インフラツーリズム:兵庫県姫路・阪神にある歴史的建築物/土木遺産を観光

インフラツーリズムインフラツーリズム

この記事では、インフラツーリズムとして兵庫県の姫路・阪神周辺にある歴史的建築物・土木遺産を巡る旅を紹介していきます。

皆さんは「インフラツーリズム」という観光プランが注目されているのを知っていますか?

インフラツーリズムとは、「インフラ(公共施設:infrastructure)」や土木建設物を観光資源として推進している旅行手段の一つです。

インフラツーリズムの目的は、普段何気なく使用しているインフラ施設の構造を知ることでインフラ施設とはどういった仕組みなのか理解を深めたり、歴史的土木遺産を目の当たりにすることで、どのように作られたかなど知ることをを目的としています。

最近では、ダムや橋の景観等を個人的にSNSで取り上げることで注目度が一気に高まっているツアーでもあります。

そんなインフラツーリズムを行うにあたって兵庫県姫路・阪神周辺を巡るときのおすすめスポットを紹介していきたいと思います。

インフラツーリズムでは、触らない。見ることを前提で機械や工具がない中でどのように施工したのか?運搬や配送はどうやって行ったかなどを考えて、昔の施工技術や景観を楽しむツアーになります。

景観を踏み荒らさないこと、触らないことを必ず守りましょう。

中には立ち入り禁止になっている場合おあるので、来訪の際は最新の情報を確認しておくようにしましょう。

函館へ出発する前は、こうした下のようなサイトを活用して事前に予約しておくと、旅とより楽しめるかと思いますので是非参考にしてみてください。

インフラツーリズム:伊丹空港からのタイムスケジュール

タイムスケジュールは伊丹空港から出発して、兵庫県姫路市・阪神地域を観光していきます。

最終目的地は姫路城を設定しました。

基本的には、移動が多いのでレンタカーを借りる前提でスケジュールをみっちりたてていきます。

結構ハードだなあ…

など、感じてしまう方はこのタイムスケジュールを参考にしつつ、観光したい施設などチョイスしながら楽しく計画を立ててみてください。

今回のタイムスケジュールは、1泊2日の兵庫県を巡るインフラツーリズムは以下の通りになります。

今回は姫路の1日目をインフラツーリズムをまとめみました。

時間出発時刻到着時刻
8:008:00発 羽田空港🛫
8:30✈️✈️
9:00🛬9:05着 大阪空港(伊丹)
9:30
10:0010:00発 伊丹空港🚕
10:30🚕10:30着 逆瀬川の砂防設備
11:0011:00発 業平橋へ🚕
11:30🚕11:30着 業平橋
12:00お昼ごはん🍔
12:30🍔🍔
13:0013:00発 阪神高速道路コンクリート橋脚の被害へ🚕
13:30🚕13:30着 阪神高速道路コンクリート橋脚の被害
14:0014:00発 阪急電鉄神戸市内線高架橋へ🚕
14:10🚕14:10着 阪急電鉄神戸市内線高架橋
14:3014;30発 湊川隧道へ🚕
15:00🚕15:00着 湊川隧道
15:3015:30発 舞子公園へ🚕
16:00🚕16:30着 舞子公園
16:30🚕
17:0017:30発 姫路へ🚕
17:10🚕17:40着 姫路
18:00姫路城から宿泊施設など自由散策♨️

ルートマップは以下の通りになります。

今回の旅はレンタカーでの移動を前提としているので、もし予約サイトで迷ってしまったら、宿泊施設を含めて参考にしてみてください。

インフラツーリズム:伊丹空港から兵庫県姫路・阪神の土木遺産

まずは、伊丹空港から兵庫県のインフラツーリズムを出発していきます。

まずは、空港に着いたらレンタカーの手配

伊丹空港の展望デッキからは、間近で飛行機の離着陸が見られるので、観光スポットとしても人気となっています。

迫力のある飛行機のエンジン音を体験できるので、空港を散策する場合におススメです。

では、伊丹空港から出発して逆瀬川の砂防設備の観光へ行きましょう。

最初の目的地までは30分で着きます。

逆瀬川の砂防設備

逆瀬川にある砂防設備は、日本でいち早く砂防の重要性を説いた「砂防の父」赤木正雄氏が設計した砂防設備です。

赤木氏の当初のデザインした流路工の事例でもあり、日本の河川技術の基礎となっています。

砂防とは、土石流や地すべりなどを防ぐ施工を指します。

砂防設備として挙げられるのは、「砂防堰堤」と呼ばれる、土砂の量を少しずつ流すよう調節する施設等、この砂防設備に含まれます。

自然災害の多い日本で築き上げられた需要なこの砂防設備は、日本河川工事の礎となっており、この逆瀬川はそんな当時の技術が現存する河川として土木遺産に指定されています。

業平橋までは30分移動ぐらいです。

業平橋

業平橋(なりひらはし)は、「伊勢物語」の主人公「在原業平」が現在の芦屋に住んでいたと考えられたため、橋に「業平」という名前がついたことが、この橋の名前の由来とされています。

業平橋から少し歩いたところに、業平の歌碑があるようにこの地では伊勢物語のゆかりの地としても有名です。

土木遺産としての価値も高く、何度も改修を行っていますが、デザイン性もあり、当時の面影を残しつつ、人々の交通を支えている貴重な土木遺産です。

補足:業平橋・芦屋周辺のおすすめランチ

芦屋はお金持ちのイメージがありますね。神戸だとステーキ?

芦屋周辺には、和・洋・中様々な地元民に愛されるローカルなお店があります。

ランチの価格帯もリッチなものからリーズナブルなものまであります。

事前に予約しなければ満席となるお店もあるので、是非に最新の情報・できれば予約をして芦屋グルメを単堪能してみるのも旅の醍醐味になるのではないかと思います。

30分ぐらいで地震の爪痕と被害を再認識。

阪神高速道路コンクリート橋脚の被害

阪神・淡路大震災の遺構を残す屋外展示物です。

地震による被害を風化させないよう、地震の規模を間近で感じることができる施設になります。

復興が進む中、あえて取り壊さないことで、構造物に与えるダメージを身をもって知ることができます。

車で10分でレトロな電車の橋が見れます。

阪急電鉄神戸市内線高架橋

阪神・淡路大震災の被災にも耐えた堅牢さと、美しい曲線美が映えるRC橋になります。

昭和11年に施工されてもなお、当時の面影を残す貴重な土木遺産として認定されています。

車で30分です。一般公開日では湊川隧道は中に入れます。

湊川隧道

湊川隧道(みなとがわずいどう)とは、日本で初めて建設された河川トンネルです。

明治30年ごろに改修工事が行われ、現在に至るまで当時の面影を残している貴重な有形文化財として知られています。

レンガ調となっていますが、河川トンネルとしての機能が損なわれることのないようレンガ層の上に花崗岩が引かれるなど、洗堀による摩耗対策が取られるなどの工夫が施されています。

デザイン様式も大変凝った造りになっているのでトンネルマニアの中では、有名な隧道でもあります。

舞子公園までは30分ぐらい掛かります。

舞子公園で明石大橋!

世界一のつり橋「明石海峡大橋」のある明石大橋になります。橋長3,911m、ケーブルを支える2つの主塔間の長さ1,991mの世界一のつり橋です。

主塔の高さは海面上約300mで、東京タワー(333m)にほぼ近い高さになります。

神戸側からは晴れた日には淡路島がくっきりと見えます。

明石海峡大橋は、本州と四国を、道路と鉄道で繋ぐ本州四国連絡架橋事業の一環として建設されたもので、1988年(昭和63年)5月に現地工事に着手し、およそ10年の歳月をかけて1998年(平成10年)4月に完成した橋梁工事の最高峰ですね。

今日はここで姫路まで向かってお終い。明日は、有名な姫路城を楽しもう。

明日の姫路には更にこんな凄い場所が待ってる。姫路駅からすぐ!

姫路市営モノレール遺構

戦後、全国で初めて市営モノレールが運航された記念を称して、遺構群施設です。

屋外にもモノレールの軌跡が今も残されており、戦後復興の象徴の一つとして今も市民の方に愛されています。

実際にモノレール内部を見学することができる上、当時のアナウンス機器を通して、実際に流すことができます。

姫路城近くに宿泊すれば朝の散歩で姫路城を散策

姫路城

日本初の世界文化遺産としても知られる姫路城です。

木造建築としては、世界的にも類のない最高峰の城郭と称され、城郭構造が日本独自の建造物構造をよく表しており、日本のお城の代表格としてその名を連ねています。

幾度の改修を乗り越えてもなお、当時の面影を残している貴重な文化遺産です。

姫路で宿泊したい温泉付きホテル3選

では、一日目の旅が終了し、宿泊施設へ向かいましょう。

事前に予約すると、割引がある宿泊施設などもありますので、旅立つ前に予約しておくことをおすすめします。

その際に参考となる温泉付きホテルを紹介していきます。

姫路キヤッスルグランヴィリオホテル -ルートインホテルズ

〒670-0964 兵庫県姫路市豊沢町160-2[地図を見る]

アクセス :JR山陽本線・新幹線「姫路駅」より徒歩3分。姫路バイパス「姫路南ランプ」より約10分
駐車場  :有26台 1泊1台1,000円 高205㎝×幅185㎝

姫路駅南口より徒歩3分の好立地にあるホテルです。

大浴場は天然温泉が完備されており、旅の疲れを癒してくれます。

ホテルモントレ姫路

〒670-0927 兵庫県姫路市駅前町60

アクセス :JR姫路駅より徒歩にて約1分(姫路駅直結)
駐車場  :有り 190台 有料(1泊 1,000円) 

JR姫路駅東口直結なので、電車移動している方に便利なホテルです。

世界遺産国宝姫路城へ徒歩15分の好立地なので、姫路城見学後もスムーズにホテルへ帰ることができます。

また、宿泊者専用のサウナ付温浴施設も併設されているので旅の疲れをリフレッシュさせてくれます。

天然温泉ホテルリブマックスPREMIUM姫路駅南

〒670-0964 兵庫県姫路市豊沢町147[地図を見る]

アクセス :山陽新幹線/JR山陽本線 姫路駅より徒歩にて約2分
駐車場  :近隣にコインパーキングあり

2019年 1月OPENしたホテルです。

「展望大浴場」天然温泉・内風呂&展望露天風呂等、温泉施設がとても充実しているホテルになります。

是非、これらホテルを参考にして、一日目の疲れをリフレッシュさせ、2日目の自由散策を楽しんでください。

まとめ

今回は、兵庫県姫路市周辺を旅するインフラツーリズムを紹介していきました。

兵庫県は姫路城をはじめ、日本で初めてとなる建築物が数多く立ち並ぶ、歴史的な街でもあります。

インフラツーリズムにおける、土木遺産は少しマニアックな分野かもしれませんが、荘厳な建築物を見ることで厳格さと偉大さを知ることができます。

少し涼しくなってきたので、是非行楽に出かけてみてはいかがでしょうか。