最近の記事

建設キャリアアップシステム配管工事のプロを目指す技能判定

2020年8月9日CCUS,建設キャリアアップ(外国人雇用)

労働者「建設キャリアアップシステム」はwebサイトとICカードを組み合わせて、建設技能労働者や事業所の情報をデータ化する仕組みの事です。 官民一体となって建設業に従事する人々が技術水準の適正な評価や 、現場の効率化などを目指して作られました。

配管工事は生活のライフラインを守る大きな仕事ですが、実際の業界の意見をもとに業界の内容をまとめつつ、今後配管工事でプロになるための資格を一緒にまとめてみたいと思います。

このシステムは公共工事および民間の大手建設会社、大手住宅企業でも導入が予定されており、様々な現場でカード提示が求められます。

このブログは他にもこのようなことがまとめてあります。合わせて気になる記事を確認してみてください。全体を確認するにはこちら

 配管工事建設業キャリアアップのランク

能力評価制度は、建設技能者のレベルを経験・知識・技能・マネジメント能力での評価を基本に4段階で評価したものです。
各レベルの目安としては

  • レベル1:初級技能
  • レベル2:中堅技能者
  • レベル3:職長として現場に従事できる技能者
  • レベル4:高度なマネジメント能力を有する技能者(登録基幹技能者など)となります。

資格取得したらやはり単価と給与はベースアップしたいところです。私も実際3回も転職してます。

ただ、なかなか転職サイトをみても建設業に特化した求人が少ないですよ。

そこで、建設業に特化した正社員求人が満載のこちらのサイトを紹介します。登録しておくと、職人や施工管理など81種類の職種から求人を検索できるのであなたの希望する求人を見つけやすくなります。

新しい仕事をこちらで登録してチェックしてみましょう。



施工管理で有れば、人材紹介会社を使うことで建設コンサルタント、ゼネコン施工管理、建設機械営業など施工管理の希望の転職も可能になります。



給排水プロ職人建設キャリアアップシステムレベル4

配管工事のプロを目指すにはこの資格は必須になる
管工事施工管理技士合格にはこちらがお勧め

10年(2150日) 職長として 3年(645日)の経験がある人が、ゴールドカード取得が可能になる。

  • 登録配管基幹技能者優秀施工者
  • 国土交通大臣顕彰(建設マスター)
  • 1級管工事施工管理技士
  • 給水装置工事主任技術者

上記のいずれかレベルの資格とレベル2、3の基準に示す保有資格も取得しないとならないとレベル4にはなれない。

給水装置工事主任技術者の資格とは

給水装置工事主任技術者試験(国家試験)に合格し、交付申請により厚生労働大臣より給水装置工事主任技術者免状の交付を受けた者をいう。

給水装置工事主任技術者は、給水装置工事事業者が水道事業者から水道法に基づく指定(指定給水装置工事事業者*)を受けるための必須の国家資格になります。

  • 給水装置工事に関する技術上の管理
  • 給水装置工事に従事する者の技術上の指導監督
  • 給水装置工事に係る給水装置の構造及び材質が水道法第16条の規定に基づく政令で定める基準適合している事の確認
  • その他厚生労働省令で定める職務(水道法第25条の4の3項)

水道事業者との給水装置工事に関する連絡調整を担うこともある。

  • 給水装置の工事計画の立案
  • 給水装置工事の現場における監督
  • 給水装置工事の施行を計画、調整、指揮監督または管理する職務
  • 給水管の配管、給水用具の設置、その他給水装置工事の施行を実地に行う職務
  • メータの交換、取付け、取外しの作業(ただし、検針のみは不可)

給水装置工事に関して3年以上の実務の経験を有する者。

建設業法施行令(昭和31年政令273号)第27条の3の表に掲げる検定種目のうち、管工事施工管理の種目に係る1級又は2級の技術検定に合格した方(管工事施工管 理技士1級又は2級)は、申請により、試験科目のうち「給水装置の概要」及び「給水装置施工管理法」の免除を受けることができます。

配管工事CCUSのレベル3になるためシルバーカード

1級配管配管技能士を取得すれば独立も可能

7年(1505日)の実務経験と職長又として 1年(215日)が必要になります。

  • 1級配管技能士
  • 2級管工事施工管理技士
  • 排水設備工事責任技術者
  • 配水管工技能者

上記の資格のうちどれか資格の取得と職長・安全衛生責任者教育 ・レベル2の基準に示す保有資格が必要になります。

排水設備工事責任技術者の資格取得方法

排水設備工事責任技術者とは、排水設備工事を行ううえで、一定の条件を満たし知識技能を有すると認められた者です。

有効期限は5年で、有効期限満了日の2ヶ月前から更新の手続きが可能です。

排水設備工事責任技術者試験について

排水設備工事責任技術者試験は日本下水道協会が実施する全国統一の資格認定試験です。下水道排水設備工事は、指定工事店の登録をしなければ工事を行うことができません。

また、指定工事店の登録には市区町村に登録した下水道排水設備工事責任技術者を1人以上専属していることが必要になります。

配水管工技能者の資格とは?

配水管工技能講習会は、小口径管講習会(以下「配水管工技能講習会(小口径管)」

大口径管講習会(以下「配水管工技能講習会(大口径管)」という)に区分して実施します。

配水管工技能講習会(小口径管)

ロ径100mmまたは150mmの耐震維継手管(GX、NS形管)等を使用して3日間の講習をうようになります。

この講習会は、全国の14会場で実施されています。

配水管工技能講習会(大口径管)

ロ径500mm以上の耐震継手管(NS、S形管)等を使用して2日間の講習を行います。

学識経験者、水道事業者及び管工事業者からなる中立的機関としての給水装置工事配管技能者認定協議会は、水道事業者、公益社団法人日本水道協会地方支部又は同都道府県支部から「配管工」などの名称で付与された資格のうち、当財団が実施している給水装置工事配管技能検定会と同等又は同等以上の講習課程等により資格を取得したか否かの判定を行い、適格な資格について認定を行いました。

建設キャリアアップシステムレベル2配管工

技能講習だけではなく、さらに高みを目指すなら技能士の取得は必須

現場経験が必要な経験は、3年(645日)の経験が必要になります。その中で下記の資格のうち一つは取得しないとならない

建設キャリアアップシステムレベル1能力評価

まだまだ、現場の経験を積むための大事な時期ですが、経験者は早めに該当資格を取得して次の階級へステップアップ

レベル1 建設キャリアアップシステムに技能者登録され、かつ、レベル2から4までの判定を受けていない技能者

配管工事の現場の実態と今後の技能者の展望は?

この内容を読むと設備工事業者の苦悩がよくわかる

全国管工事業協同組合連合会 (一社)日本配管工事業団体連合会 (一社)日本空調衛生工事業協会

この団体はは、将来における担い手の確保や技能・技術の継承、建設現場における人材不足が大きな問題となってきているなかで、設備工事が若者に選ばれる産業としての取り組みで「担い手育成事業」というものを行われています

その事業の一環として、平成31年4月に会員企業を対象に「担い手育成事業に関するアンケート」調査を実施されておりその内容の一部を抜粋してみます。

アンケート結果はこちら

配管工事の将来の担い手の不足に対する業界の意見

やはり若手の人材の確保が入ってこないために将来の業界に対して懸念されている意見が多く、このような意見がある。

  • 応募が来ない 高卒、新卒者の確保が困難
  • 定着率が悪く、若手社員不足
  • 専門学科が少なくなった
  • 業界の就職希望者が居ない 他の建設業に比べベ、資格取得や勉強をする体制が身近にない
  • 現場、顧客対応を、両方できる人材がいない、教育や技術継承のやり取りが上手くできず、指導する体制がとれていない

配管工事が今後管工事以外の事業が必要の業界の意見

配管の工事だけでは仕事が不足や受注の切れ目もあり新たな事業として検討している事業内容はこちら

  • 検討していが、具体策はない
  • 高齢者社会を踏まえた福祉事業
  • 総合建設業 メンテナンス事業 管材加工
  • もっと効率の良い業種
  • さく井工事業
  • 断熱工事
  • 住宅リフォーム
  • 住設機器販売

建設業・配管業界の人気低迷の原因はどこにあるか

建設業の求職者が集まらない理由と配管工事に求職者が集まらない理由を事業者(会社の代表)の意見としてはこのような意見があります。

  • 重労働、休日が少ない 昔のままの仕事環境 実際に現場に出て働くこにとに、 対抗がある人が多い
  • 低賃金 安く値崩れし、平均年収が下がったこと
  • 社会的地位が低い
  • 建物や地面に隠れて、完成してもメインとして扱われるエ事ではないため
  • 社員に対する経営者の扱いが厳しい
  • 業界のイメージが悪い
  • 若者だけでなく親世代の忌避が高くなっている
  • 他職種に人気が集中している
  • 工業高校が少なくなった 技術習得に時間がかかる

つまり、この難点の問題を解決する方法、単価や仕事の魅力をごのように伝えていくが今後、配管工事の職種の職人が増え定着させるかのポイントになり、かつOJTや育成に求められる内容になってくると思います

建設キャリアアップシステム配管工申請リンク先

建設キャリアアップシステム配管工事業者登録

建設キャリアアップシステム配管工技能者登録

申請の書類やQ&A等が記載されておりますのでご活用下さい。