広告 楽天ランキング4冠獲得【VOICE 5ライン グリーンレーザー墨出し器】

カーテンを洗濯やクリーニングとオーダー注意点のまとめ

2021年3月31日生活に少し役立つ情報お家のメンテナンス,役立つ生活

カーテンを洗濯やクリーニングする方法やオーダーする場合の注意点

カーテンのメンテナンスについてまとめてみます。新生活を迎える人や引越しする際にはカーテンは種類も多く手入れやどの種類がいいか迷う事も多々あります。

ここでは、カーテンの洗濯の注意とポイントや洗濯の仕方やオーダーカーテンや加工の方法
絨毯のメンテナンスをまとめています。

今回はカーテンについてまとめてみました。

カーテンを洗濯する注意点

カーテンの洗濯のポイントは?

ウォッシャブルのカーテンに関してですが、ポリエステル素材ならほとんどのカーテンが家庭でお洗濯ができます。 ただし、洗い方により、しわが出来てしまったり、縫い目が避けてしまうことがありますので注意が必要です。

カーテンを手洗いする場合

カーテンフックを外し、ほこりを払い、中性洗剤でつけ置き洗い・押し洗いすることをお勧めします。 繊維を傷めたり、しわになりますので、もみ洗いは厳禁です。

カーテンを洗濯機で洗う場合

同様にフックを外し、ほこりを払い、ひだに合わせて(びょうぶのように)たたみます。 それを三つ折りぐらいにし、崩れないように洗濯ネットに入れ、(水40以下・中性洗剤・水流弱)で洗って下さい。

複数枚を一度に洗う時は、カーテンとカーテンが擦れ合うことのないよう、少な目の枚数を多目の水で洗って下さい。 柔軟剤を使うと一層柔らかくなり、静電気防止効果によりカーテン同士のまとわりつきがなく、汚れも付きにくくなるようです。

脱水は1分まで乾燥機の使用は厳禁。陰干しすることが重要



カーテンの洗濯で気になるポイント

カーテンには漂白剤使っていいのか?

f:id:pocket_t:20200317161228p:image
カーテンに漂白剤を使用していいのか

長年の間使用しているレースカーテン、汚れが気になるので漂白剤を使っても大丈夫なのか?実はやめた方がいいです。

日差しにより繊維が弱くなっているところに漂白剤使用は生地を痛める原因になります。カーテンの生地が破れてしまうことがあります。 比較的新しいレースカーテン(ウォッシャブル)ならば、塩素系を少量使うことをお勧めになります

ロールスクリーンは洗えないの?

ロールスクリーンはカーテンに比べスペースをとらず、お部屋がスッキリし、広く使えます。

ただし、波打つ空気の層をもつカーテンに比べ、1枚のフラットなロールスクリーンは断熱効率は多少低くなります。

ロールスクリーン等のタテ型ブラインドには、生地を取り外して洗濯機で洗える生地もあります。汚れやすい場所や清潔にしておきたい場所にお勧めします。

レースカーテン ちょっと非常識なウルトラミラーレースカーテン 強力遮像+断熱+紫外線カット 幅100cmx丈133cm 2枚組
ミラーレースカーテンの効果とは

光沢のある糸で織られており、日差しを反射します。 そのため日中室内が外から透けて見えにくくなります。同時に紫外線もカットすることが出来ます。一般的には紫外線を60~70%カットするものをミラーカーテン、ハーフミラーカーテンなどと呼んでいます。

光る特殊な糸を編み込んであり、紫外線遮蔽(しゃへい)効果は持続し、洗濯しても変わりません。ただし、カーテンが擦り減るほど使用した場合には、効果が少なくなります

カーテンの折れ目のパーマネント加工とは

カーテンのパーマネント加工は永久的に効果があるのか?実は永久的に持続するものではありません。 生地により異なりますが、一般的に2~3回のお洗濯には大丈夫という業者データが出ています。

その頃にはカーテン自体がひだをきれいに出してくれると思いますが、効果がなくなり、気になる場合には、クリーニング店等までお持ちください。再度加工してくれる場合もあります。

パーマネント加工とは、ひだの波を美しくするために施すひだ取りスチームアイロンです。つぶれたり広がったりすることなく、ふんわり美しい波をつくります。

2倍ひだカーテンに一層の効果があります。生地の素材、厚さ、糸のより方によりパーマネント加工の効果は変わります。タッセルで束ねる時も無造作にせず、ひだを整えて束ねてください

マンションの引き渡しやお家は出来ていなくても、図面があれば御見積もり出来ます。

もちろん無料な店がほとんどです。引き渡し前や後は大変忙しくなりカーテン選びに費やす時間は少なくなってしまいます。

カーテン(窓辺)のインパクトは意外と大きいものです。選ぶカーテンを妥協してしまうことのないように早目にお考えいただくことを勧めします。



カーテンを選ぶ前に知るべき知識

カーテンを選ぶポイントは?

ブラインドに限らず全てのカタログ見本は写真や小さな切れはしです。 そのため、カタログだけで選ぶ場合、実際とイメージが変わってしまうことがよくあります。

面積が広くなるとその色の明暗が強調されます。薄い色はより薄くなり、濃い色はより濃く感じるためです

まずこのような点に注意してください。 柄のあるカーテンについては柄全体を見て決めることが一番です。

オーダーカーテンを選ぶポイント

オーダーカーテンは価格がとても高そうで、 既製カーテンとはどこが違うのか?

確かにひと昔前は高いイメージがありました。 でも、今は違います。

住宅が多様化され、既製サイズに合わない窓が多くなっており、オーダーカーテンの需要が大変増えています。

よって、ご予算に合わせたオーダーが可能になっています。 しかし、安くなったとはいえ、既製カーテンと価格だけを比べていませんか? 大量生産の既製品との価格比べはナンセンスです。オーダーカーテンにはメリットがたくさんあります

窓にぴったり合っていること。種類が豊富でお好みの生地を選べること。

  • パーマネント加工でヒダの波が美しいこと。
  • 縫製が丈夫で洗濯に耐えること。
  • 冷暖房の効率がいっそう向上すること。
  • 既製カーテンにはない高級感と満足感があります。

一般家庭では、一度吊るしたら特にドレープは10年ほど付き合うことでしょう。 長い目でみるとオーダーカーテンは大変お得だと思います。 価格だけで飛びついて「やっぱり、ピッタリ作ればよかった!」 などと後悔しないように

絨毯をキレイにする方法

絨毯のメンテナンスポイント

じゅうたんカーペットの汚れをキレイにする方法

繊維により、汚れがつきにくいものもありますが、時間が経てば同じです。

とにかく、汚れがついたらすぐに取ることが肝心です。専門店でのクリーニングをお勧めしますが、その都度付く汚れを放っておくとクリーニング店でも落とせません。 汚れの種類により異なりますが、汚れたらすぐに少量の中性洗剤を溶かした水を含ませたタオルを固く絞って、汚れ部分をたたいてください

次に洗剤を含まない水だけのタオルで同様に(タオルを何度もすすぎながら)たたき、最後に乾いたタオルでたたくといいですね。

広告