家庭菜園を始める知識と今流行りの家庭でできる水耕栽培の魅力

2020年11月7日おうちのメンテ他,生活に少し役立つ情報お家のメンテナンス,役立つ生活

家庭菜園を始める知識と今流行りの家庭でできる水耕栽培の魅力とは?

家庭菜園では、食べたい野菜を育てるのが基本ですが、 野菜の種類によっては、栽培に手間がかかるものや、難しいものがあります。 まずは、各野菜の成長の流れを知り、栽培のポイントをつかむことが失敗しない野菜作りの基本です。

ここでは手軽に始められる家庭菜園の必要知識と今はやりの水耕栽培についてまとめています

このブログは他にもこのようなことがまとめてあります。合わせて気になる記事を確認してみてください。全体を確認するにはこちら

 家庭菜園をはじめるための知識

それぞれの野菜には、栽培や作業に最適な季節やタイミングがあり、 適切な時期に植えれば、病気や害虫に強い元気な野菜が作れます

また、野菜に最適な季節や日照、気温のもとで育ててやると、手間がかからず、作業も簡単です。 育てたい野菜の最適な栽培時期を知ることも野菜作りの重要なポイントです。

おいしい野菜を作るためには、しっかりと土作りをすることが大切です。 よい土に植えれば、病気や害虫に抵抗力のある、丈夫な株に育てることが出来ます。

また、栽培途中に雨が降った時には、野菜が酸欠にならないように土のお手入れをしてあげることも大切です。

野菜栽培を成功させるためには、土の管理にも気をつけましょう

美味しい野菜を育てるには、野菜の状態をいつもチェックすることが大切です。 水が不足していないか、病気や害虫が発生していないかなど、こまめに様子を確認しましょう。

野菜作りにある連作障害とは

毎日、野菜の変化を見ているうちに水や肥料を与える最適な時期もわかってきますし、 病害虫の発生を早期に発見出来れば、被害を最小限に抑えられます。

同じ野菜を同じ場所で連続して育てていると、生育が極端に悪くなったり、枯れてしまったりします。 この現象を連作障害といいます。

連作障害の原因には、土中の肥料成分や微生物のバランスが崩れてしまうことをはじめ、いろいろな条件がありますが、連作障害を避けるためには、3年から5年のサイクルで、栽培する野菜を畑の中で移動させていくことが必要となります。次の年の野菜を守ることも考えて、作付け計画を立てましょう。

家庭菜園の野菜作りに欲しい道具

野菜作りには色々と道具が必要になります。
しかし、最初から道具を揃えるのではなく、それぞれの道具の使い方を理解してから、自分が育てたい野菜の栽培に必要なものから揃えましょう。

家庭菜園に必要な道具のまとめ

種まき後に土を均一にかぶせるのに使います。かまと同じように草取りに使いますが、草取り以外にも土をならしたりするときにも利用できます。

家庭菜園を作る基本的なポイント

美味しい野菜をつくるには、よい土で育ててあげることが肝心です。まず、はじめにしっかりとした土作りから始めましょう。手間を惜しまず、堆肥を十分にすき込んで、フカフカの土をつくってあげましょう

また、雨上りには、土の表面が固って土の中が酸欠状態になってしまうので、株の周りを軽く耕してあげることも必要です。

日々の土の管理も美味しい野菜作りには欠かせません。

畑にはいろいろ植え込むのがポイント

同じ畑でひとつの品種だけ育てていると、病気や害虫が広がった時に全滅しまうことがあります。

また、土の中の特定の栄養分ばかりを使ってしまうので、せっかく作った栄養たっぷりな土もすぐに駄目になってしまい、美味しい野菜ができなくなってしまいます。

多くの品種を少しずつ育てることが、家庭菜園の基本です

限られた場所に、出来るだけたくさんの野菜を育てたいと思うと、ついつい密集して野菜を植えてしまいがちです。

スペースが重要な家庭菜園

株と株の間のスペースを十分にとっていないと、日当たりが悪くなって、野菜の育ちは悪くなってしまいます。また、風通しが悪くなると病気にもかかりやすくなります。

ひとつの株と株の間に十分な広さを取って育てましょう。

植えつける時には、株が成長したときの大きさをイメージしながら、株間は出来るだけ広くとるとよいでしょう。 また、作業をするためにしゃがんだり、通路として利用したりするスペースも十分に確保することも忘れないようにしましょう

天候や気温にも注意するポイント

気温が低い日や長雨が続くと、野菜は十分に成長してくれなくなります。また、じめじめした天気が続くと、病気も発生しやすくなります

常にお天気はチェックして、すぐに対応できるように準備しておくことも美味しい野菜をつくるために大切なことです。

また、病気や害虫対策のために農薬をまいても、直後に雨が降ったりすると、十分な効果が出なくなったりすることもあります

効率よく作業するためにも、日々のお天気チェックを欠かさないようにしましょう。

たとえ、家庭菜園といっても病気や害虫の発生は避けては通れません。

油断していると、いままで大切に育ててきた野菜たちもあっという間に駄目になってしまいます。

日々、野菜の様子を出来るだけチェックして、病気や害虫の発生に気がついたら、早めに対策を行いましょう

新しいガーデンニングは水耕栽培

子供の頃にヒヤシンスを作った記憶のある人はいると思いますが、最近はLED照明を併用した水耕栽培が流行ってきてます

マンションやお家でも子供と生育を楽しめる機会が増えてます。

LEDを活用すること、日中陽の当たる場所があて併用して育成していくことで、太陽光は光合成をどんどん促進させ、さらに紫外線が当たるのでビタミンCなどの抗酸化物発生を促し栄養価の高い野菜が出来ます

水耕栽培に適した植物とは

水耕栽培に適している植物はリーフレタス、エンダイブ、ケールホウレンソウそしてミツバなどの葉菜類が主ですが、ルッコラやパセリ、イタリアンパセリ、バジルなどのハーブ野菜も水耕栽培に適しています。

健康野菜として注目されているパクチー、クレソンやケールなどは水耕栽培に向いている野菜で、毎日少しずつ食べることにより健康生活を実現できます。

パセリはビタミン、ミネラルではほとんど野菜のトップで、水耕栽培でも適しています。

ミニトマトやイチゴなど果実野菜も水耕栽培で育成していますが、人口光でなく太陽光を使ったほうが実りが多くなります。

ベビーリーフにはベビーレタス類(ベビーオーク、ベビーロメイン)やベビーケールなど多くの種類があります。

どれも通常の野菜に比べて早く収穫できるので、水耕栽培初めての方には大変むいています。