けるだけで自動化できる。

鉄筋結束ロボット「トモロボ」は、建築工事が主となる細径(φ10~16㎜)の鉄筋結束作業を専門に行うロボットでしたが、土木工事やインフラ工事に多く使用される太径(φ19~29㎜)へ対応させる開発を開始し、2021年年4月1日より受注生産にて販売を開始されました。

鉄筋結束自動化の動画はこちらから

国土交通省が推進するi-Construction(アイ・コンストラクション)への一歩として人材不足や機械化による作業効率の向上が図られていますが、値段はまだこちらも販売されたばかりの受注生産なのでオープン価格ですので問い合わせ商品になります。

機械の向上はいままで、建設現場では腰痛に悩まされる人(健康障害)などが多数いました。

そのため、体の負担を減らすための技術が開発されていきました。

定着にどれほど時間が掛かるのか、当初は見当がつかないことでしたが、今ではは定着してきつつあります。

リバータイヤ鉄筋を同じように結束するにはハッカーと言われる、なまし線を手でかがんで結束をしなければなりませんでした。

しかし、記事のような機械が今後続々と開発されるようになれば、作業中の負担を0に近くすることができるようになる日が来るのかもしれませんね。

3.熱中症対策に一役安心の体調管理には

ミマモルメウォッチ

『ミマモルメウォッチ』は、皮膚温度、心拍数、血中酸素レベル、推定血圧、GPSによる位置情報を一定間隔で測定が可能

従来でも類似するような測定機能がある時計もありますが、すごいのはここからです。

本体に内蔵したSIMカード(LTE対応)で送信することにより、体調異常や着用状況などをまとめて遠隔で見守ることができます。スマートフォンを併用することなく、工場や建設現場における熱中症リスクのモニタリングや、装着者の安全確認、出退勤状況や活動量(歩数)の把握ができるほか、事前登録した電話番号に自動でつながるSOS機能も搭載されており、建設現場での従業員の方の体調管理の確認等にも使える

通信機能については、主要キャリアのほか、地域BWA※のSIMカード(データ通信)にも対応し、工事現場など通信網が整っていない場所では、専用の基地局を設置し、安定した通信環境下で提供されるように進んでいます

健康の状態を位置情報等で確認されるため、事務所にいても自社の社員や従事者の方の確認も可能になります

まだ、販売されたばかりで情報が少なく、値段等は不明にて【商品・サービスについてのお問合せは】株式会社ミマモルメ あんしん事業部 06-6734-6899(平日8:45~17:45)になります。

「ミマモルウォッチ」は体の状態を測定するのみで、熱中症を根本的に予防してくれるものではありません。

日ごろから、熱中症にならないためにも、

などの予防をすることが重要ではないかと思います。

4.かっこいい安全靴もさらに進化を続ける

シューズは脱ぎ履きする度に靴紐を結び直し、足にフィットさせることで機能性を発揮しやすくなりますが、紐付きの安全靴は引っかかって危ない場合もあり、安全靴は足にフィットしないものも多くあります

この紐を結びなおしをするのは、建設業や運送業に従事する作業者にとって、靴紐結びに時間と手間がかかること、それを解決するのはこの安全靴です。

発売されたばかりの安全靴はこちらになります。

 「オールマイティHW51M BOA」は、シューズの着脱が簡単にできるBOAテクノロジー社(米国)のBOA®フィットシステム『L6(エルシックス)ダイヤル』をベロ部に配置しています。ダイヤルをカチカチと回すことで、ミリ単位でフィット感の調節が簡単にできます。シューズを足にしっかりとフィットさせることで、作業時の安全性や快適性を追求されており、足元をガッチリと作業姿勢を作ることが出来ます

他にもかっこいい安全靴を紹介しているので、合わせてチェックしてみてください。

今月の気になった商品もまとめ

いろんなものが、どんどん進化しています。鉄筋結束が自動化されるなんて結束機械が出たときでもビックリしたのに、新しい商品でルンバみたいに結束機械で鉄筋結束が出来るなんて、腰痛で鉄筋屋さんは辛い仕事も楽になりますね。

安全靴に始まり、これから暑い季節がまた来ますので熱中症対策は特に注意が必要な中での体調管理は空調服だけではなく、ヘルスケアが大切になりますね。

最後まで読んで頂きありがとうございました。