外国人採用で実際に知っておきたいポイントと実態は?雇用で注意すべき条件とは?

皆さんは外国人の方と一緒に仕事をしたことがありますでしょうか?

 海外に行ったことがある人はいるでしょうか、そのような人は実際外国人と触れ合う場合でもあまり抵抗は無いかもしれません。

私の場合は海外で行ったこともなければ、英語なんて全くしゃべれません。

ましてや外国人なんて苦手な方でした。。

プロフィールに記載してませんが、私は一度起業してサラリーマンに今は戻っています。

そのような私が外国人を採用した経験をまとめてみます

外国人労働者のスキルや採用方法は

外国人を採用するにあたって、重要なのは当然ながら日本語です。

日本にいる外国人はいろいろなビザの種類があります。まずはここを知ることがポイントです。

私は手探りで事業始めたので当然ながらここの部分で失敗してます。

外国人が日本人と違うところ

  • 日本に住むための許可(ビザ)と更新
  • この更新には課税証明が必要
  • 働く時間に規制がある(留学生)
  • 正社員になるためのビザがある

例えばコンビニで働いてる人や居酒屋で働いている人などを見受けることがあります。

こういう人たちは日本語学校に通う人や専門学校に通ってる人たちになります。

日本語能力検定(JLPT)と言われる日本語の検定が1つの目安になります。

どれだけ日本語ができるかと言う目安になります。

日本語能力検定は日本人にとってはなじみがないですが我々にとっては英検みたいなものです。英検一級持ってるとすごいってわかりますよね。

この試験の一番上は日本語能力検定(JLPT)でN1が最高評価のランクです。

N5から始まりN1までのランク式になっています。

外国人労働者を雇う本当のポイント

f:id:pocket_t:20210208183614p:image

鎖国的な私が外国人を雇用した。

私は外国人労働者を5人ほど雇っておりました。それも能力はN1からN3とほぼバラバラで雇いました。

私が、アルバイトとして雇用した人間はこのような人たちです。

  • N1大学院卒業
  • N2専門学校卒業日本滞在5年の人と現役大学生
  • N3日本語学校卒業で専門学校に通っている人
  • 建設業で働く技能実習生などは、ほとんどしゃべれない。N5の程度になります。

実際に翻訳業務や入力業務など会社の事務的な仕事をやらそうとすると事務方ではN2でもはほとんど通用しないです。

変な人材紹介とかでは、N2は優秀とか真面目で仕事がバリバリできるとか書いてありますが、まぁ当たればいいですが、、こんな外国人ほとんどいません。

接客業務や居酒屋などのサービス形態であればアルバイトではN3でも可能です。実際に別の事業で飲食店で雇用したこともあります。それでも完璧な接客業務は難しいです。

倉庫の仕分けや建設業等であれば多少の日本語能力が少し下手なN3以下でも充分対応できます。

  • 技能実習生は聞いたことがあると思いますが、実習先の給料未払いや労働環境の悪さでよく逃走や労働問題でニュースになっていますが、この人たちはほとんどがN4、N5です。

まぁ、言ってみれば、技能実習生は単純労働をするための出稼ぎに近いような形になります。

それに伴って言語能力もやはり低いのが特徴です。

外国人労働者の留学生の実態

f:id:pocket_t:20210208184018p:image

また、コンビニや居酒屋などで働いている人は専門学校生や日本語学校の人たちでアルバイトとして仕事をしています。

この人たちの1週間のうちで働けるのは28時間だけです。つまり1ヵ月で考えると単純計算で

  • 28時間×4週間=112時間×時給1050円
  • 月のアルバイトで¥117,600-が給与になる

外国人の留学生の場合には月の給与100,000円程度で東京などの首都圏なので家賃や学費を払うとするとしたら、とてもじゃないけど生活できる金額ではないです。

技能実習生や特定技能などではアルバイトは出来ないので

外国人採用注意するポイントです。

外国人留学生たちは、実はアルバイトを3つぐらい掛け持ちしています

なぜ就労時間が決まっているのにアルバイトが掛け持ちできるのか?

簡単に言うと個人事業主や個人で経営しているフランチャイズオーナー等のコンビニ等で現金手払いで給与振り込みをしない店舗や商店などがこのような外国人労働者を雇用しています。

外国人労働者も、賢く雇用保険等や源泉税等でバレないようにしないと、外国人のビザの更新で収入が多いことで更新ができなくなりますのでこのような裏バイトを合法的にやっている。

実際に私は雇用した外国人もN1以外の人たちは全てアルバイトを掛け持ちしていました。