広告 楽天ランキング4冠獲得【VOICE 5ライン グリーンレーザー墨出し器】

建設キャリアアップシステム消防施設工ゴールドカード取得と登録基幹技能者

2021年3月31日建設キャリアアップ(外国人雇用)建設キャリアアップ、建設知識、資格

建設キャリアアップ消防施設工の資格と技能者判定でゴールドカード取得する方法とは

建設キャリアアップシステム(CCUS)は、人手不足な建設業界でwebサイトとICカードを組み合わせて、建設技能労働者や事業所の情報をデータ化する仕組みの事ですが、現状は任意ですがそのうち、義務化になるかも知れません。

ビルメンテなどや消防施設の職人は施設設備保守でも活躍出来る仕事ですが、知識と経験が問われる中で職人技能者と一番になる方法は建設キャリアアップシステムを通してまとめてみました。

建設業に従事する人々が技術水準の適正な評価や 、現場の効率化などを目指して作られました。

このシステムは公共工事および民間の大手建設会社運用が始まっており、今後、様々な現場でカード提示が求められます。

消防施設工事キャリアアップシステムの評価レベル

能力評価制度は、建設技能者のレベルを経験・知識・技能・マネジメント能力での評価を基本に4段階で評価したものです。

各レベルの目安としては

  • レベル1:初級技能
  • レベル2:中堅技能者
  • レベル3:職長として現場従事できる技能者
  • レベル4:高度なマネジメント能力を有する技能者(登録基幹技能者など)となります。

各職種により、レベル1~4の取得に必要な条件が異なります。あなたのレベルはどうでしょうか?

消防施設工能力評価レベル4

この資格があれば、技能者として頂点になれる。

建設業での就業日数:10年(2150日)職長として3年(645日)の経験を積んだベテラン職人になります。

【必要な資格として】

  • 登録消火設備基幹技能者
  • 優秀施工者国土交通大臣顕彰(建設マスター)

どちらかの資格を保有しており、当然ながら、レベル3の基準に示す保有資格をクリアしていることになります。

登録消防施設工基幹技能者になるには

最高ランクの職長になれる。

消火設備工事は、消防法および建築基準法等の関係法規を守って工事をする内容になります。

登録消防施設工基幹技能者はその工事の職人のマスター(最高ランク)と考えてください。

  • コンクリート打設に伴うスリーブ入れ
  • 型枠撤去後の配管工事
  • 機械室における消火用機器類の設置工事
  • 天井・間仕切壁設置および内装仕上げ
  • 消防検査や発注者による完成検査等対応等

上記のような工事を行う際のビルやテナント等で防火衛生のプロです。

以下の条件をすべて満たしていることが必要です。

  1. 消火設備の施工現場において10年以上の実務経験を有する者
  2. 消火設備の施工現場において3年以上の職長経験を有する者
  3.   職長安全衛生責任者教育・能力向上教育(再教育)
  4. 下記のの資格のいずれかを有する者
  • 消防設備士 甲種第1類または第2類または第3類
  • 消防設備士 乙種第1類または第2類または第3類
  • 消防設備点検資格者 第1種
  • 優秀施工者国土交通大臣顕彰受章者 (建設マスター)

講習は、2日間行われ、受講料は 30,000円程度必要になりすますが、更新講習は5年毎にな必要です。

試験問題と合格基準

試験は、四肢択一式の25問(1問4点)、時間は90分です。

合格判定基準は、60点以上ですが、合否の判定は講習委員会において行われ、後日受講者本人に通知されます。

消防施設工事CCUSキャリアレベル3

消防設備士はさらに上を目指すには必須。

就業日数7年(1505日)を経験と、職長として 3年(645日)の職長経験が必要で以下の資格のうち1つを保有しないとならないです。

  • 消防設備士
  • 消防設備点検資格者
  • 青年優秀施工者土地・建設産業局長顕彰
  • 高所作業車運転技能講習及び酸素欠乏危険作業主任者技能講習(技能講習は両方とも取得が必要になります。)

必須資格としては、職長・安全衛生責任者教育とレベル2の基準に示す保有資格をクリアしていること

消防施設工事建設キャリアアップランク2

ピット内に入る際の酸欠知識は必須。

就業日数3年(645日)が必要でどれかの資格を取得してる事が条件になります。

消防施設工事キャリアアップランクレベル1

建設キャリアアップシステムに技能者登録され、かつ、レベル2から4までの判定を受けていない技能者で、まだ経験をこれから積む人や判定を受けて無い人はレベル1になります。

消防設備士免状の取得方法とキャリアアップ

この資格を取得で転職も有利

こちらの資格は種類が多く乙種、甲種など様々な分野に分かれています。その特徴をまとめてみたいと思います

消防設備士免状乙種の受験要件とは

消防設備の点検・整備必要となる受験資格はありません。 学歴・年齢・性別・職歴などを問わず、どなたでも受験する事が可能です。

消防設備士免状甲種の受験要件とは

消防設備の点検・整備・工事を行うことが出来る人受験資格としては

  • 大学、短期大学、高等専門学校、高等学校又は中等教育学 校で機械、電気、工業化学、土木又は建築に関する学科、又 は課程を修めて卒業した方
  • 乙種消防設備士免状の交付を受けた後、2年以上工事整備 対象設備等の整備の実務経験を有する方
  • 上記1、2に準ずる知識及び技能を有すると認められる方
消防設備士免状の試験の方法

筆記試験 全種/四肢択一式

実技試験 写真・イラスト・図面などによる記述式になります

  • 甲種特類2時間45分
  • 甲種(特類以外)3時間15分
  • 乙種1時間45分

試験によって試験時間が変わります。

消防設備士免状甲種特類とは受験要件

甲種第1類から第3類までのうちいずれか一つ以上、かつ、甲種第4類及び甲種第5類の両方の免状の交付を受けている方

特殊消防用設備等 (従来の消防用設備等に代わり、総務大 臣が当該消防用設備等と同等以上の性能があると認定した設備等)が得類で扱うことができます。

種類が多いのがこの資格
どれを取るか経験に応じて段階的に取得

甲種第1類、乙種第1類で扱える器具と資格範囲
  • 屋内消火栓設備
  • スプリンクラー設備
  • 水噴霧消火設備
  • 屋外消火栓設備
  • パッ ケージ型消火設備
  • パッケージ型自動消火設備
  • 共同住宅用スプリンクラー設備
甲種第2類、乙種第2類で扱える器具と資格範囲
  • 泡消火設備
  • パッケージ型消火設備
  • パッケージ型自動消火設備
  • 特定駐車場用泡消火設備
甲種第3類、乙種第3類で扱える器具と資格範囲
  • 不活性ガス消火設備
  • ハロゲン化物消火設備
  • 粉末消火設備
  • パッケージ型消火設備
  • パッケージ型自動消火設備
甲種第4類、乙種第4類で扱える器具と資格範囲
  • 自動火災報知設備ガス漏れ火災警報設備、
  • 消防機関へ通報する火災報知設備
  • 共同 住宅用自動火災報知設備
  • 住戸用自動火 災報知設備
  • 特定小規模施設用自動火災報知設備
  • 複合型居住施設用自動火災報知設備
甲種第5類、乙種第5類で扱える器具と資格範囲
  • 金属製避難はしご
  • 救助袋
  • 緩降機
乙種第6類で扱える器具と資格範囲
  • 消火器
乙種第7類で扱える器具と資格範囲
  • 漏電火災警報器

消防施設工事建設キャリアアップシステムの申込み先

建設キャリアアップシステムの申し込み方法はこちらから

建設キャリアアップを運用している建設業振興基金の建設キャリアアップのHPは以下の通りです。

消防施設工事建設キャリアアップシステムの登録詳細
消防施設工事建設キャリアアップシステムの事業者登録
消防施設工事建設キャリアアップシステムの技能者登録

申請の書類やQ&A等が記載されておりますのでご活用下さい。

広告