賃貸マンション/アパートを選ぶコツとは?失敗しない6つのポイントを解説! | なんとなく生活に役立つ情報

広告:今おススメのグリーンレーザー

広告:現場の休憩中に少しお小遣い稼ぎしたいならおススメ

ギャンボラカジノ

賃貸マンション/アパートを選ぶコツとは?失敗しない6つのポイントを解説!

2020年11月7日おうちのメンテ他,生活に少し役立つ情報お家のメンテナンス,役立つ生活

皆さんは、賃貸マンションを選ぶときはどういったことを基準に選びますか?

広さ・立地・家賃・住みたい部屋の条件などなど、一人一人違った条件があるのではないかと思います。

ですが、

条件をしぼってもなかなかいいとこが決まらなくて迷ってしまう…

と、いくつか見てまわっても「これだ!」という物件が見つからず困っていませんか?

そこで、今回は賃貸マンション/アパート選びに失敗しないコツ・ポイントを解説していきたいと思います。

是非、これからのお部屋探しの参考にしてみてください。

このブログは他にもこのようなことがまとめてあります。合わせて気になる記事を確認してみてください。全体を確認するにはこちら

今知るべき重要な建設業のポイント
ネコマル


今後の建設業で一番重要なインボイス制度を把握しておきましょう。
建設業で一人親方がいなくなる?

建設業を襲うインボイス制度により一人親方が全滅~その制度について徹底解説!~

一人親方が知っておくべき「インボイス制度」とは? (hs-partner.co.jp)

現場のことを自由に掲示板を語れる掲示板として。交流の場を作りました。   
 フォーラム | なんとなく生活に役立つ情報 (nekomaru.site)

 賃貸マンション/アパート選びに失敗しない6つのコツ

賃貸マンション/アパートを選ぶコツとは?失敗しない6つのポイントを解説!

まず、賃貸マンション/アパートの物件を選ぶ際にやっておくべきことを解説していきます。

自分の希望を書き出してみる

まずは、自分が「どういった部屋に住みたいのか」「広さ・部屋・立地場所はどういったところがいいのか」など、自分の希望を書き出してみましょう。

この部分がブレブレだと後々物件選びで選べないという負のループに陥ってしまいます。

住みたい部屋の条件を明確にする

例えば、バスとトイレは別々にするのか、和室が必要か、収納は多めに欲しいのかなど、それぞれ住みたい部屋の条件はそれぞれ違ってくるのではないかと思います。

住みたい部屋の条件を明確にすることで、どういった物件を探すべきなのか明確にすることができるので、部屋に求めていることを書き出してみましょう。

もし、自分で理想の部屋のイメージが浮かばなかったら是非下のリンク先を合わせてチェックしてみてください。



住みたい部屋の条件を明確にするコツ

住みたい部屋の条件を明確にするコツ

「都心に近い急行停車駅で、駅から近くて、オートロックの新築マンションで、3階以上で、2部屋以上あって、コンビニが近くにあって、ケーブルテレビが付いていて、ペットが飼えて防音もバッチシで、家賃は絶対○万円以下!」なんて言われたら、大抵の不動産屋さんは頭を抱えてしまうし、全ての条件に合った部屋などいつまでたっても見つかりません。

希望する条件に合った物件を探すは当然ですが限度があります。条件が地域の相場に合わなかったら別の場所で探すか、いくつかの条件を諦めるかしなければなりません。

そういうときに発揮するのが「条件の順位付け」を行うようにしましょう。

条件の中から、特に「譲れない部分がある!」といった条件を確立させましょう。

コツは、順位を付けて、予算などの現実と折り合いを付けることが大切です

インターネットや情報誌でこまめに情報を得る

入居・退去といった入れ替わりになどによって空き状況など常に変化します。

自分の希望条件を基に、インターネットや情報誌でこまめに新しい物件が出ていないか情報を得るようにしましょう。

不動産会社と密なやり取りをしておく

不動産それぞれで、扱う物件はそれぞれ違います。

自分の条件を満たす物件を多く持っている不動産や、自分の希望するエリアに詳しい不動産を見つけることができたら、まめに連絡をとってみることをおすすめします。

不動産から情報公開する前の物件をいち早く紹介してもらうことができたり、予想外の掘り出し物件に出会える可能性があります。

内覧に行く

内覧に行くと、実際の部屋の状態などを知ることができます。

どうしてもサイト等に掲載されている写真は、きれいに映している部分が多いところがあるので実際に見て、部屋の様子・立地している周りの環境はどういったものなのか見るべきだといえます。

内覧に行く場合はどのように家財道具を置くべきかなど、明確にイメージできるように下のようなメジャーを持参することをおすすめします。

特にタジマのメジャーは、耐久性もあり、長く使えるので是非1つ持っておくと今後新生活で家財道具をそろえるのに役立つのではないかと思います。

部屋の広さを知るなら専有面積を知るべき

物件のチラシに書かれている専有面積と間取りをじっくり見てみると実は部屋の広さがどのくらいなのか知ることができます。

例えば、専有面積と間取りをよく見ると6畳+6畳の部屋と、6畳+2畳の部屋と書かれています。

ちなみに、どちらも同じ「1K」です。

このように間取りは同じでも物件によって広さはまったく異なります。

また、和室の場合、「京間」に比べると、いわゆる「団地サイズ」は畳が小さいので同じ畳数でも部屋は多少狭くなります。では、その違いをどこで見るかです。

ポイントは専有面積です。20m2と30m2とではその違いは歴然

こうした専有面積はチラシに書かれている場合が多いのでわざわざ現地に行って比べるまでもありません。

但し専有面積が広くても、変形した部屋では家具などを有効に置けず、結果的に狭くなることもあります。

そうした場合は、間取りを見てみましょう。

間取り図を見るときには想像力を働かせて、ドアの開閉位置などにも注意して見てみましょう。

間取り図をどのように活用すればいいのか分からなくなったら是非下の書籍などを参考にしてみてください。

内覧をするときのポイント

家賃も、間取りも、最寄り駅も希望通り。言うこと無しで決めた!となっても、必ず物件の下見はしましょう。

間取り図では広く見えても、実は天井に大きな梁があって背の高い家具は置けないとか、窓は大きいけれど隣の壁に遮られて日が入らないとか、「静かで良いところ」だけれど、暗いので夜の一人歩きは危険だとか…。

現地に行ってみなければわからないことは多々あります。

複数で住む場合は、入居者全員で見ることをおすすめします。

そして、下見をするときには必ず間取り図、メジャー、筆記具を持ち、要所要所のサイズを測っておくと便利です。

できれば物件周辺の地図も持参しましょう。

相場と予算が見合うのか確認する

立地条件を基に、周辺地域の相場を知っておくと自分の予算と照らし合わせて決めることができます。

家賃だけではなく、初期費用・引っ越し費用などどのくらい料金が発生するのか事前にシミュレーションしておくと良いかと思います。

どのくらいの予算にするべき?

まず、「月の収入の3分の1」が家賃の目安でお部屋探しには地域、間取り、階数、周辺環境など、こだわりたいポイントはたくさんあるでしょう。

しかし、まず最初に考えるべき点は家賃です。

「月収が20万円だから、10万円の部屋でも大丈夫」と思っているなら、その考えはちょっと危険です。

家賃は収入の3分の1までを目安にしましょう。そしてもちろん、家賃を見るときは管理費も含んで検討するようにします。すると、自ずと条件のポイントが絞れてきます。

もう2~3000円出せばもっと良い部屋…。などと、ついつい高い物件に目がいってしまい、当初の予算が大幅アップというのも珍しくありません。でも、ちょっと待って。これは一時的な買い物ではないのです。

家賃とは、そこに住む限り毎月支払う金額ですから、5000円違えば1年で6万円、契約時だけでも3万円程度の差が出ます

魅力的な物件を目の当たりにしたとき、「ちょっとくらい高くても…」と思ってしまったら注意信号。物件探しはシビアに、自らを引き締めることもポイントです。

気に入った部屋が見つかって入居を申し込むと、同時に入居者審査が始まります。

審査には少々時間がかかりますが。この間にも契約の準備は進めておくと、実際に審査に通ったときにスムーズに進めることができます。

ただ、やむを得ずキャンセルしたり、審査に通らなかったらもう一度相談が必要となります。



契約時のポイント

審査に通ったら次は契約になります。

契約時には重要事項の説明を受けるので、内容をしっかり確認してから契約書にサインと押印。必要経費を支払って契約成立になります。

保証人が必要な場合は早めに探しておく事がおすすめですね。

下の記事では、契約の際の事前手続きや、引っ越しを行う際のポイントを解説しているので是非合わせて見てみてください。

賃貸マンション/アパート選ぶコツ-初期費用について-

賃貸マンション/アパート選ぶコツ-初期費用について-

賃貸マンション/アパートを選ぶときに知っておきたいのは、住みたい部屋や立地条件知っておくことも必要ですが、何より「予算に見合っているのか」を知っておくことが必要だといえます。

そこで、一般的に賃貸を借りる際にかかる初期費用について解説していきたいと思います。

是非、見積もりを作成してもらう時の参考にしてみてください。

賃貸マンション/アパートでかかる基本的な初期費用

アパートを賃貸する場合の内訳は敷金2カ月、礼金2カ月、手数料1カ月、前家賃1カ月」を基本で必要費用を考えておくといいです。

中には「敷金1、礼金1」という物件もあるので一概には言えませんが、一般的な相場として用意しておいたほうがいいでしょう。

基本的な必要費用条件ですが、例えば家賃7万円前後のワンルームを探すなら、最初に42万円程度のお金が必要になるということです。

これに加えて、賃貸物件を借りるときには必ず指定の火災保険に加入しなければなりません:1~3万円(物件により異なる)

また、賃貸から賃貸への引越しでは、引き渡しの問題などで一時期、新居と旧居の両方に家賃を納めなくてはいけないケース(ダブル家賃)が発生します。

その他にも、引越し費用や細々とした買い物など、引越しには思いもかけない出費が目白押しです。

予算は余裕を持って組んでおきましょう。

また、娯楽費としてこうしたネット配信サービスやゲーム機器・観葉植物などを新生活に向けて準備しようと検討しているのであれば、こうした費用を事前にネットで調べて予算に組み込んでみてください。



申込金

どうしてもその部屋を確保したいときに預けるお金。「預かり金」なので返還されます。

契約時に敷金や前家賃の一部として支払うのは「手付金」で、混同しやすいですが申込金とは別物です。

申込金を支払う場合は物件名、金額、支払日、返還日、不動産会社名、担当者名、但し書きに“預かり金”と書いて捺印された預かり証をもらっておきましょう。

敷金

退去時まで大家さんに預けておくお金です。

家賃を滞納したときや、退去時に借り主負担の修繕が必要になったとき、ここから費用が充てられます。

関西などでは「保証金」として預け、退去時に一定割合の「敷引き」を差し引いて返却されます。

礼金

大家さんに「お礼」として進呈するお金なので、返金されません。関西などの一部地域にはこの習慣はありません。

仲介手数料

家主(大家さん)と借り主(あなた)の間を取り持つ不動産屋さんへ支払う手数料です。これが不動産屋さんの収入となるため戻りません。

法律で1カ月分が上限と決められています

管理費

管理会社が共用部分を管理する費用です。オートロックや管理人が常駐している物件では当然、管理費は高くなります。

これは家賃と一緒に毎月支払うもの。つまり、実際の家賃=家賃+管理費というわけなので、物件を探すときには必ず金額をチェックしましょう。

契約日から次の家賃の支払い日までの家賃を前もって支払います。

火災保険料

契約する不動産屋さんが代理店になって、入居時にセットで加入するのが一般的です。費用は1~3万円、2年ごとに契約更新するのが一般的です。

もし、自分で探して火災保険に入るのであれば、こうした比較サイトを使って検討してみるのも良いかと思います。





まとめ

今回は、賃貸マンション/アパートを選ぶコツを解説していきました。

中でも今回押さえておきたいのは以下の3点です。

  • 住みたい部屋に求める条件などを明確にする
  • 不動産と綿密にやり取りを行う
  • 相場と予算を見比べる

の、3点をしっかり抑えて物件選びをするときの参考にしてみてください。

ギャンボラカジノ

新着記事

Thumbnail of new posts 179

: 現場アイテム

WBGT測定器のおススメのポイントと扱い方の大事使用する方法の知識と今年人気の熱中症アラームは?

今年も暑い夏が近づいてきましたが、現場監督でも実はWBGTの測定器の使い方知らな ...
Thumbnail of new posts 185

: 現場アイテム

夏に必須!建設現場用のクーラーボックスのおススメと夏場作業に必須スポットクーラー・大型扇風機の選び方

建設業で今は普通に使っているスポットクーラー(冷風機)ですが、以前は私が土木の現 ...
Thumbnail of new posts 095

: 現場アイテム

Milwaukee【ミルウォーキー】の電動工具は使えない?使いやすい?日本上陸の性能や口コミ販売店は?

たくさんの電動工具が世の中にありますが、プロの業界に新たなパワーツールの会社が参 ...
Thumbnail of new posts 017

: 現場アイテム

現場で人気のおススメのリュック汚れに強く!最強のバックメーカーと工事向けアイテム

以前も現場向きの現場バックを紹介しましたが、良いバックやカバンは長く販売されてい ...
Thumbnail of new posts 142

: 現場アイテム

穴掘りを上手に行う方法と掘削・雪かきでも疲れないスコップの使い方とその原理

DIYでもそうですし、日常の家庭菜園でも穴掘りの作業は大変です。現場では【人力掘 ...
おススメのポイント
ネコマル



現場のことを自由に掲示板を語れる掲示板として。交流の場を作りました。   
 フォーラム | なんとなく生活に役立つ情報 (nekomaru.site)